犬の健康について、病気にならない餌の与え方についてご紹介したいと思います。

昔は犬の餌と言えば、余ったご飯に味噌汁をかけて・・・といった感じだったと思いますが、こんな風景は今やあまり見ませんよね。

実際には人間には良くても、犬に与えてはいけない食べ物だってあります。


犬が健康で病気にならないためには、やはり犬用に作られたドッグフードを決められた量与えるのが一番ベストです。

人間にも適正な摂取カロリーがあるように、犬にも適正な摂取カロリーがあります。

ほとんどのドッグフードには、適正量が記されてありますから、それを目安にしてください。


与える回数は一日1回、または2回に分けて与えてもいいでしょう。

犬の餌にもドライタイプ、モイストタイプ、ウエットタイプタイプとありますが、ドライタイプが一番保存性に優れています。

歯の健康のためにも、ドライタイプがオススメです。


しかし、水分は非常に少ないので、必ずたっぷりの新鮮な水を一緒に与えるようにしましょう。

犬用におやつもたくさん売っていますが、おやつは犬の偏食を生み、栄養バランスが崩れてしまう原因になります。

時々は構わないでしょうが、与えすぎないようにしましょう。


また、人間の食べ物の残りを与える際は、犬に与えてはいけない食べ物に気をつける必要があります。

塩分の高い物や唐辛子、胡椒、わさびなどの香辛料は絶対に与えてはいけません。

タマネギやチョコレートも、犬には厳禁の食べ物です。


糖分の多いお菓子も虫歯の原因になりますから、犬には向いていません。

それに、食中毒を防ぐためにも、食べ残しはすぐに捨てるようにしましょう。
AD