引退まで数ヶ月




もう残された時間は多くない




入学式、初めてクロスを持った時から、
ラクロスに対する印象は今も変わらない




なんて楽しいスポーツなんだろう




ラクロスに対する知識が増えるにつれて、
もう一つ印象が増えていった




なんてキレイなスポーツなんだろう




あんまり言うと気持ち悪いと思われるが




OFがDFを崩してショットを決めるところも
DFがシステマチックに守り抜くところも
FOの鍛え上げられたテクニックも
Gの人体の動き限界ギリギリのビッグセーブも




機能美を追求したクロスにだって、
ものすごくキレイさを感じる




ラクロスを外から見ているときに
人知れずニヤニヤしてるのは秘密です




そんなことはさておき、
プレーしても、見ても楽しいラクロスだが、
つまらないと思う時もある




自分の、または応援するチームが
圧倒的に負ける試合がそうだ




点を決められるたび下を向くDF
走りまくってバテバテのMF
いつもの調子が全く出ないAT




どれも二度と見たくない




今年当たるどのチームも
獨協で必ず勝ち点確保だな
なんて思ってるだろう




まぁ、去年一部に上がったばかりのチームに対しては当然の考え方だと思う




そんな奴らに思うことはただ一つ




いまにみてろ




この時期に、あすなろを思い出して言えることは




それぞれが100%以上力を出して、
それぞれの役割を果たしたら、
勝てない試合なんてない




そう思う




あのときだって、
予選突破は早稲田か東大って思われていたし、
先輩からも優勝なんて無理だ、
なんて言われていた




だけど優勝した




それぞれが自分の役割を果たして、
勢いに乗ったときのチームの破壊力




直に感じた俺たちの代になった




一度出来たこと、何度だって出来ると思う




俺たちで
もう一度やってやろう



{2A2290B0-5D62-463B-9FAF-DA78F65DA3F1}




DF 梁田克樹

AD