テーマ:

こんにちは。

ドギーズ神戸の定森です。

定森彩子

 

 

梅雨に入りましたが、快晴が続き暑い日が続いています晴れ

これからどんどん気温も上がり、本格的な夏もやってきますね。

 

これからの季節、注意しなければいけないのが

ワンちゃんの熱中症です!

 

ワンちゃんの熱中症は、蒸し暑い室内や車内での留守番、暑さが厳しいなかでの

散歩やお出かけなどが原因で発生します。

 

急激な体温の上昇により、あえぎ呼吸(パンティング)、よだれ(流涎)といった症状が現れ

ひどい場合には呼吸困難や吐血、血便などを起こし、ときに命に関わることもあります。

そうならないために、飼い主さんが十分、注意してあげましょう。

 

【熱中症を引き起こすおもな原因】

・蒸し暑い日に車内で留守番させる

日差しの強い駐車場で、エアコンをつけずに停車した車内は、熱がこもりたった数分で

温度が急上昇します。

また、エアコンの代わりに窓を少し開けたとしても、安心はできません。

車内でワンちゃんだけのお留守番はやめましょう。

 

・閉め切った室内で留守番させる

エアコンをつけていない室内での留守番も、熱中症の原因となります。

閉め切った室内では、想像以上に室温が高くなります。

カーテンをせず直射日光が室内に入り込む状態や、ケージの中などに入れ

ワンちゃんが自分で涼しい場所に移動できない状態での留守番は危険です。

 

・蒸し暑い日に、屋外で過ごす

直射日光のあたる屋外で過ごす場合も、熱中症の原因となります。

日陰のないコンクリートの上など、照り返し(放射熱)の強い場所は特に危険です。

 

・蒸し暑い日や時間帯に散歩に連れ出す

蒸し暑い日中のお散歩も、熱中症の原因となります。真夏のアスファルトの上は50℃近くに達します。

地面近くを歩くワンちゃんは照り返しによる放射熱を受けやすく、一緒に歩く人間の想像以上に暑さの影響を受けます。

また、高温のアスファルトやマンホールの上を歩けば、足の裏(肉球)がやけどするという別の危険性もあります。

 

 

もし、ワンちゃんに熱中症のような症状が見られる場合は、体全体に冷水をかけるなどして、急いで体温を下げることが重要です。一刻も早く体を冷やし、水分補給することが大切です。そして、なるべく早く病院に連れて行き、獣医師の診察を受けましょう。

体温を下げて症状が落ち着いたからといっても、油断は禁物です。

見た目は平常に戻っていても、体内の循環器や臓器がダメージを受けている可能性があります。必ず動物病院で診察を受けるようにしましょう。

 

 

いろいろ注意しなければいけないことが多いですが、今年の夏も

ワンちゃんと楽しく過ごすためにも、飼い主さんがワンちゃんを

熱中症から守ってあげてくださいねやしの木ひまわり

 

 

 

☆ドギーズ神戸のインスタグラムアカウントをフォローしよう!☆
 
☆ドギーズ神戸Facebook☆
https://www.facebook.com/doggieskobe

ドギーズ神戸【神戸市役所(三宮)東側】
http://doggies.jp/
078-231-8777
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

ドギーズ神戸スタッフさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。