Meta☆。lic2ch

─V▽Vー
   八   
  ||    
 ┝|   
  ||     
   V  
  

ダウン三日月流れ星星空新月星空うお座船波富士山晴れアップくもり雨雨雨雨雨雷

おやしらず ソフトクリーム クリスマスツリーオレンジリンゴぶどう雪雪雪雪雪ペンギン雪の結晶

人気ブログランキングへ


インターネット社会の問題に心理面からアプローチ馬独自の実体験を基に視野を大きく幅広げ共通の認識を抽出


¥쥸¥¹¥¿¡¼¥ɥȥ졼¥ÉThe true Akashi Takoyaki Association (略称; TATA)の一員として世界に向け正々堂々コミュニケーションすると同時に「¥³¥ԡ¼¥饤¥È真の明石(玉子)焼認定協会」に賛同しています将棋

スローガンロボット

ロボット ブログランキングへ


「自衛権 権利書つくって 株にする」         1.00%TTP


「はしるなよ  スマートフォンを もったまま」    青壮年健康推進協議会

「細胞の ひとつでこの世 わたりけり」        青少年悪書追放審議会

「蝉週間 小刻み睡眠  よく育つ」           乳幼児添い寝振興会

「海岸で 脳内温度  測ります」          那智勝浦温泉健康保険組合

「死に急ぐ 君の命は 尊いものを」          青少年愛護協議会

「ノーベルで 無免許やめて 事故のもと」    寝孫幡寺老人平和賞審議会

「たこやきの たこをおくちで もてあそふ」    ちいさいあき みぃ~つけた

「メロカップ 小さな虫に まねぶこと」         清掃寝んマナー検討委員会

「メロカップ 頭突っ込む デパ上で」        屋上遊園保安協会

「メロカップ 買わず飛び込む 蜜の味」       まつこエレガント

解説)近所とは塀で見えない関係だが庭のプールから大きな音がした。
さぞかし痛い隣の不幸。メロカップは休憩を表す1種の枕詞のような感覚
で高級住宅街の歌人はよく用いたといわれている。コーヒーフレッシュの
容器製作会社の名前から由来した派生語である。



人気ブログランキングへ


「iPad 薄くなったよ Airタッチ」             アップルぷる


「列成して 車が走る 虹の橋」            明石海峡冬景色


「海鳴りも 聞こえぬ風に 枯葉かな」        夜霧のタクシー


人気ブログランキングへ


「クリスマス スマホいぢって 首済ます」      クリスマさー


「クリスマサー マナーモードで ホッカイロ」    レッツ湯たんぽレット


「名刺うけ 何の得にも なるのかと」         夏目 諭吉


人気ブログランキングへ


「ススキノで 184184 前すきは」         AKBはこぼれS-PR隊HKT


「啄木鳥の 威勢で椎茸 インプラン」        まったけ屋


「節分に エリンギ買って 恵方巻」          あなきゅう


「ファミレスの レジ横にある 金平糖」        角砂糖


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

テーマ:
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログ 廃棄物・リサイクルへ
にほんブログ村

1950年代後半に登場した「女性週刊誌」。
芸能やゴシップ、美容、健康など、女性が好むテーマを幅広く扱う、日本国外には類を見ない雑誌だという。
その歴史は、テレビ放送よりも数年短いものの、60年近くにも及ぶ。


「健康モノ、ご長寿モノなどのテーマは、年配層に安定して人気があり、40代くらいの女性が、一緒に住むお母さんなどのために買っていくケースもあるようです。場合によっては、おばあちゃんとお母さん、子どもの3世代で、それぞれ好きなタレントの記事を読むなんてこともあるようですよ」

今は「友達親子」のような距離の近い親子関係も多く、気持ちの若い女性が増えているだけに、2世代、3世代で、女性週刊誌を見ながら「誰が好みのタイプ?」なんて女子トークを繰り広げることもあるのだろうか。

「おばちゃん雑誌」と思っていた女性週刊誌だが、実は若い人も男性も、おばあちゃんも読んでいる、日本ならではの存在のようです。
(ExciteBitコネタ山田山子)


ウェアラブルデバイス ブログランキングへ

そんな女性週刊誌は、自分たちが子どもの頃には、近所のパーマ屋さんや銀行などで、おばちゃんたちが読んでいるイメージがあった。
その頃は、「自分もおばちゃんになったら、こういう雑誌を読むんだろうか。いや、読まないだろうな」なんて思っていた。
でも、実際に自分がおばちゃんになってみると、同年代に女性週刊誌を買って読んでいる人は正直、ほとんどいない。
にもかかわらず、次々に雑誌が休刊・廃刊になる出版不況のなか、女性週刊誌の話題はたびたび世間を賑わせている。
もちろんネット記事などで読む層も少なからずいるだろうけれど、そればかりじゃない。いったいどんな層が女性週刊誌を読んでいるのだろうか。
雑誌によっては、読者が雑誌と一緒にトシをとっていくスタイルのものもけっこうあるけれど、女性週刊誌ももしかして私たちが子どもの頃に読んでいた主婦層が、そのまま読み続けて、60~70代とかがメインターゲットになっていたりする?
女性週刊誌編集者に聞いてみた。

「アンケートなどから見える『読者層』は、メインが40代後半です。とはいえ、実は意外なくらい年齢層が広く、20代から70~80代までなんですよ」
意外にも(失礼!?)若い新規読者を獲得できているそうだけど、若い人は何をきっかけに読むのだろうか。
「たとえば、EXILEとか、ジャニーズとか、イケメン俳優などの記事ですね。また、K-POP人気によるところも大きいです」
若い読者層は、表紙や巻頭記事などにお気に入りのアーティスト・俳優などが出ていることで購入するケースが多いようだ。

また、ゴシップをチェックするために購入する男性もいるらしい。もちろん長年読み続けている高齢者もいる。

      ◇    ◇    ◇


「文春vs新潮」の連載30回目:週刊新潮と週刊文春には筆者の興味を引く記事がほとんどなかったので、約4年前に半年にわたって両誌を毎週読んできた感想などを述べてみようと思う。


[文春] まず、文春について。おそらく想定している読者層が40代以上なのか、健康ネタや金融ネタ、政治ネタなど中高年向けの記事が多い。筆者は20代から文春を読んでいるが、いまや20代で文春を読んでいる人はマスコミ関係者に限られるのでは?と思ってしまうくらいオヤジ週刊誌化が進んでいるのではないか。


 しかし芸能に限らず、政治や経済、そして宗教などのスキャンダルに対する取材力は、当時発売されていた週刊誌のなかで最強だったとも思う。新聞系の「週刊朝日」や「サンデー毎日」などのほうが新聞の取材機能を活用できるので取材力がありそうなものだが、そんなことはない。


 世の中のドロドロとした部分や不可視の部分を取材するのに、エリート記者のみなさんは向いていないということか。さらに「週刊現代」や「週刊ポスト」など、出版社系の週刊誌のつくりが雑になり読者がどんどん離れていく中、文春は一定の読者を惹きつけるだけの取材力と構成力を維持しているといえる。

なにより、連載陣が強力だ。小林信彦、池上彰、伊集院静、椎名誠、中村うさぎ、近田春夫、町山智浩……。


あくまでも筆者の基準で申し訳ないが、「この人が連載しているなら買いたいな」と

思うような執筆者が何人もいる。あと、他誌よりもグラビアが圧倒的におもしろい。好みの芸能人が登場する回の「原色美女図鑑」も楽しみの1つだった。



[新潮] 記事を読んでいる範囲で言うと、新潮の読者層は文春よりも高いと思われる。おそらく50代以上がターゲットなのでは。特集記事も高齢者が好んで読みそうなネタが多い。これから訪れる高齢化社会を考えれば、高齢者を想定読者にすることにも意味があるのかもしれない。だが、これからの社会を築くのは若者なのである。


 新聞記事やテレビのニュースと異なり、週刊誌は長いスパンで取材をすることができる。時間をかけて取材をすれば、話題になったり注目された事件や事故などの真相をより深くえぐることが可能となる。せっかく取材をした記事なのだから、それを高齢者だけでなく若者にも読んでもらえればと思うが、新潮にはその姿勢が感じられない。


 新潮は、しばしば特集記事などにおいて、記事という言葉を使わず「読み物」という言葉を使う。筆者はその「読み物」という言い方に、出版系雑誌の意地を感じる。大新聞でもなく大出版社でもない、新潮社という会社がこの雑誌を出しているんだ、ということであろうか。


 連載陣は、文春と比較するとグダグダであるように思う。渡辺淳一、櫻井よしこ、青木功、野口武彦、高山正之……。


 この連載陣を見ると、高齢の読者を対象にしていることがよくわかる。最近は、川上未映子、西原理恵子、なちゅなど若者向けの作家・タレントを起用しているが、新潮には彼女たちの居場所はないという場違いなイメージを持たざるをえない。


 無理してるなぁ、新潮。



[その他] 四半世紀前にはタカ派で通っていたらしい両誌。


 右翼だ左翼だという思想状況が盛りあがっていたころには、それなりの固定読者がついたことであろう。しかし、そういった明確な思想の対立がなくなるにつれ、両誌の論調もいつのまにか左右の真ん中、すなわち中道になっていったように思う。


 とくに文春の変わり方がはげしく、当時から右だろうが左だろうがネタになれば書くというどん欲な姿勢が強く感じられた。

 他方、新潮は右路線のはしっこを走ってきたようだ。

連載陣を見てもわかるが、記事の内容も保守的なものが目立つ。


 こうした路線の違いは読者の購買意欲に直結していることから、それが両誌の発行部数の違いになってあらわれているのだと思う。


 最後に、両誌の発行部数を取り上げておく。


少し古いデータになるが、日本雑誌協会の算定(期間は2010年10月1日~2011年9月30日)によると、週刊文春が706,388部で週刊新潮が591,718部。コミック誌を除けば、週刊文春は日本でもっとも売れている週刊誌なのであった。


 とにかく、筆者としては両誌にオヤジ週刊誌からの脱却を図ってほしいところである。

「オヤジ相手に商売をして、何が悪い」と開き直られるかもしれない。

たしかにそうなのだが、週刊誌という媒体は社会への入り口としては絶好のものであることを考えると、やはり若者にも手に取ってもらいたいし、手に取るような努力を両誌にしてもらいたい。


 さいごに両誌の目次を掲載しておく。あとは、近田春夫さんの「考えるヒット」でチャットモンチーが高評価であったことが印象に残る。


 では、また来週!(「谷川茂;ガジェット通信」の過去記事から抜粋させていただきました。)


週刊文春 2014年 5/1号 [雑誌]/著者不明
¥400
Amazon.co.jp

文藝春秋 2014年 05月号 [雑誌]/著者不明
¥880
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この春よそおい・・


‘コーラル’を身にまといましょう!



ウェアラブルデバイス ブログランキングへ

印象を良くする方法には、やはり「コミュニケーション能力」

 できる人、結果を出す人はコミュニケーション能力が高いと言い切ることができます。

では「コミュニケーション能力」とは何でしょうか。私なりに2つ分解して紹介していきたいと思います。

● 言語コミュニケーション

● 非言語コミュニケーション

要するに、「喋り」と「喋り以外」に分解できる、ということです。「コミュニケーション能力」を「喋り方」「話し方」だけでとらえず、口下手をマジメに克服・直す方法に書いたように、「言語/非言語」で分解することで、「コミュニケーション」で悩むことが格段と少なくなっていきます。

「マイオーラ」で印象を良くする

「コミュニケーション能力」をアップするうえで重要なのは、その人が醸し出す「印象」「空気感」です。同じことを言っているのにもかかわらず、Aさんが言うと誰もが「イエス」と反応するのに、Bさんが言うと多くの人が「ノー」となってしまう。こういうことってありますよね。

 人が醸し出している「雰囲気」「印象」「個性」「キャラ」をまとめて「マイオーラ」と呼びます。「オーラ」と言うと、霊的エネルギーを想像する人が多く、身近な感じがしません。そこで、誰もが日ごろから意識できるよう、自分自身が醸し出している空気感を「マイオーラ」と名付けました。俗っぽい言葉で表現すると、「らしさ」です。

「いかにも、アイツらしいな」

「あそこで、ああいうこと言うなんて、彼女らしいよ」

 周囲からこのようなリアクションが来るということは「マイオーラ」が強いということになります。「マイオーラ」は、「第1印象」のような表面的なもののみならず、しばらく付き合ってはじめてわかるものも含まれます。ですから、表面的な「印象」を良くしようとしても、「マイオーラ」をごまかすことはできません。「らしさ」という言葉には、その人とかかわった歴史も反映しているからです。

 口下手な人、話すのが苦手な人は「マイオーラ」の状態を良くすることで「コミュニケーション能力」をアップできます。トップセールスたちは決して「喋り」が上手な人ばかりではありません。ただ「マイオーラ」の状態がすごく良いのです。

「マイオーラ」の状態を良くするためには、2つのことを意識すべきです。

●「プラスの行動」を増やす

●「マイナスの発言」を減らす

印象を良くするために「喋り方」「話し方」「伝え方」「聞き方」等に多くの人が関心を寄せることでしょう。しかし、そう簡単に「言語コミュニケーション」は上達するものではありません。何年もの間、コミュニケーションの研修をしてきて私が出した答えです。才能も素質もありますから、訓練しても、できないものはできないのです。

 しかし、話し方は変えられなくとも、行動は変えられます。つまり日常における行動習慣は、時間さえかければできるようになります。まさに「日ごろの行い」は、その人が醸し出す雰囲気「マイオーラ」を正しく形成させてくれると言えます。たとえ口下手であろうが、人前だと緊張して何も言えなくなってしまう人であろうが、「あたりまえ」のことをあたりまえにやっている人。やり続けている人。結果を出そうと工夫し続けている人は、「マイオーラ」の状態が良くなっていきます。

 人前ではオドオドしていても、自分をうまく着飾ることができなくとも、毎朝はやく出勤する。帰宅前にデスク周りを整理整頓する。大きな声ではなくとも、誰にでも挨拶をする。仕事の期限を守る。言われたこと、自分で決めたことを先送りせずにやる。正しく上司に報告をする。わからないことは相談する……。こういった、誰もが「やろうと思えばできることなのに、なかなかできないこと」を淡々とこなしている事実、その歴史が「マイオーラ」の状態を良くしていきます。

これが「プラスの行動を増やす」ということです。

「マイナスの発言を減らす」というのは、愚痴や不満などを含むネガティブ発言はもちろんのこと、自分を良く見せようとする言葉も控えるということです。要するに「アピール」です。「私ばっかりやらされてる」といった愚痴、不平不満。噂話、批判、それに「誰もやろうとしないので、私が片付けておきました」といったアピールなど、マイナス印象を与えるような言動はなるべく減らしていくのです。

 もちろん、プラスの行動習慣をすべて身に着ける。マイナスになる発言・物言いを完全にやめる、ということは難しいでしょう。しかし、口下手な人、「喋らないといい人」と言われている人は、敢えて「話さないコミュニケーション」を選択してはいかがかと思います。周りに誤解されている気がするから、誤解されないようにしたい。だからついつい要らないことを喋ってしまう、という人がいます。残念ながら「マイオーラ」の状態を悪くするだけです。

 そうではなく「プラスの行動を増やし、マイナスの発言を減らす」ことで「マイオーラ」の状態を良くしていくのです。

口下手な人ほど「マイオーラ」をメンテナンスすべき

 人の「印象」というのは、自分自身の力で表面的なものを良く見えるようにする、という方法はあります。しかし不器用な人には向きません。うまくアピールできないのです。それよりも、

「彼女は本当に仕事がスピーディだ」

「いつも彼だけだよ、期限どおりにやることをやっているのは」

と、他人の口から自分の「印象」をアピールしてもらうことのほうが、はるかに信頼性が高く、説得力があります。伝え聞いた人は、あなたを見る目を変えます。

「言われてみれば、確かにしっかりしている」

「凄いね。なかなかできることじゃない」

と、あなたのいないところで噂してくれることでしょう。そのことを直接あなたが耳にしても、しなくても関係ありません。

「どんなにやっても、まるで評価してくれない。私を認めてくれない。だからこっちから言わないと、全然私のことを理解してもらえない」

と受け止めていて、たとえそれが事実だとしても、喋りで自分をアピールしてはいけません。アピールするなら行動でしましょう。周囲に認められていないと自分で感ずるなら、まだ行動が足りないということかもしれません。正しい行動をした期間が短すぎるのかもしれません。

「プラスの行動を増やし、マイナスの発言を減らす」

完璧にはできなくとも、たまに自分だけの「マイオーラ」を意識し、状態を良好に保つようメンテナンスしていくことが大切だと思います。

リワーク ブログランキングへ


横山 信弘 経営コンサルタント

現場に入り、目標を絶対達成させるコンサルタント。「絶対達成する部下の育て方」「絶対達成マインドのつくり方」「営業目標を絶対達成する」など、「絶対達成」シリーズの著者。年間100回以上の講演、セミナーをこなす。ロジカルな技術、メソッドを激しく情熱的に伝えるセミナーパフォーマンスが最大の売り。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 政府は、病院の「丸ごとIT化」に乗り出す。

 検査や診察で得られるデータをロボット手術に生かしたり、患者の

位置情報を待ち時間の解消に役立てたりする情報システムの実用化を

図る。治療の安全性や患者の利便性を高める狙いで、開発された

システムは将来、アジアや中東へも輸出したい考えだ。

 健康・医療戦略推進本部に作業部会を設置。患者情報をどのように

コンピューターに集めるかなど、システムの共通ルールを話し合い、

6月に改定する成長戦略に盛り込む。

 国内の病院では、医師が操作する手術支援ロボットの導入が広がって

いることから、作業部会では、検査機器で測った患者のデータをロボットが

自動的に入手し、それを活用して手術を行う仕組みを議論する。自動化で

精密な手術が可能となり、医師は安全管理に集中できると期待される。


読売新聞

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
社畜のススメ (新潮新書)/新潮社
¥714
Amazon.co.jp

 いよいよ4月ということで、新社会人になる方々の心の中は「緊張」「不安」「期待」がないまぜになっているかと思います。
 入社した会社でどのように働いていくかは、それぞれ時間をかけて学んでいくこと。しかし、ただ1つ「会社に利用されるのではなく、会社を利用する」という視点は覚えておくべきです。

 この意見を主張するのは『仮面社畜のススメ』(徳間書店/刊)の著者で実業家の小玉歩さん。では、「会社を利用する働き方」とはどのようなものなのでしょうか?


■従順と見せかけて、実は会社に染まらない
「会社に利用される働き方」とは、いうまでもなく会社に好きなようにこき使われ、こちらは黙って従うしかないという、「社畜」としての働き方です。会社に貴重な時間と体力と健康を奪われ、こちらが得るものは大した額でもない給料とわずかばかりの経験だけ、という事態は絶対に避けるべき。
 そのためには、会社に染まりきらないことが大事になります。ただ、これは会社や上司・先輩に反抗しろということではなく、「従順に見せておいて、実は会社という組織に完全には浸らない」というスタンス。これが「会社を利用する働き方」の大前提です。

■同僚とツルむと創造性がなくなる

 入社したばかりで不安な時期ですから、同期入社組と交流して少しでも親しくなっておきたい気持ちはわかります。もちろん、親しくなるぶんにはいいのでしょうが、仕事が終わってからも一緒に過ごしたり、休日まで一緒に遊んだりするのはやりすぎです。
 会社が利益を上げるために協力しあう、というのが本来の社員同士の関係です。
でも、仲良しグループはその目的の邪魔になるだけですし、1度そのグループに入ってしまうと抜け出すのは大変。
 たとえ「付き合いの悪い奴」と思われても、孤独に自分を磨く努力をするほうが後々役立つことは多いはずです。

■怒られたからといって反射的に謝るな
 右も左もわからない新人時代は、上司から怒られたり注意されたりすると、本当に自分が悪かったのかどうかを考える前に反射的に謝ってしまいがちです。
 しかし、これは考えもの。もし理不尽な理由で怒られたのなら、反論はすべきです。
 理不尽だと感じても反論できないのは「相手の言い分はズレてるけど、自分は大した仕事をしてないからしょうがないな」と考えてしまうから。つまり、「自分には反論する資格がない」という思考になっているわけで、こういう人がこの先どんな使われ方をするかは、もうわかりますよね?

■会社に於いて個人レベルでは結果を出すことが求められる

 自分の仕事をしっかりこなして、成果を出しているという自覚があれば、理不尽な物言いを黙って見過ごすことはないはず。 いつ、誰に、どんなことを言われても、しっかり言いかえせるだけの実績と成果を残す、というのは新人の時から意識しておくべきです。 

 働いてみるとわかりますが、組織の「同調圧力」は思いのほか強いもの。「最初の3年は丁稚奉公に来たつもりで、どんなことがあっても我慢してやり通そう」などと考えていると、いつの間にか「会社に利用される働き方」=「社畜の働き方」しかできなくなってしまう可能性があります。(新刊JP編集部)
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

人気ブログランキングへ


ウェアラブルデバイス ブログランキングへ


5分咲き桜の木の下にて詠める

もうすぐ七部咲!

~散り始めて満開と言へり~

缶コーヒーのプルタブを引きかけてやめた・・


人気ブログランキングへ  


 平成四半世紀4月1日より消費税が8%に引き上げられ、各社は適正な範囲で商品・サービスの値上げを実施します。ところが、缶飲料を130円に値上げする飲料メーカーには、一部の消費者から「必要以上の値上げをしている」と“便乗値上げ”を指摘する声が出ています。数ある値上げ商品の中で、どうして缶飲料がやり玉に挙げられるのでしょうか。消費者の見方と飲料各社の思惑をみてみましょう。


自販機の缶ジュースが130円に

 4月から始まる消費税増税を受け、昨秋頃から各種の商品・サービスの値上げラッシュが続いています。身近なところでは、吉野家の牛丼(並)が280円から300円に、東京都のタクシー初乗りが710円から730円に、ハガキが50円から52円に、それぞれ値上げされます。
 
 これらの値上げに対しては大きな批判がない一方、不適正な価格転嫁では?として「缶飲料」が一部の消費者らから批判されています。今春、清涼飲料最大手の日本コカ・コーラグループが、自販機で売る350ミリリットル缶を120円から130円に、500ミリリットルペットボトルを150円から160円に値上げすると発表。それに飲料各社が追随すると、ネット上では“便乗値上げ”との声が挙がり、「企業の怠慢」と飲料メーカーを糾弾する意見も散見されました。


人気ブログランキングへ

90年代の缶飲料値上げの「理由」

 なぜ、缶飲料の値上げが批判されるのでしょうか? ネットの声をまとめると、次のようになります。
「缶飲料はもともと100円だったが、消費税導入を機に値上げした。本来103円のところを110円にした理由は、自販機が1円単位の精算ができず、端数を切り上げたから。ならば、消費税5%でも8%でも税込110円で問題ないはず。にもかかわらず、消費税5%時には120円に、今回は130円に引き上げた。これは明らかに不当な値上げである」

 こうした主張からは、ネットユーザーの批判の矛先が、今回の値上げというより、これまでの値上げの経緯に向けられていることが分かります。そこで、消費税が導入された1980年代から現在までの缶飲料の価格の推移を、『コカ・コーラ』を例に振り返ってみたいと思います。

 1983年に100円に設定されたコカ・コーラ。89年の消費税導入時、同商品は価格を据え置き、消費税はメーカーが負担していました。しかし92年、原材料費の高騰などを理由に110円に値上げします。さらに97年の消費税増税時。ここでは一旦価格を据え置きますが、翌年には原材料の価格高騰や増税対策を理由に120円に値上げ。そして今回、130円への値上げを決めました。

 こうしてみると、90年代の2度の値上げは消費税導入・増税直後に実施しているわけではないので、これを「消費税増税に伴う値上げ」とするのはミスリードの感が否めません。より正確さを求めるなら、「缶飲料の価格の見直しを迫られる複数の要因があり、その1つが消費税だった」と捉えるのが適切と言えるでしょう。


人気ブログランキングへ

“便乗値上げ”消費者庁の回答は?

 ちなみに今春の缶飲料の値上げに関し、飲料各社は原材料費の高騰という理由を持ち出していません。例えば日本コカ・コーラグループは、「一部の商品を値上げし、その他の商品の価格を据え置きにすることで、増税分が売り上げ全体に上乗せされるようバランスを取っている」としています。これは飲料各社も同様の見解を示しており、今回の一連の値上げは純粋な増税分の価格転嫁と捉えて問題ないようです。
 
 ただ消費者感情としては、過去の一見“グレー”な値上げがあるだけに、「“また”便乗値上げ? 」と感じてしまうのかもしれません。そこで、今回の件について消費者庁の見解を確認しようとしたところ、「現状、各メーカーの状況を適切に判断できる状態になく、コメントできない」との回答でした。

 どうして適切に判断するのが難しいのか。それは内閣府の資料「消費税の円滑かつ適正な転嫁のために」に、おおよそ次のように記されています。

「商品価格は自由競争のもとで市場条件を反映して決定される。したがって、便乗値上げの判断は、税負担の変化による上昇幅の範囲を超えているかどうか、という点のほか、商品の特性、需給の動向やコストの変動など、種々の要因を総合的に勘案する必要がある」

 つまり、合理的な理由がない値上げは問題視するが、何をもって合理的とするかは判断が非常に難しい、というわけです。

 当然、不当な値上げに関しては政府が厳しく目を光らせているので、消費者が慎重な判断を抜きにして、缶飲料の値上げを“便乗値上げ”と決めつけるのは適切とは言えません。ただ消費者感情として、少し釈然としない部分があるのも事実。メーカーはそれを真摯に受け止め、値上げに際しては、今まで以上に消費者に対して明瞭な説明に務めることが重要なのかもしれません。

(THE PAGE下元 陽/BLOCKBUSTER)


エンターテインメント ブログランキングへ

【きょう歳時記:「笑っていいとも!」最終回】スポニチアネックス

タモリ(68)が司会を務めるフジテレビ系「笑っていいとも!」が31日、最終回を迎えた。

 番組終了2分前のボードが出されると「最後何て叫ぶんですか?」と出演者から聞かれ、さまぁ~ず・三村マサカズも「国民が注目していますよ」と言うと、タモリは「何も考えてない」と答え、「考えてくるよ」と1度は引き返すそぶりも。

 それでも「長い間、32年間ありがとうございました。お世話になりました。また夜もありますので、よろしくお願いします」と言った後、「ありがとうございました。それじゃあ、またあした見てくれるかな?」といつも通りのセリフを発し、全員が「いいとも!」と答えて32年間、8054回目となった最終回が締めくくられた。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

にほんブログ村 バーチャルペット・ペットロボット


「第3回将棋電王戦」第3局は豊島七段の完勝で棋士初勝利、ソフトの勝ち越しを防ぐ

 5人のプロ将棋棋士がコンピュータ将棋ソフトと団体戦で戦う「第3回将棋電王戦」の第3局・豊島将之七段 対 YSSの対局が29日、大阪・あべのハルカスで行われた。

 第3局は、29日16時41分、豊島七段が「将棋電王トーナメント」3位の将棋ソフトYSSに勝利し、プロ棋士待望の勝ち星をあげた。これで全5局の通算成績は、プロ棋士側の1勝2敗となり、ソフトの勝ち越しを防いだ。将棋は、横歩取りの戦型からYSSが激しい展開を誘う形に。それに対して1歩も引かずに応戦した豊島七段は、自然な指し回しでリードを奪うと必勝態勢を築き、YSSの粘りを許さず一気に押し切った。手数は83手で、消費時間は豊島七段が2時間8分、YSSが3時間15分。

終局後の会見で豊島七段は

「プレッシャーがかかっていたので、勝つことができてほっとしています。人間側が1回も勝てていない状況だったので、勝たなければいけないと思っていました」と胸を張り、

YSSの開発者・山下宏氏は

「厳しい戦いになると思っていました。評価値としては1回も(YSS)のプラスにならなかったことが印象的でした。負けてしまって残念でした」と肩を落とした。なお、具体的な数字は明かされなかったが、豊島七段は対局までに1,000局までいかないものの、YSSと3桁台の練習対局をこなし、本番に臨んだという。

 4月12日まで開催される「第3回将棋電王戦」は、「将棋電王トーナメント」上位5つのソフトと、現役のプロ棋士5人による団体戦。持ち時間は人間側、コンピュータ側ともに5時間となる。第2回とのルールの大きな変更点は、「持ち時間が各5時間(チェスクロック方式)」「ソフト側の統一ハード(コンピュータ)の使用」「ソフトの事前提供」の3つ。

 対局におけるソフト側の指し手は、デンソーの子会社であるデンソーウェーブのロボットアーム「電王手くん」が導入されている。

 第4局・森下卓九段 対 ツツカナは、4月5日神奈川県・小田原城で行われる。(マイナビ)



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

今場所について、

「最初の何番かはどこかで力が入っていた」と明かした鶴竜。

3日目に隠岐の海に敗れ、

「そこからは力が抜けて開き直れた。自分の相撲を取ろうと

(いう気持ちに)なれた」と転機を振り返った。

 前夜の就寝は午前1時過ぎで疲労も残るが、会見では

時折表情も緩めるなど緊張感から少し解放された様子。


 千秋楽に合わせて来日した両親の前で優勝できたこと

については「いい親孝行ができた」と語った。師匠の井筒親方

(元関脇・逆鉾)は「横綱になれば、負けたら引退。

それを考えたら不安になる」と愛弟子を思いやった。

 24日夕の審議会で昇進を推薦されれば、26日に開かれる

番付編成会議と理事会で最終的には決定となる。


 大関の鶴竜(28)が千秋楽から一夜明けた24日午前、大阪市内で

記者会見し、「本当に良かった。自然体で集中してやろうと思った。

(これまでの)経験が結果として結びついた」と充実感をにじませた。

【毎日新聞/新井隆一】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

<大人のケンタッキー>がオープン 


人気ブログランキングへ

ディナータイムにビール、注文はタッチパネルで

午後5時からのディナータイムは限定メニューを提供


「五穀味鶏のやわらかコンフィ~ハツと砂肝添え~」など1流シェフと共同開発したメニュー、5種類のパスタ、通常のケンタッキーでは提供していないスイーツのほか、各国のビールを取り揃えました。ケンタッキー初のタッチパネル式オーダー端末もディナータイム限定で各テーブルに用意。くつろぎながら注文できるそうです。

 同じ読売新聞東京本社ビルには、ドリンクメニューのみを扱うカーネルカフェも同日オープンする予定。営業時間は午前8時~午後7時まで(月~金のみ、祝日を除く)です。


 ビールが飲める“大人のケンタッキー・フライド・チキン”が3月17日にオープンします。場所は東京・大手町の読売新聞東京本社ビル。ケンタッキーのお店がオフィス立地のビル内に出店するのは初めてだそうです。営業時間は午前7時から午後10時まで(月~金のみ、祝日を除く)と、同一店舗でモーニングからディナーまで楽しめます。(ねとらぼ)



旅の知識・楽しみ方 ブログランキングへ


聖White Day川柳陸撰;墨田河編


ホワイトデー お洗濯して ホワ糸る      柳川そば


ホワイトデー 胸毛いぢって ホワい取る   ことに押収


ホワイトデー あなたの人生 ホワイトる   ブラック新入社員


お茶飲んで  T-Bagの ホワいとる      飲茶ぶたまん



人気ブログランキングへ

春らしき タンポポ綿毛 ホワイ取る      松子 芭蕉


Why取る 蒲公英さくまで 待ってくれ     ハードボイルド紅茶

 


生活・文化 ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。