犬のマーキングに悩まされる飼い主は多いと思います。

マーキングが困ると言っても犬にとっては本能ですから、悪いなんて思うわけが無いですよね。

本能である部分を止めさせるというのは大変です。


それには、まず排泄する場所をきっちり教えないといけません。

本来、トイレの躾は子犬の内、なるべく早くから始める方が望ましいです。

まず、飼い主が排泄の場所を決めて、そこにオシッコをするように促してみましょう。


そして、そこで出来るようになったら、ご褒美を与えましょう。

オシッコした→おやつが貰える→いいことがあった。と犬は学習していきます。

逆に、して欲しくないところにオシッコしてしまったら、無言で片付けましょう。


怒ったり、大声を出したりするのは、犬にとってマイナスイメージでしかありません。

そして、良く消毒してオシッコの臭いを消すようにしてください。

外でマーキングをする犬はよく見かけますが、家の中でマーキングされると困りますよね。


活発な雄にはよく見られることですが、家の中でマーキングされるということは、飼い主よりも上位にいると犬が勘違いをしてしまっている場合もあります。

上下関係からもう一度確認し直すようにしましょう。

雄であれば、去勢手術を受けることで抑えられることもあるようです。

しかし、すべての雄に効果がある訳では無く、6ヶ月~1歳の間にするのが、一番効果的だそうです。


どうしても直らないときは、こちらがおすすめです。
日本一のカリスマ訓練士の犬のしつけ法

AD