11月14日の日曜日

この日は「世界糖尿病デー」ということで

世界各地の有名建築物がブルーにライトアップされます

日本ではメインシンボルの東京タワーをはじめ

塔やら建物やら大仏さんやら

各地で同じようにブルーライトアップが行われます

北海道では札幌時計台と札幌テレビ塔

釧路市生涯学習センターで実施されましたが

旭川ではやったことがない

ということで僕らがやりますよーというお話が全開の記事


で、今回は実施報告です。

当日は午前中は天気が良かったのですがとても寒く

昼前には雨も降っていました


天気予報は午後に降雪

雪自体よりも気温低下で路面が凍結すると

荷揚げしたトラックが山を下りられなくなるので

イベント終了時間までの気温推移を予想します

気象台との連絡で何とかもちそうだと判断

正午頃に決行!の決断をします


場所はスキー場の頂上にあるタワー

そこから見た旭川市内

現地は地上と2度の気温差があります


道北調剤薬局のブログ-展望

多分日中でも気温が5~6度程度の中

現地の照明スタッフは早速準備に入ります


道北調剤薬局のブログ-照明スタッフ

照明機材がニコラスタワーに向けられます


道北調剤薬局のブログ-照明

道北調剤薬局のブログ-タワー


その頃、FMりべ~るは

奥山コーシンの一生懸命が生本番中です


道北調剤薬局のブログ-東川1

うちの専務(中央)がコーシンさんに助けられ

ライトアップを決行すると番組内で告知します


道北調剤薬局のブログ-東川2

夜も暮れ

いよいよフォーカシングとカラーリングに入ります


道北調剤薬局のブログ-フォーカス

17時、照射を開始しました


道北調剤薬局のブログ-照射

こうして

サンタプレゼントパークニコラスタワーの

ブルーライトアップがスタートしました


道北調剤薬局のブログ-ライトアップ

その後も天候は持ち続け

終了間際の21時前には若干の降雪をみましたが

撤収も滞りなく完了し

イベントは事故もなく無事に終了しました


サンタプレゼントパーク のニコラスタワー

管理している会社は株式会社ダンケジャパン

お借りできたのは社長の山下さんのご理解があってこそ

またパーク支配人の間藤さん以下

スタッフの皆さんのご理解があってこその成功です

また、準備段階から色々とお手配や心遣いを頂戴した

旭川シティネットワーク柳沢社長、山川放送局長

告知を続けてくれたりべーるMCのみなさん

1基400万円もするサーチライトを4基も持ち込んで

見事にライトアップを成功させてくれた

札幌・旭川の照明技術さんたち

みなさん本当に感謝しています

ありがとうございました


また、点灯中は市民の皆さんがtwitterで

見えたよと教えてくださったり

こうしたほうがいいよとアドバイスをくれたり

本当にありがたいと思いました


来年以降同じようにライトアップできるかどうか

やるならもう少し準備期間を作って

もっと楽しいものになればいいなと思ってます


皆さん本当にありがとうございました

AD

世界糖尿病デー

テーマ:

世界糖尿病デーというのをご存知でしょうか。

ながく国際糖尿病連合(IDF)が要請してきた「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」を、国連総会議が2006年12月20日に採択し、同時に11月14日を「世界糖尿病デー」に指定したことで、世界各地で糖尿病の予防、治療、療養を喚起する啓発運動の推進が、国連および主要国ではじまりました。


世界糖尿病デー日本公式サイト


日本でも、(社)日本糖尿病学会、(社)日本糖尿病協会が中心となって国民の方々に対する呼びかけ活動の輪を広げていて、本年度も日本でのイベントシンボルである東京タワーのブルーライトアップが継続実施されることとなり、現在準備が進められています。


北海道に於いてもこれまで「札幌時計台」「札幌テレビ塔」および「釧路市生涯学習センター」のブルーライトアップが実施されていて、おそらく本年度にあっても同様の内容で準備が進んでいるんだろうと思います。


ところで、北海道第二の都市旭川では、残念ながら国連決議にのっとった世界的イベントである「世界糖尿病デー:ブルーライトアップ」はこれまで実施されていません。


そこで、できるかどうかわからないけど、とりあえずやってみようと僕の会社が試験的にチャレンジしてみることになりました。

いまのところ分かっている詳細は以下の通りです。


日時:2010年11月14日(日曜日)、おそらく16時以降17時前あたりからスタート:22時頃まで

荒天:場所の変更があるかも

場所:サンタプレゼントパーク頂上ニコラスタワーをブルーにライトアップ!

協力:サンタプレゼントパーク 様と 株式会社旭ダンケ

技術:株式会社旭川シティネットワーク &MORE


準備期間が短く、当日楽しい催し物とかないけど、糖尿病の予防・治療といった本来の意味とか重く考えずに、山の上に青く光り輝くロマンティックなタワーを眺めてみてください。

晴天で決行できることを願ってます。


AD

夕張に

テーマ:

6月27日の日曜日は

子供が学祭準備とかで不在のため

家内と一緒に夕張までドライブに行きました

旭川鷹栖インターから高速道路に乗ります

休日1000円の最終日

道北調剤薬局のブログ-鷹栖インター
画面右端のデジタル時計が

12時51分を指してます

ここから岩見沢まで走り

一般道に下りて夕張に向かいます

途中毛陽という地区にある交流センターによりましたが

なんだか改装中みたいなので引き上げました

道北調剤薬局のブログ-毛陽交流センター
このあたりはサクランボやリンゴなどの果実類の栽培が盛んなようで

ここから先の万字炭山あたりまで

ずっと果樹園が続きます


その奥の山道をひたすら進みますと

道北調剤薬局のブログ-山道
メロン城 に行き着きますが

この日は日曜日だというのに

駐車場はこのありさま ↓

道北調剤薬局のブログ-駐車場
車を停めてお城に続く階段を上がりますが

当のお城は何だか不気味ささえ漂う始末

道北調剤薬局のブログ-メロン城1
ここ、暗い夕方なんか

バイオハザードなみに怖そうじゃんか


中は中でひと気がないのよこれが!

道北調剤薬局のブログ-メロン城2
見る人もいないのに

右奥の説明ビデオだけが流れてる

道北調剤薬局のブログ-メロン城トイレ
トイレもこの有様では

何かが棲みつきそうじゃないか!

道北調剤薬局のブログ-メロン城3
2階のテラスに抜ける廊下は

節電中なのか「暗っ!」

右側はガラス窓になっていて

工場内が見えるんですけど

人がいないんで不気味・・・


テラスに出ると

手すりにはカラス

道北調剤薬局のブログ-カラス
屋外にあるワインの貯蔵庫も

堅く施錠されていて中は見学できない

道北調剤薬局のブログ-貯蔵庫
写真にはないけど

外の花壇には何故だか菊の花が植えられていて

もう何が何だか・・・

ここはアンブレラ社かと


とても落ち着かない工場なので

早々に退散し

先ずは本来の目的地である夕張医療センター へ出向きます

道北調剤薬局のブログ-医療センター
僕と家内は、ここの村上先生とは大学時代の友人です

忙しいやつなので本日も居ないだろうと思っていたら

やっぱり学会出張で居ませんでした

希望の杜のスタッフに差し入れのコーヒーとかお渡しして

次の目的地「夕張 鹿鳴館 」に向かいます


鹿鳴館は、旧北炭が

迎賓館として建てた和洋式の立派な施設です

国体の折に昭和天皇もお泊りになられた

昭和レトロな雰囲気がたっぷりの

それはそれは立派な建物です

道北調剤薬局のブログ-鹿鳴館玄関
たいした予備知識もなく行ったのですが

陛下のお泊りになられたお部屋を含めて

施設内部が見学できます


こんなお庭や

道北調剤薬局のブログ-鹿鳴館庭園
光の回廊というステンドグラスでできた照明器具や

窓が陳列されている部屋なんかも見学できます


こんな感じの廊下

道北調剤薬局のブログ-鹿鳴館光の回廊1
2階にこんな部屋
道北調剤薬局のブログ-鹿鳴館光の回廊2
廊下の天井にもこんな照明が・・・
道北調剤薬局のブログ-鹿鳴館光の回廊3

あと、施設内にあるレストランミレディ(貴婦人)では

フランス料理のランチ、ディナーが楽しめます

日中は喫茶のみの時間もあります

ミレディの窓からみた感じはこんなの

わしらはケーキセットを戴いてきました

ウエイトレスのお嬢さんたちの笑顔が

とてもとても好印象のレストランミレディです

道北調剤薬局のブログ-鹿鳴館食堂
見学料は大人(中学生以上)お一人500円となります


★ちなみにこの鹿鳴館はオーベルジュ

 宿泊施設が併設されています

 夕食は小樽出身の増川シェフによる

 フルコースディナーがいただけますよ

 夢見心地のひと時をどうぞって感じです


さてさて、怖ーいメロン城から一転して

清々しいばかりの夕張鹿鳴館を堪能したので

お土産にパンとシフォンケーキなんぞ買い求めて

あとは旭川に帰ります

ただし、来た道と違って富良野経由で・・・


途中「大夕張ダム」のダム湖のそばを通ります


トンネルを抜けて
道北調剤薬局のブログ-ダム0
ダムの管理所近くに車を停めます
道北調剤薬局のブログ-ダム2
そこからダム湖と

なにやら鉄橋のようなものが見えます
道北調剤薬局のブログ-ダム1
これは「三弦橋」(大夕張森林鉄道夕張岳線第1号橋梁)というらしく

下流のシューパロダムが満水になると沈んじゃうらしいですね


その後、路傍のエゾシカや道路の真ん中に寝そべるキタキツネに

幾度となく驚かされながらも順調に帰路を辿り、無事富良野につきました


家内が「富良野マルシェ というものができたらしい」というので

ちょっと寄り道

旭川方面から来たら

富良野市のT字路を左折したら間もなくこの看板が左手に見えます

道北調剤薬局のブログ-富良野マルシェ1
もう夕方なので

人出は落ち着いています

道北調剤薬局のブログ-富良野マルシェ2
エントランスはこんな感じで

左の看板に見取り図がありました

道北調剤薬局のブログ-富良野マルシェ3
内側に入るとこんな感じ

道北調剤薬局のブログ-富良野マルシェ4

美味そうな食べ物とかたくさんあったけど

時間もないので後日リベンジを誓い

たまねぎチップスと富良野牛乳のソフトクリームのみを買い求め家路につきます

上富良野あたりから大雪山連峰がきれいに見えました

道北調剤薬局のブログ-上富良野大雪

またも薬局に関係ないお話ですいませんでしたー

ペタしてね

AD