3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

確かに私は運が良かったと思います。でも、いろいろな知識を得て、その知識を生かして行動したのも事実。私が獲得した幸せを分かち合いたいと思い、このブログを立ち上げました!みんなで幸せになりましょう!

NEW !
テーマ:

先週のニュースになりますが、アメリカのアマゾンが来年の半ばまでに雇用を10万人増やすと決めたという事です。

 


二年以内に10万人も雇用するなんて、世界的な大企業はやる事が派手すぎます。

 


これも、次期トランプ大統領に配慮した動きなのでしょう。

 


他の自動車メーカーも各社、雇用を増やす事や、海外投資を抑えるという報道がなされていますね。

 


どの様な思惑があるか分かりませんが、アマゾンと言えば、世界を代表するグローバル企業ですし、投資家もその様に考える人が多いかと思います。

 


そんな中での国内投資です。

 


大きな流れが変わろうとしているのかもしれませんので、この先、アメリカの情報は気に留める必要がありますね。

 


日本は、アメリカの属国と言われている国ですので、アメリカの動きは即、日本にも反映されます。

 


なので、TPPを始めとする安倍政権の政策が、今後どの様に展開されてい行くか、気になります。

 


トランプ次期大統領の大きな枠組みとして、ナショナリズム、という事があります。

 


海外から国内へ、という動きですが、本来の国家の役割を考えると当たり前のことだと思います。

 


企業とその投資家、出資者ばかり儲けて、そこで働いている関係者にその報酬が回ってこない、というのはおかしなことです。

 


例えば、アマゾンを例に取ってみたら、日本での販売には、倉庫、輸送、物品管理その他諸々、日本で働く人がいてこそ、そのビジネスが成り立つのですから、適正にその利益が分配されなければいけないと思います。

 


それが、企業の役員やその投資家、出資者にばかり行くのでは不公平感が出ると思います。

 


今回のアメリカ大統領選でも、格差社会が大きな問題となりました。

 


1%対99%、という話ですね。

 


余りにも格差が付き過ぎて、それに対する答えをアメリカ国民が出した形です。

 


日本は、まだまだアメリカの様な格差は付いていません。

 


なのでTPPや、これ以上のグローバル化と言うのは必要ない事だと、私は個人的には思います。

 


アマゾンの雇用問題から随分と飛躍してしまいましたが、グローバル化から国内回帰というのは、悪い動きではないと思います。

 


ただ、アマゾンという会社は特殊ですが。

 


日本でも、これ以上の海外からの労働者を受け入れるのではなく、技術革新や設備投資、公共投資等により、生産性を向上させて、一人当たりの利益がもっと出るような施策を取れば、給料がもっと増える事に成りますので、よいと思うのですね。

 


私たちビジネスパーソンは、もっと社会のためになる様に仕事をし、もっと利益を出して、世の中を明るくしていきたいですね。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。