世界糖尿病デー

テーマ:

世界糖尿病デーというのをご存知でしょうか。

ながく国際糖尿病連合(IDF)が要請してきた「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」を、国連総会議が2006年12月20日に採択し、同時に11月14日を「世界糖尿病デー」に指定したことで、世界各地で糖尿病の予防、治療、療養を喚起する啓発運動の推進が、国連および主要国ではじまりました。


世界糖尿病デー日本公式サイト


日本でも、(社)日本糖尿病学会、(社)日本糖尿病協会が中心となって国民の方々に対する呼びかけ活動の輪を広げていて、本年度も日本でのイベントシンボルである東京タワーのブルーライトアップが継続実施されることとなり、現在準備が進められています。


北海道に於いてもこれまで「札幌時計台」「札幌テレビ塔」および「釧路市生涯学習センター」のブルーライトアップが実施されていて、おそらく本年度にあっても同様の内容で準備が進んでいるんだろうと思います。


ところで、北海道第二の都市旭川では、残念ながら国連決議にのっとった世界的イベントである「世界糖尿病デー:ブルーライトアップ」はこれまで実施されていません。


そこで、できるかどうかわからないけど、とりあえずやってみようと僕の会社が試験的にチャレンジしてみることになりました。

いまのところ分かっている詳細は以下の通りです。


日時:2010年11月14日(日曜日)、おそらく16時以降17時前あたりからスタート:22時頃まで

荒天:場所の変更があるかも

場所:サンタプレゼントパーク頂上ニコラスタワーをブルーにライトアップ!

協力:サンタプレゼントパーク 様と 株式会社旭ダンケ

技術:株式会社旭川シティネットワーク &MORE


準備期間が短く、当日楽しい催し物とかないけど、糖尿病の予防・治療といった本来の意味とか重く考えずに、山の上に青く光り輝くロマンティックなタワーを眺めてみてください。

晴天で決行できることを願ってます。


AD