いよいよ3月も終わりますね。

先週は「山添議員を囲む青年の集い」を開催しました。

26人が参加して、大変盛り上がる企画になりました。

国政を私物化し、立憲主義を破壊する安倍政権、

森友公文書改ざん事件、裁量労働制の根拠となったデータ捏造問題など、

本来一つだけでも政権がすっ飛ぶような中身がてんこ盛りの国会でした。

山添議員の「つどい」は時宜を得た企画でしたが、そもそもでいえば、

4月に行う「福島原発事故フィールドワーク」のプレ企画としての

位置付けでした。

 

昨年11月、東日本大震災のボランティアに参加した経験のある青年が、

「実は福島県の復興支援には行ったことがないんです。

 来年は事故から7年目。今福島がどうなっているか、

 みなさんから話を聞きたい」

とつぶやきました。それならば計画してみよう!と、

一緒に計画を準備したのがこの取り組みです。

 

 

参加費1500円!?

これって大丈夫?

 

まずそう思いますよね。1泊2日ですから、1万円以上はかかります。

でも、それだとなかなか学生や青年が参加したい思いはあっても、

なかなか足を踏み出せない。そこで、昨年末からイベント成功に向けた

募金にとりくんできました。企画に賛同していただいた方たちの募金に

よって支えられていますので、1500円以上参加費を集めることは

ありません。

 

ただし、定員25名とあるように、人数制限があります。

すでに13人から参加申し込みがきています。

参加してみたい!という方、ぜひ気軽に連絡いただければと思います。

先日も弁護士を目指す方から連絡をいただきました。

 

人数制限がありますので、墨田区在住の方、また、青年をメインとした

企画ですので、15歳から29歳までの方を優先とさせていただきます。

 

 

フィールドワークの大まかな予定も掲載しています。

当日に向けて若干変更はあるかもしれませんが、1日目に

福島原発事故の実相について学び、2日目にフィールドワークを

行います。

 

多くの方からの連絡お待ちしています!

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

いつも長いブログを読んでいただき

ありがとうございます。

ポチッと一押しお願いします爆笑

 

  にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

 

読者登録してね