犬の膿皮症

膿皮症は、黄色ブドウ球菌などの常在菌が、皮膚で異常繁殖を起こす事で、皮膚に発赤や湿疹が現われる皮膚感染症です。


テーマ:
膿皮症は、ブドウ球菌や大腸菌、連鎖球菌などの常在細菌が、皮膚で異常繁殖を起こす事で、炎症や化膿などの病変を引き起こす感染性の皮膚炎です。

もともと健康な犬の皮膚には、数多くの常在細菌が存在していますが、微生物に対する保護作用(皮膚の自己浄化作用)によって、それらの常在細菌が異常繁殖を起こす事はありません。

しかし、アレルギー体質、シャンプーのやりすぎ、皮膚の乾燥、栄養不足、免疫力の低下、ホルモン分泌異常などが原因となって、皮膚のバリア機能が著しく低下すると、それらの常在細菌が異常繁殖を起こしやすくなります。

春から夏の間など、季節的に発症する場合も多いですが、再発を繰り返して皮膚が弱くなると慢性化する場合もあります。

犬の膿皮症対策に、光触媒ミスト
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。