犬の目のお手入れはコツを掴んで行うと良いですよ。

人間が顔を洗うように、犬も顔を綺麗にしてあげる必要があります。

特に目は、毎日のお手入れがとても大切です。


目のお手入れを怠ると、どんな症状が起きるかご存知ですか?

目のお手入れを怠ってしまうと、涙焼けや涙管の炎症が起きてしまう可能性が高くなりますし、雑菌が目に入ると視力障害を起こすこともあるので、気をつけなくてはいけません。


犬の目のお手入れの際は、まず犬を抱きかかえるか、膝の上にのせます。

そして、目を傷つけないようにお湯で湿らせたガーゼやコットンなどで目の下を拭くのが、上手に目をお手入れをするコツです。

綿棒や清潔な指で目やにを取っても大丈夫なのですが、ティッシュペーパーを使うのはやめてください。


ティッシュペーパーは繊維が荒く、眼球の表面を傷つける可能性もあるので、犬の目のお手入れには適していません。

また、固まってしまっている目やにの場合は、無理にとると目の周りを傷つけてしまうことになるので、濡らしてふやかしてから取るのがポイントです。


犬の目のお手入れには、目やにや汚れをとる以外にも、犬の体調を見るという役目もあります。

目やにの量が多くないか、目やにの色に異常がないかなど、お手入れと共に目や目やにの状態を確認することで異常を早期に発見できますよ。


さらに、目のお手入れでは目の周りの被毛にも注意しなくてはいけません。

被毛があると眼球を傷つけることになるので、目のお手入れの時に被毛の長さも気をつけて見てあげると良いでしょう。
AD