スイッチバック思考経営塾

スイッチバック思考で、あらゆるノイズを除いて、不安を成果に切り換える。中小企業の戦略参謀として、業務フローの改善点を見つけ、会社の価値を着実に積み上げていきます。成長支援部作りコンサルタント 岩井徹朗


テーマ:

成長支援部作りコンサルタントの岩井徹朗です。


コンサルティングをやっていて一番嬉しいのは、

やはり何と言っても

クライアントさんが実際に行動されて成果につなげる

ことです。


一口に「成果」と言っても、人によって捉え方が違います。

売上を1億円上げないと成果とは感じない人もいます。


その1億円に自分なりの意味づけがあればよいのですが、
中には
「A社は既に5,000万円以上の売上を上げているのに
 ウチはまだ3,000万円にもいっていない」
とか、
「Bさんは設立して1年で年商で1億稼いでいるのに、
 自分は10年経ってもまだ達成できていない」
というように

他者との比較の上で、自分の価値判断の基準を決めている

ことがあります。


これだと、常に判断基準が自分の外にあるので、
いつまで経ってもぶれます。

 

また、自分のやったことを成果として

自分で認めることが難しくなります。


今週、あるクライアントさんが大きな成果を上げられました。

もちろん、売上という点では数万円なので、
「そんなの成果と言えるのか?」
と捉える人もおられるかと思います。

けれども、ここまでに至るプロセスを見てきた我々にとっては
間違いなく大きな一歩を踏み出されたと自信を持って言えます。


今回のキャッシュフロー経営実践講座

そんなクライアントさんにエールを送るべく書きました。
↓ ↓ ↓

コアコンセプトを馴染ませて、3つの壁を乗り越える
 

目の前の壁は会社が新しいステージに踏み出していく

ために必要な課題。

壁は会社が成長を目指す時にだけ出現します。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)