一個人の戯言ですけど・・・

日本を蝕む売国奴を糾弾し、真の平和へと誘うブログ!

というのは冗談で、のんびりと戯言を垂れ流すブログです。

所詮、戯言の域は抜け出せませんよ、笑


テーマ:

Super Aguri withdraw from 2008 championship

Following weeks of speculation concerning the future of the team, Super Aguri announced Tuesday that they are to withdraw from the 2008 FIA Formula One World Championship with immediate effect.

Super Aguri, founded by former driver Aguri Suzuki, had been participating in Formula One racing since the 2006 season. The Japanese team, who scored their first championship points after only 22 races (Spanish Grand Prix, 2007) and finished ninth in the 2007 constructors’ championship, will cease all activities as of May 6, 2008.

The Honda-powered team, whose driver line-up comprised Takuma Sato and Anthony Davidson, ran into financial difficulties last year, and completed little winter testing ahead of the 2008 season as a result. A planned buyout by the Magma Group looked set to save the team until that fell through last month, and only last week Suzuki expressed optimism about a new deal with German automotive company Weigl.

Explaining his decision to withdraw from Formula One racing, Aguri Suzuki released the following statement:

“In order to realize my dream to become an owner of a Formula One Team, I applied for a grid position in the FIA Formula One World Championship in November 2005. Since then, I have participated in the championship for 2 years and 4 months as the SUPER AGURI F1 TEAM, but regretfully I must inform you that the team will be ceasing its racing activities as of today.

“The team has competed against the many car manufacturer backed teams and has succeeded in obtaining the first points after only the 22nd race finishing in 9th place overall in the 2007 Constructors’ Championship. However, the breach of contract by the promised partner SS United Oil & Gas Company resulted in the loss of financial backing and immediately put the team into financial difficulties. Also, the change in direction of the environment surrounding the team, in terms of the use of customer chassis, has affected our ability to find partners.

“Meanwhile, with the help of Honda, we have somehow managed to keep the team going, but we find it difficult to establish a way to continue the activities in the future within the environment surrounding F1 and as a result, I have concluded to withdraw from the Championship.

“I would like to express my deepest thanks to Honda, Bridgestone, the sponsors, all the people who have given us advise during various situations over the past couple of years all the Team Staff who have kept their motivations high and always done their best, Anthony Davidson who has always pushed to the limit despite the very difficult conditions, Takuma Sato who has been with us from the very start and has always fought hard and led the team and lastly our fans from all over the world who have loyally supported the SUPER AGURI F1 TEAM.”


スーパーアグリF1チーム 撤退声明


スーパーアグリF1チーム(SAF1)は、本日、F1世界選手権から撤退することを決定した。
2006年からプライベーターチームとしてF1に参戦し、昨年はチーム結成22戦目(スペインGP)で初ポイントを獲得、2007年のランキング9位という成績を残したSAF1のF1における活動は本日、その幕を閉じることになる。

鈴木亜久里 チーム代表

「F1チームオーナーになるという私の昔からの夢を実現すべく、2005年11月にF1にエントリー申請をし、2006年よりスーパーアグリF1チームとして、2年と4ヶ月にわたりF1の世界で戦ってきたが、本日その活動に終止符をうつことになった。

多くの自動車メーカーが参戦しているこの世界でプライベーターとして戦いを挑み、昨年はチーム参戦から、わずか22戦目にして初ポイントを獲得しランキング9位となる快挙を達成することができた。
しかし、昨年のシーズン初頭から、パートナーとして一緒に戦っていくはずだったSS United Group Company Limitedの契約不履行によりチームは経済的なバックボーンを失い、経営は非常に厳しい状況に追い込まれた。
また、カスタマーカーに関する方向性の変化などチームをとりまく環境変化もあり、チームは新たなパートナー探しを精力的に続けてきたが、その活動は難航した。

その間、ホンダから支援を受けながら、なんとか今日まで持ちこたえてきたが、現在のF1を取り巻く環境の中で、今後も安定的に活動を継続していく目処が立たず、本日、F1から撤退するという苦渋の決断をくだすこととなった。

ここまでチームを支えてくれたホンダ、ブリヂストン、そしてスポンサーの皆様、いろいろな状況の中でアドバイスを頂いたF1関係者の皆様、チームが苦しい状況の中でも、モチベーションを絶やさず働いてくれたチームスタッフ、厳しい状況の中でも頑張ってくれたアンソニー、チーム立ち上げから一緒に戦いチームを引っ張ってくれた琢磨、そして、これまでSAF1を応援してくれてきた世界中のファンの皆様に最大の感謝を表したい」


撤退そのものは既定路線だったので

特に驚きは感じないのですが

残念ですよね


たっくんの今後の行き先も気になりはしますが

バリケロの後釜がファン心理としては

一番期待されてはいるものの

バリチェロおじさんはいつまで続けるかわからないし

第一ホンダが琢磨にそれだけの価値を見出しているのか疑問です


SAF1としてはマグマグループとの交渉決裂というのが

最大の要因だったようですね

magmaも今どうなってるんでしょうね?

スポンサーとしてはssunitedよりかはましと思われてはいましたけども・・・


s.s.unitedからもスポンサーフィーのとりっぱぐれがあるし

契約の脇がボスとしては甘かったといえば甘いですね

ホンダからの借金も100億とも言われておりますが

どういった形で亜久里が落とし前をつけるのかも気にはなります


当初から資金面では苦労が絶えなかったわけですが

非情なことを言えば亜久里、ARTAは国内までのチームだったということでしょう

スーパーGTまでの器がちょうど良いところだと思います


しかしながら今回のチャレンジで

多くの感動を与えてくれたし

奇跡としか言いようがない結果を残してきたことは

世界大きなインパクトを与えたと思います


現代F1でまた今度ということは難しいと考えています

まずありえないでしょう

2010年からのカスタマーシャーシ禁止のレギュレーションもありますし

一度失敗してまた参加というのは

失敗したときより大きな後ろ盾が必要でしょうし

F1での亜久里の活躍はここまでかとは思います

本当にお疲れ様でした

夢をありがとう

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

dokaben-yamadaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。