しっかりしつけをされた犬が人を噛むことってまずありませんが、子犬の時は何かと噛みつきます。

いわゆる甘噛みをします。

社会ルールの分かっていない子犬のことですから、「歯がむず痒い」「遊んで欲しい」「おもちゃの代わり」などという理由が挙げられるでしょう。


しかし、しっかりしつけを行わないと、成犬になっても噛む犬になってしまいます。

それでは、噛まなくするためにはどうしたらいいでしょうか?

一番有効なのは、噛む→嫌なことがあると学習させることでしょう。


犬は賢い動物ですから、繰り返し行うことで、必ず効果が現れます。

甘噛みする→遊んでいたのをピタッと止めてケージに入れて反省させる。

これは、飼い主と一緒に遊びたい盛りの子犬には、効き目があるでしょう。


今は甘噛み防止の苦みスプレーも売っています。

噛んで欲しくないところにスプレーをかけておくのも一つの方法です。

噛む→苦かったと学習していきます。


でも、歯がむず痒い子犬の時は、噛んで当たり前なのですから、全く噛むなと言うのも酷です。

噛んでも良いおもちゃを用意しましょう。

そして、噛んで良い物と、悪い物の区別を付けさせましょう。


すぐに噛むことは止められないでしょうが、いずれやらなくなると飼い主も広い心で接しましょう。

犬は群れの中で生きる動物です。

噛むという行為がその群れ(家族)に受け入れてもらえないと分かったら、自ずとやらなくなるのではないのでしょうか?


どうしても直らないときは、こちらがおすすめです。
日本一のカリスマ訓練士の犬のしつけ法

AD