飼っている犬が物を拾ってくるときの対処法って何かあるのでしょうか?

放し飼いが当たり前のようだった昔に比べると、現在は放し飼いをしている家庭は少ないと思います。

実際、放し飼いでなくても、外で飼っている家庭は少なくなっています。


なので、こういった悩みを持つ飼い主は今や減っていることでしょう。

飼い主の知らない間に何か物を拾ってきているということがないからです。

もしも、飼い犬が物を拾ってきて困るというのであれば、放し飼いをやめてみましょう。


そして、飼い主が犬の首輪にリードを付けて散歩に連れて行くようにするといいですね。

散歩の最中に飼い犬が何か拾おうとしたら、リードを引っ張ることで止めさせます。

何度か繰り返すうちに、犬が物を拾おうとすることもなくなるはずです。


犬は賢い動物ですから、正しく躾けていけば、散歩中によそ見をすることもしなくなります。

そして、飼い主とアイコンタクトを取りながら歩くようになるのです。

また、飼い犬の中には、よく靴を隠したり、持って行ったりする犬がいますよね。


まだ子犬であれば、遊びのつもりでしょう。

でも、そのままにしておくのはよくありません。

その靴がボロボロであれば、おもちゃとして犬に与えてしまってよいでしょう。


それ以外の靴は、犬が持ち出せないようにきちんと収納してください。

普段は靴を隠したり、持って行ったりしないのに、突然、そういう行動を取るようになった時には、飼い主の気を引こうとしているのかもしれません。

飼い犬のいたずらは、スキンシップの時間をもっと取ってほしいという気持ちの現われという可能性もあるでしょう。
AD