一個人の戯言ですけど・・・

日本を蝕む売国奴を糾弾し、真の平和へと誘うブログ!

というのは冗談で、のんびりと戯言を垂れ流すブログです。

所詮、戯言の域は抜け出せませんよ、笑


テーマ:
たまに思いもよらぬとこから
ドーンと来てたりするもんですね
特に私がトラックバックうったわけでもないけど
16時~18時あたりに集中してきてます
F1のエントリがコンピュータで抽出されたのかな
まぁいいや

F1で思い出したんですが
何度見ても泣きそうになる動画
日本人に最も愛されたF1ドライバー
アイルトン・セナのラストレース



この年のサンマリノ2人も死んでるんですよね
現代のF1はドライバーの安全が最も優先されてますが
そういう時代でなかったと言われればそれまで
マシン性能よりドライバーの腕が物を言う時代でしたからね
セナプロ時代のように強烈なライバル関係というのも
今年のF1なんかには期待したいものです
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Super Aguri withdraw from 2008 championship

Following weeks of speculation concerning the future of the team, Super Aguri announced Tuesday that they are to withdraw from the 2008 FIA Formula One World Championship with immediate effect.

Super Aguri, founded by former driver Aguri Suzuki, had been participating in Formula One racing since the 2006 season. The Japanese team, who scored their first championship points after only 22 races (Spanish Grand Prix, 2007) and finished ninth in the 2007 constructors’ championship, will cease all activities as of May 6, 2008.

The Honda-powered team, whose driver line-up comprised Takuma Sato and Anthony Davidson, ran into financial difficulties last year, and completed little winter testing ahead of the 2008 season as a result. A planned buyout by the Magma Group looked set to save the team until that fell through last month, and only last week Suzuki expressed optimism about a new deal with German automotive company Weigl.

Explaining his decision to withdraw from Formula One racing, Aguri Suzuki released the following statement:

“In order to realize my dream to become an owner of a Formula One Team, I applied for a grid position in the FIA Formula One World Championship in November 2005. Since then, I have participated in the championship for 2 years and 4 months as the SUPER AGURI F1 TEAM, but regretfully I must inform you that the team will be ceasing its racing activities as of today.

“The team has competed against the many car manufacturer backed teams and has succeeded in obtaining the first points after only the 22nd race finishing in 9th place overall in the 2007 Constructors’ Championship. However, the breach of contract by the promised partner SS United Oil & Gas Company resulted in the loss of financial backing and immediately put the team into financial difficulties. Also, the change in direction of the environment surrounding the team, in terms of the use of customer chassis, has affected our ability to find partners.

“Meanwhile, with the help of Honda, we have somehow managed to keep the team going, but we find it difficult to establish a way to continue the activities in the future within the environment surrounding F1 and as a result, I have concluded to withdraw from the Championship.

“I would like to express my deepest thanks to Honda, Bridgestone, the sponsors, all the people who have given us advise during various situations over the past couple of years all the Team Staff who have kept their motivations high and always done their best, Anthony Davidson who has always pushed to the limit despite the very difficult conditions, Takuma Sato who has been with us from the very start and has always fought hard and led the team and lastly our fans from all over the world who have loyally supported the SUPER AGURI F1 TEAM.”


スーパーアグリF1チーム 撤退声明


スーパーアグリF1チーム(SAF1)は、本日、F1世界選手権から撤退することを決定した。
2006年からプライベーターチームとしてF1に参戦し、昨年はチーム結成22戦目(スペインGP)で初ポイントを獲得、2007年のランキング9位という成績を残したSAF1のF1における活動は本日、その幕を閉じることになる。

鈴木亜久里 チーム代表

「F1チームオーナーになるという私の昔からの夢を実現すべく、2005年11月にF1にエントリー申請をし、2006年よりスーパーアグリF1チームとして、2年と4ヶ月にわたりF1の世界で戦ってきたが、本日その活動に終止符をうつことになった。

多くの自動車メーカーが参戦しているこの世界でプライベーターとして戦いを挑み、昨年はチーム参戦から、わずか22戦目にして初ポイントを獲得しランキング9位となる快挙を達成することができた。
しかし、昨年のシーズン初頭から、パートナーとして一緒に戦っていくはずだったSS United Group Company Limitedの契約不履行によりチームは経済的なバックボーンを失い、経営は非常に厳しい状況に追い込まれた。
また、カスタマーカーに関する方向性の変化などチームをとりまく環境変化もあり、チームは新たなパートナー探しを精力的に続けてきたが、その活動は難航した。

その間、ホンダから支援を受けながら、なんとか今日まで持ちこたえてきたが、現在のF1を取り巻く環境の中で、今後も安定的に活動を継続していく目処が立たず、本日、F1から撤退するという苦渋の決断をくだすこととなった。

ここまでチームを支えてくれたホンダ、ブリヂストン、そしてスポンサーの皆様、いろいろな状況の中でアドバイスを頂いたF1関係者の皆様、チームが苦しい状況の中でも、モチベーションを絶やさず働いてくれたチームスタッフ、厳しい状況の中でも頑張ってくれたアンソニー、チーム立ち上げから一緒に戦いチームを引っ張ってくれた琢磨、そして、これまでSAF1を応援してくれてきた世界中のファンの皆様に最大の感謝を表したい」


撤退そのものは既定路線だったので

特に驚きは感じないのですが

残念ですよね


たっくんの今後の行き先も気になりはしますが

バリケロの後釜がファン心理としては

一番期待されてはいるものの

バリチェロおじさんはいつまで続けるかわからないし

第一ホンダが琢磨にそれだけの価値を見出しているのか疑問です


SAF1としてはマグマグループとの交渉決裂というのが

最大の要因だったようですね

magmaも今どうなってるんでしょうね?

スポンサーとしてはssunitedよりかはましと思われてはいましたけども・・・


s.s.unitedからもスポンサーフィーのとりっぱぐれがあるし

契約の脇がボスとしては甘かったといえば甘いですね

ホンダからの借金も100億とも言われておりますが

どういった形で亜久里が落とし前をつけるのかも気にはなります


当初から資金面では苦労が絶えなかったわけですが

非情なことを言えば亜久里、ARTAは国内までのチームだったということでしょう

スーパーGTまでの器がちょうど良いところだと思います


しかしながら今回のチャレンジで

多くの感動を与えてくれたし

奇跡としか言いようがない結果を残してきたことは

世界大きなインパクトを与えたと思います


現代F1でまた今度ということは難しいと考えています

まずありえないでしょう

2010年からのカスタマーシャーシ禁止のレギュレーションもありますし

一度失敗してまた参加というのは

失敗したときより大きな後ろ盾が必要でしょうし

F1での亜久里の活躍はここまでかとは思います

本当にお疲れ様でした

夢をありがとう

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

早くも偉業達成!

スーパーアグリとしては

SAF1としては初の8位入賞とともに

ファーストチームのHONDAより

コンストラクターズポイントランキング7位に浮上


やはりたっくんは凄かった

彼はやはり何か持っている

またFIAにサクられそうな気もsなうはないですが

ほんと素晴らしいの一言に尽きます


おめでとう、佐藤琢磨

AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

テーマ:



かっこよすぎだろ、どうみても



かっこわるすぎだろ、どうみても


クロスロードは5ナンバー、3ナンバーどちらなんでしょう?

MTがあれば是非に買いたい車筆頭で

ひとめぼれしました

ありそうでなさそうな形ですね


F1のデザインはなんじゃこりゃ

斬新とかそういう問題じゃなくて

飛びすぎでしょう

100年後のF1のデザインを今先取りしてしまったような感じです


もちろん企業ロゴを外すという決断は

斬新且つ大胆なんですが

このデザインはないでしょ



*かなりブログ放置してましたが

今8000位、ということはブログはもう古くなってきているのでしょうかね

自分の部屋でネットに繋げればやるんですけどね

如何せん未開通

PLCでも届かない我が家

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

野球の延長により

中途半端な半生放送により始まった地上波

スタメンを削れよフジテレビは


スタートから右に左に振るシューマッハ

ポジション7まで順位をあげる

逆に言えばよく蓋をできたとしたほうがいいというくらい

突進がすごかったですね


ウェバー、ロズベルクは仲良くリタイアで

ウィリアムズはここで今シーズン終了

加えてSCが早くもはいる


フィジコーを抜くがそこでスリップしたと思ったら

いきなりのスローダウン、すぐにピットヘ

左リアがバースト

残念ながらここでシューマッハのチャンプはなくなりました


残り60周でトゥルーリが頭からガレージへ

ラルフもリタイアでここでトヨタの今シーズンは終了


あああああああああああああああああああああああああああ

また飛んだ

30分もかけてないのに

さらには更新できないアメブロ


シューマッハはこの間に複数回ファステストを更新

12秒162えげつない走りをしますね

すごいよ最後の最後まで


琢磨君も1ラップつけられずに頑張っています

すごいすごいよ琢磨

いきなり確変したよ

58周目で1ラップつけられちゃいましたけど

予選で第2R進出する前に

一桁入りをすると予想しましたが

あとちょっとで実現しそうです

マッサに抜かれはしましたけど

マッサよりペース速いじゃんw


シューマッハ最後またおぼつかなくなるも

やはりすごい4位でフィニッシュ

フィジコーも抜かれる際にコースオフ


優勝は母国GPのマッサ

2位はチャンピオンアロンソ

以下バトン、ミハエル、ライコネン、フィジコー、バリチェロ、デラロサ、クビサ、佐藤琢磨


琢磨素晴らしい

母国で勝ったマッサも素晴らしい


そしてなんと言ってもミハエル・シューマッハ

F1をつまらなくさせたF1界の至宝

まさにこれぞ皇帝

その雄姿その顎を私たちは忘れはしない


いざ引退となると寂しいですね

Thank you and farewell to Michael Schumacher !

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
鈴鹿日本GP決勝大勢決まってしまったか


残り4周

アロンソ

マッサ

フィジケラ

バトン

ライコネン

トゥルーリ

ラルフ

ハイドフェルド


やはりアロンソとマッサの差は広がり10→15秒差まで広がり

さすが新世代の王者と言わんばかりの走りをみせ

ラストの鈴鹿日本GPがゴールイン

ゴールしてすぐスピンを見せるとは

相当嬉しいんでしょう

あたいも嬉しいよおおおお


やはり塩原の実況うざい

古館よりはましかもしれないけどうざい

蛯原友里、押切もえ、オヅラ智昭どれも要らない

こういうとこはミーハーなフジテレビはだめですね

マッチも要らない森脇さんと川井ちゃんで十分ですよ

もっとゴリゴリの男子を集めろw

大衆迎合的ではスポーツはいけませんよ


でもまさかシューマッハがあそこでエンジンブローとは

アロンソ形は棚ぼたですけど

本当に大きな一勝をてにいれましたね

ちょwwwwwwwwwwwwwwwwwwアロンソテラウレシソス

飛んで跳ねてるw


SAF1は初の2台完走

前のレースでホンダのお邪魔を琢磨君がしましたけど

今回は中盤結構いいタイムも出したり

なかなかよかったです

ブラジルでも頑張っておくんなまし


予想通りと言ってはなんですが

序盤から初志貫徹申し上げていた第6感あたりそうな気がしてきました

風は着々とアロンソに吹いてますよ

コンストラクターもフィジコーも頑張ってますし

これも手にできそうな感じ

ややフェラーリにとっては寂しい結末にはなりそうですが

それが勝負というものです

ラスト1戦楽しみです


P No. Driver Nat. Car Tyre Lap GoalTime/Delay km/h /Retired Pit Best Lap-T
1 1 F.アロンソ (ESP) Renault M 53 1:23:53.413 219.982 2 1'32.676
2 6 F.マッサ (BRA) Ferrari B 53 2 1'33.296
3 2 G.フィジケーラ (ITA) Renault M 53 2 1'33.564
4 12 J.バトン (GBR) Honda M 53 2 1'33.451
5 3 K.ライコネン (FIN) McLaren Mercedes M 53 2 1'33.344
6 8 J.トゥルーリ (ITA) Toyota B 53 2 1'33.866
7 7 R.シューマッハ (GER) Toyota B 53 2 1'33.607
8 16 N.ハイドフェルド (GER) Sauber BMW M 53 2 1'34.525
9 17 R.クビサ (POL) Sauber BMW M 53 2 1'33.509
10 10 N.ロズベルグ (GER) Williams Cosworth B 52 2 1'34.802
11 4 P.デ・ラ・ロサ (ESP) McLaren Mercedes M 52 2 1'34.120
12 11 R.バリチェッロ (BRA) Honda M 52 3 1'34.071
13 15 R.ドーンボス (NED) Red Bull Ferrari M 52 2 1'35.099
14 20 V.リウッツィ (ITA) Toro Rosso Cosworth M 52 2 1'34.131
15 22 佐藤 琢磨 (JPN) Super Aguri Honda B 51 2 1'35.082
16 18 T.モンテイロ (POR) Spyker Toyota B 51 2 1'35.260
17 23 山本 左近 (JPN) Super Aguri Honda B 50 3 1'35.594
18 21 S.スピード (USA) Toro Rosso Cosworth M 47 3 1'34.560
9 M.ウェバー (AUS) Williams Cosworth B 39 2 1'35.092
5 M.シューマッハ (GER) Ferrari B 36 2 1'32.792
14 D.クルサード (GBR) Red Bull Ferrari M 33 3 1'35.052
19 C.アルバース (NED) Spyker Toyota B 19 1 1'36.036

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ラスト鈴鹿日本GP


スタートはアロンソのえげつない動き

後方でタイヤスモーク

アロンソはポジションを1つあげ4番手

バリチェロはすぐにピットへ


すぐにペースの速いシューマッハがマッサを抜きトップへ

すごいキレの走りでトップを行く

やはりスーパーアグリF1は特に音沙汰なく定位置

しかし一時引き離したものの

マッサも1秒以内にまた差をつめる


オンボードになったとたんヘアピンでアロンソミスw

人間だもんしょうがないですね

カバーをするのもテクニックですしね


ライコネン不気味に9位

まだ怖くはないですけど去年の優勝がありますからね


カメラが追ってないうちに

またもミスでふくらむアロンソ

眉毛スタートはキレてたのにどうしたの眉毛


フェラーリは燃料積んでいないのか

1、2のフェラーリに対して

3位のラルフは4秒と差が開く


おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおい

書いてた記事が飛んだぞ馬鹿野郎

糞アメブロ


と一人で叫んでしまいました


何書いてたのか忘れてしまいましたよ

ものすごく沢山書いてたのに

中盤すっとんじゃってます

ほんとこういうことあるからアメブロは糞なんですって


ミッドランドのアルバースが後方自然破壊によって飛んだ

パーツの行方が気になるところですが

5.1→4.0までミハエルとアロンソの差が縮まり

と思ったらバックマーカーかわす際やや膨らんだり

もたついていたら5.5差に


残り20周でフィジコーがピットへ

トヨタは2台とも2回目の終える

18週でアロンソもピットへ

しかしトヨタ2台はトゥルーリのペース上がらず36秒台

佐藤琢磨と同じペースでずるずると行く


なぜか今更マッサが確率変動

33秒台マークと思ったら

シューーーーーーーーーーーーーーーーーーー魔hhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhっはあああああああああああ亜嗚呼ああああああああああああああああ嗚呼あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ


エンジンブローーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

うそおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

テストしてもミス頼みいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい


落ち着きます落ち着きます

5秒もアドンバンテージあったのに

もったいないよもったいないよ


残り12周でライコネンがピットへ

アロンソとマッサの差はやや開いていく展開








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

P No. Driver Nat. Car Tyre First Time Second Time Third Time Km/h / Behind Lap
1 6 F.マッサ (BRA) Ferrari B 1'30.112 1'29.830 1'29.599 231.991 16
2 5 M.シューマッハ (GER) Ferrari B 1'31.279 1'28.954 1'29.711 0.112 17
3 7 R.シューマッハ (GER) Toyota B 1'30.595 1'30.299 1'29.989 0.390 19
4 8 J.トゥルーリ (ITA) Toyota B 1'30.420 1'30.204 1'30.039 0.440 19
5 1 F.アロンソ (ESP) Renault M 1'30.976 1'30.357 1'30.371 0.772 16
6 2 G.フィジケーラ (ITA) Renault M 1'31.696 1'30.306 1'30.599 1.000 17
7 12 J.バトン (GBR) Honda M 1'30.847 1'30.268 1'30.992 1.393 22
8 11 R.バリチェッロ (BRA) Honda M 1'31.972 1'30.598 1'31.478 1.879 21
9 16 N.ハイドフェルド (GER) Sauber BMW M 1'31.811 1'30.470 1'31.513 1.914 18
10 10 N.ロズベルグ (GER) Williams Cosworth B 1'30.585 1'30.321 1'31.856 2.257 22
11 3 K.ライコネン (FIN) McLaren Mercedes M 1'32.080 1'30.827 9
12 17 R.クビサ (POL) Sauber BMW M 1'31.204 1'31.094 8
13 4 P.デ・ラ・ロサ (ESP) McLaren Mercedes M 1'31.581 1'31.254 12
14 9 M.ウェバー (AUS) Williams Cosworth B 1'31.647 1'31.276 11
15 20 V.リウッツィ (ITA) Toro Rosso Cosworth M 1'31.741 1'31.943 14
16 19 C.アルバース (NED) Spyker Toyota B 1'32.221 1'33.750 13
17 14 D.クルサード (GBR) Red Bull Ferrari M 1'32.252 6
18 15 R.ドーンボス (NED) Red Bull Ferrari M 1'32.402 7
19 21 S.スピード (USA) Toro Rosso Cosworth M 1'32.867 7
20 22 佐藤 琢磨 (JPN) Super Aguri Honda B 1'33.666 6
21 18 T.モンテイロ (POR) Spyker Toyota B 1'33.709 3
22 23 山本 左近 (JPN) Super Aguri Honda B 2


結局鈴鹿でもQ1突破ならずでしたねぇ

かなり前に決勝で10位以内よりQ1突破のが

難しい気がしていたのはあながち間違いないですね

ラスト鈴鹿はどうなりましょうか?


先週の決勝も含めて書けば

シューマッハがアロンソを抜いたシーンはすごかったですね

あのインへ突っ込めるシューマッハは怖いですね

本当にあそこしかないところへ飛び込んでいったと思います

お見事としか言いようが無いです

阪神に例えてはいけませんね

シューマッハが同点ながら優位にたってますけども

勝って引退なんてかっこよすぎる引き方は

あえて見たくないんですけどね

最後の最後でしでかさないかと

ちょっと変な期待ももっております


琢磨が最後の最後で変なことしましたけども

鈴鹿では頑張ってほしいものです


トヨタが頑張っておりますけども

ここで頂点たったらなんかそれもまたいやらしくはありますね

それがトヨタらしいかもしれませんけどw


とにもかくにも鈴鹿日本GPラストですからね

ドライバーズタイトルも面白くなってますし

いいレースを期待したいと思います

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

P No. Driver Nat. Car Tyre First Time Second Time Third Time Km/h / Behind Lap
1 1 F.アロンソ (ESP) Renault M 1'44.128 1'43.951 1'44.360 188.457 21
2 2 G.フィジケーラ (ITA) Renault M 1'44.378 1'44.336 1'44.992 0.632 19
3 11 R.バリチェッロ (BRA) Honda M 1'47.072 1'45.288 1'45.503 1.143 26
4 12 J.バトン (GBR) Honda M 1'45.809 1'44.662 1'45.503 1.143 27
5 3 K.ライコネン (FIN) McLaren Mercedes M 1'44.909 1'45.622 1'45.754 1.394 22
6 5 M.シューマッハ (GER) Ferrari B 1'47.366 1'45.660 1'45.775 1.415 24
7 4 P.デ・ラ・ロサ (ESP) McLaren Mercedes M 1'44.808 1'45.095 1'45.877 1.517 23
8 16 N.ハイドフェルド (GER) Sauber BMW M 1'46.249 1'45.055 1'46.053 1.693 27
9 17 R.クビサ (POL) Sauber BMW M 1'46.049 1'45.576 1'46.632 2.272 26
10 15 R.ドーンボス (NED) Red Bull Ferrari M 1'46.387 1'45.747 1'48.021 3.661 24
11 21 S.スピード (USA) Toro Rosso Cosworth M 1'46.222 1'45.851 15
12 14 D.クルサード (GBR) Red Bull Ferrari M 1'45.931 1'45.968 15
13 6 F.マッサ (BRA) Ferrari B 1'47.231 1'45.970 15
14 20 V.リウッツィ (ITA) Toro Rosso Cosworth M 1'45.564 1'46.172 15
15 9 M.ウェバー (AUS) Williams Cosworth B 1'48.560 1'46.413 18
16 10 N.ロズベルグ (GER) Williams Cosworth B 1'47.535 1'47.419 18
17 7 R.シューマッハ (GER) Toyota B 1'48.894 9
18 8 J.トゥルーリ (ITA) Toyota B 1'49.098 9
19 19 C.アルバース (NED) Spyker Toyota B 1'49.542 9
20 18 T.モンテイロ (POR) Spyker Toyota B 1'49.903 6
21 22 佐藤 琢磨 (JPN) Super Aguri Honda B 1'50.326 6
22 23 山本 左近 (JPN) Super Aguri Honda B 1'55.560 7


気になるのは天候によるタイヤ選択

加えてここはペアピンカーブが多いので

特にブレーキが勝負の鍵になりそうですね

どうもシューマッハは今の阪神のようにかんじますね

尻すぼみwもう一度レースを面白くしてもらいたいもんです


結局のところ勝つのはアロンソという風になりそうなんですがさてどうなりましょうか

アロンソがミスをしなければ勝ちますよ

そういう風だと思います


ラスト鈴鹿になりますのでホンダ勢の調子があがってきてほしいものです

でもどうして上海だけ007なんですかね?

よう理由が分からないんですけどね

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

M・シューマッハ、今季限りでの引退を発表


F1第15戦イタリアGP決勝レースが10日、アウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァ(全長306.720km、53周)にて行われた。ここまで、ドライバーズ・ランキングでトップのフェルナンド・アロンソ(ルノー)を12ポイント差で追い掛けるミハエル・シューマッハ(フェラーリ)。フェラーリはこの日のレース後に来季のドライバーを発表することを明らかにしており、キミ・ライコネン(マクラーレン・メルセデス)の名前が噂される中、今季でフェラーリとの契約が切れるミハエルの去就に注目が集まった。
 前日に行われた予選の結果、ポール・ポジションを獲得したのはライコネン、2番手ミハエル、3番手ニック・ハイドフェルド(BMW・ザウバー)。5番手のタイムを記録していたアロンソだったが、ミハエルのチームメイトであるフェリペ・マッサ(フェラーリ)の進路妨害をしたとの理由により、5番手降格の10番手からのスタートとなった。
 日本時間21時に決勝レースがスタート。序盤はトップのライコネンをミハエルが追い掛ける展開。続いてニック・ハイドフェルドとロベルト・クビカのBMW・ザウバー勢にマッサが抑えられる中、その背後にはスタートで飛び出してオープニングラップで次々と順位を上げたアロンソが徐々に忍び寄る。
 17周を終えて1回目のピット作業を終えたミハエルはライコネンを交わしてトップに立ち、39周を終えて2回目のピット作業をトップ譲ることなく終える。41周を終え、3位クビカと4位アロンソが同時にピットインすると、わずかながらも先にピット作業を終えたアロンソがクビカを交わし、3位浮上に成功する。
 そのアロンソに直後、悲劇が訪れる。アロンソのマシン後方から白煙が吹き出すと、そのままコースアウトしてマシンを止める。10番手スタートから3位まで順位を上げながらも、残り10周まできてレースを終える結果となる。そして22時18分、ミハエルはフェラーリの母国イタリアで大勢の観衆が見守る中、トップでチェッカーフラッグを受ける。2位はライコネン、3位には13戦から途中出場のクビカが入った。これでアロンソとミハエルの差はわずか2ポイント、コンストラクターズではフェラーリがルノーを逆転、チャンピオン争いの行方は分からなくなった。
 レース後の記者会見で、ミハエルの口から今季限りでの引退が発表された。残り3戦に向けて、「ドライバーズポイントとコンストラクターズポイントの両方でチャンピオンを獲得したい」と神妙な面持ちで語った。


大方の予想通りシューマッハが引退を発表

数々の金字塔を打ち立ててきた皇帝がついに去ることが決まりました

あまりにも感動的なレースだったんでウルウルきてしまいました


予選でアロンソがペナを受けるも

やはりそこはチャンプスタートから快進撃で4位まで浮上し

ピットでクビサをぶち抜くんですが

ここで気になったのは何でクビサがあんなにあっさりと抜かれたんでしょうね

おそらくは後ろからきたほうの勢いが勝ったんだと思うんですが

速度制限までのスピードなら距離あまりいらないと思うのですが

気合も相まってかピットロードで浮上

ですがアロンソ残り10周でエンジンストール

ここで何でだよって思いましたが

結果的には面白くなってしまいましたね


やはり強いミハエルが快走で通算90勝目をあげ

その後の会見で引退を表明

やけにマッサ君の為を思いというのが耳につきましたが

来年のドライバーももう決まっているとこと

そして後にフェラーリから来季はライコネン、マッサと発表

来年はフェラーリ対マクラーレンとなるのでしょうかと

シーズン終わる前からワクワクしているのですが

まだ今シーズン終わったわけではなくて

さらに面白いことになっていて

わずか2ポイント差でタイトル争い


私はアロンソが引導を渡してほしいんですけどね

タイトル予想は相変わらずアロンソですが

もっと三行半突きつける形でとってほしかったんですが

なかなかそうもいかずさらなるドラマが期待できそうな形になっております

ミハエル最後の年このまま易々と

タイトルが決まってしまうことだけは避けてもらいたくなってまいりました


日本GPが近づいてきて形を作りたいSAですが

一筋縄にはいかず相変わらず苦しい展開

鈴鹿で最後の日本GPで予選第2R行けちゃったりしたら

それこそすばらしいと思うのですが

左近、琢磨ともに厳しそうです


さりげなくクビサ頑張ってましたね

トップで周回することもありましたし

BAR時代の琢磨を思い出しました

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。