週末にクリスマスパーティーを計画しているのだが、どうにも財布が心許ない。

当然ながら、清掃の勤務を辞めたので、先月までの毎月5日の給与振込は無い。これにパチスロの負けが追い打ち。このままではクリスマスパーティーどころか何1つ用意出来ずに赤っ恥となってしまう。

クリスマスケーキの予約受付は大概が終了しているが、直接行けばまだ大丈夫だろうと勝手に思い込み、とりあえずクリスマスケーキ代金を確保したい。

場所は神保町の老舗ホール。6枚交換。6枚なので出たらタバコに交換する。まずはパルサー。4000円でダメ。小役は出るが当たらなければ話にならない。続いてクイーンオアシス。これが3000円で当たり。続けざまにバケ、ビッグと繋いで594枚獲得。何とか1万円分を確保し、ホールを後にする。3000円のプラス。

3000円ではホールケーキの代金にはちょっと足らない。どうせなら安物は嫌だからね…。という訳で、帰って地元のマイホ(47枚貸出→52,7枚交換。)。良さげなクランキーセレブレーション。47枚以内で中段チェリー。興奮するもバケ。したらば持ち玉で外枠点灯(チェリースイカ否定で激アツ。)、チェリー……出ない。スイカ……ズレた!右下がりにコンドル・赤7……『これってゲチェナ狙って良いんですよね!』ズドンと素直にゲチェナが降臨。

さぁ!楽しいフラグ判別のお時間ですよ!1枚賭け(クラセレは1・2枚賭けでは中段と斜めラインの3ラインが有効。)でまずはコンドル狙い。アレッ?中リール上段に停止。無効ラインにコンドル…この時点でコンドル絡みのフラグが否定されるということは!バケ(バケはコンドル・コンドル・赤7または青7)も否定、則ちビッグ確定!とりあえず無効ラインの上段にコンドルを揃えて主任のAに自慢する。次に青7を狙うと蹴ってベル。14枚得した!赤7を確信して狙う。中段にテンパイすると『ブカッ、タカタカタカタカ…』ユニバーサルお馴染みのセンチュリー21テンパイ音が炸裂!イイね!凄くイイね!赤ビッグ獲得!

ベルで得したおかげで320枚(クラセレの最大獲得枚数は少なめの250枚。但しビッグ確率は設定1でも200分の1を上回る。)獲得。交換6000円で5000円のプラス!合わせて8000円のプラスを確保!ヤッタ!目標達成!

明日はパティスリーの名店行きが確定したのでした。予約まだ出来るかな?締切は18日(日)だった様な……。アラッ?さてどうなる!?

その後…………。2日間で1万500円のプラス上乗せに成功したものの……ケーキ選びに右往左往するバカが1人……。冬至の季節なのに大汗まみれで東奔西走。資金面では全く問題ないが、クリスマスパーティーの準備としては全く余裕無しである。やっぱりこういうものはしっかり予約するに限るのである。
AD

散々書いてきたはずの紅茶ブログですが、今年はある事情に自分自身の疲れなんぞも重なり、11カ月振りの更新となってしまいました。

ここ8年、愛用しているマリアージュフレールのリーフティーの中でも、毎年入荷の度に必ず購入している大好きな銘柄で、安定した品質を信頼している紅茶、ゴールドヒマラヤ2016です。

インドダージリンに極めて似た味わいの紅茶ですが、茶葉製品のサイズが倍以上あるネパール王国、ジュンチヤバリ農園の紅茶です。ですから、ダージリンではなく、ネパールにカテゴライズされます。

他の紅茶専門店でもジュンチヤバリ農園の商品の取り扱いはあるのですが、ここまで安定した最上級の品質を継続して確保している銘柄はマリアージュフレールにしかありません。

ゆえに価格も非常に高価です。税抜き100グラム12100円、税込み13068円です。毎年購入しているとは言え、最低購入単位の50グラムしか買えませんし、それでも6534円……。何とかやり繰りしてやっと購入しています。

例年、入荷は7~8月で夏摘み入荷の時期には入荷するのですが、今年は遅かったどころではなく、諦めかけていた11月に入ってやっとの入荷でした。

土曜、日曜とアートステーションのみんなに振る舞いつつテイスティング。今年は品質も良く、6分浸出で理想的な紅茶を淹れることが出来ました。

今年は在庫が極めて少なく、銀座本店でも売り切れかも知れません。ダメもとで聞いてみては如何でしょうか。
AD

怒ってもキリがない

テーマ:
NHK受信料は引っ越して以来、一切支払っていない。

放送法がふざけた法律で時代遅れの法律であることも確かだが、何よりNHKがふざけ切っている。それに、月1250円のサービスを受けているとは認識出来ない。それが支払わない理由である。

勿論半国営放送としての抗議の意味合いもある。緊張感の無い放送を垂れ流していることも酷いし、職員の綱紀粛正は一切為されていない。

クレーム対応はふれあいセンターに押し付けっ放しで改善無し。受信料回収はバイト任せで職員は反省無し。これでは何時まで経っても改善は期待出来ない。

挙げ句の果てに決定的な事件が発生した。東京本局アナウンス局所属の元現役アナウンサー、塚本堅一が危険ドラッグ製造所持で逮捕された事件が1月に発生(塚本は有罪罰金刑になり、翌月懲戒免職処分にされた。)したのだ。危険ドラッグ中毒者が本局の現役アナウンサーをしていた唖然とする事実……これでは一切言い訳は利かないではないか。

こんな腐り切った組織に何で強制的にスポンサードしなければならない?もちろんそんな義務は一切無い。お断りする権利は十分過ぎる程にある。給食代金を支払わないのとは訳が違う。放送サービス自体が存在していないのと同然である。

5年分の受信料(受信料回収は5年が時効。)を解決したいとバイトが家に2度来たが門前払いである。こちらとしては存在していない受信料はどう脅されても支払う訳にはいかない。仮に裁判所に告訴されても絶対に支払うつもりは無い。

取りっぱぐれた受信料は、原因を作った塚本堅一さんに請求したら如何ですか?と、言ってお帰り頂いた。

渋谷放送本局の建て替え?冗談じゃない。その前にNHK組織自体の解体だ。視聴者を舐めきった発言を繰り返している石原進NHK経営委員長さん。国民を舐めるのもいい加減にすることだな。馬鹿野郎が。
AD