今日の今日まで知らなかったんですが、一昨年と昨年、AVSAB(American Veterinary Society of Animal Behavior :アメリカ獣医動物行動学会?)と、APDT(Association of Pet Dog Trainers :ペットドッグトレーナー協会)が、「ドッグトレーニングにおいてDominance(支配性理論=いわゆるリーダー論)を用いること」について、声明を出してました。

ソースはこちら。
http://www.avsabonline.org/avsabonline/images/stories/current_newsletters/2009_Newsletters/december%202009.pdf
(PDF注意 5ページ目のPress Releases)

↑の大元のAPDTの声明が↓

http://www.apdt.com/about/ps/
(ページ内の「Dominance and Dog Training」をクリック)


頑張って訳してみましたよー。
声明の内容は、大体以下のような感じ(内容があってるかどうかは、↑のソースで確認してください)。

・「イヌの支配性理論」は、時代遅れのオオカミの理論に基づいている
・一般に考えられているのとは逆に、アルファオオカミは他の群れのオオカミを支配していない
・むしろ、オオカミの群れは、生存のために互いに依存しあい、支えあっている
・イヌはオオカミじゃない
・オオカミとイヌとでは、類似した行動はたくさんあるが、多くの違いもある
・「優位性」とは2個体以上の動物が存在するときの関係性を記述したものであり、
 気質や性格特性ではない

・イヌが我々を支配しようとするといった考えを支持するような方法を用いるべきではない
・そのような方法は、多くの誤解に満ちた対立的な関係を作るのに役立つだけだ
・最新のドッグトレーニングや行動修正に、イヌとオオカミの誤解に基づく「アルファロール」のような
 方法の居場所はない

・むしろ問題行動を増やしたり、イヌと飼い主の関係を壊すかもしれない
・身体的、あるいは精神的な脅迫は、効果的なトレーニングを阻害し、イヌとヒトとの関係を傷つける
・イヌとヒトが対立する関係を作るような方法は時代遅れだ
・APDTは、最新の科学的根拠に基づいた、紳士的で、楽しい方法をトレーナーに
 教育することに賛同する



これはなかなか強い主張に読めました。

僕が「面白い」と思ったのは、「優位性とは関係性を記述したものであり、性格特性ではない」という部分。
これは、「なるほど」という感じ。
あくまで「AとBという2個体を見比べたときに、Aの方がBよりも優位であった」という意味であって、「Aは優位性(≒支配性)の強い個体」ということではないわけです。
すなわち、「これこれの問題を起こすイヌは、優位性(支配性)が強い」みたいな考え方は、誤りであると。
確かにそりゃそうだわなって感じ。
やっぱり行動ってのは、「インタラクション」なわけですよね。
あとは、「イヌはオオカミじゃない」も、当たり前田のクラッカー(古)。

で、思ったのはこうした声明を「わざわざ出さなくてはなくてはならない」と、APDTやAVSABが判断するほど「Dominance(支配性)理論=いわゆるリーダー論」には、問題があるということ。
「イヌとヒトが対立する関係を作るような方法は時代遅れ(Techniques that create a confrontational relationship between dogs and humans are outdated.)」ってのがありますが、すなわちこれは「Dominance(支配性)理論は、イヌとヒトを対立させるような考えだ」ということですね。
そして、そうした考えや、そうした考えに基づいた方法は、「問題行動を増やしたり、イヌとヒトの関係を壊すかもしれない」と。
実際、僕自身そのような事例は山ほど見てきましたし、今後もあるかもしれません。

こういう風に声明を出せる機関があるってのが、いいよね、アメリカは。
日本はないもの(僕が知らんだけで、あるのかもしれないけど)。
だからまあ、こうして個人のページでえんやこらと批判を続けるしかないんですけど。

ああ、誤解する方がいらっしゃるかもしれないんで、念のために書いておきます。
僕は「僕のやり方が正しいんだー」ということを主張するために、リーダー論を批判しているわけではありません。
リーダー論によって苦しみ、問題がより深刻になる飼い主さんが、多くいらっしゃるわけです。
だから、批判するわけです。
このAPDT、AVSABの声明も、同じだと思います。

すべてのドッグトレーナーは、そろそろ一度きちんと立ち止まって考えてみるべきでしょう。
「Dominance(支配性)理論」を信じるのか、信じないのか。
何に基づいてトレーニングをやるのか。
誰のため、なんのための「トレーナー」なのか。



お知らせ

「かいぬし塾 in 東京」
9月17日に、東京渋谷でセミナーです。
「科学的な根拠のある方法」のお話だったりしますです。
詳しくは↓で。

かいぬし塾


AD