人生を豊かにする本物の医療を目指して。 Dr.SHUTOのブログ 「Wellness&Happiness」

心と体に優しい医療により、縁ある方々が悔いのない健康で幸せな人生を送るきっかけになりますように。


テーマ:
これまでの研究によると、

ヒトの腸内にいる細菌の中に、

水素を発生する腸内細菌がいるらしいのです。

=======================

過去のある論文によれば、

腸内細菌を減少させたマウスでは、腸内と肝臓内の水素濃度が減少したとのこと。

また、人工的に肝炎を発症させたマウスの腸内細菌を減少させると、肝炎も、採決データも悪化したが、腸内細菌を正常化させると、肝炎、血液データも改善した、との報告があります。

また、水素を外から投与すると、採血データや肝炎データが改善したとのことです。


↓この論文。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19523450

========================

つまり、

腸内細菌の中に、水素を発生している菌がいて、

その菌が発生する水素ガスが体内の炎症を鎮静させるものと考えられます。


また、この論文からは、

水素ガスを外から投与しても同じような効果が得られる可能性も示されています。

=========================

水素の効果は、

 ・悪玉活性酸素の除去

 ・抗炎症効果、抗アレルギー効果

 ・ミトコンドリア活性化、代謝の向上、免疫力の向上、バランス調整

 ・抗腫瘍効果

 ・遺伝子修復、調整

などがあります。


==========================

最近診療をしていて、確信しているのですが、

「腸内環境を整える」

ということが非常に大切だと感じています。

そのことは、「腸内細菌が発生する水素」にも関係しているのでしょう。

腸内細菌が発生する水素ガスの量は1日あたり、

数百ml~10リットルにもおよぶと言われています。


これらのことから、

長寿の方は、腸内細菌が発生する水素ガスの量が多い可能性も十分に考えられます。

腸内から持続的に水素(ガス)が出ていれば、それはそれは若々しさを保つはずでしょうね。


===========================

まずは自分で腸内細菌を整えること。

そして、

この論文からもわかるように、

水素水や水素ガスを外から取り込むことも、

健康増進に役立つはずです。




==========================

●ネット配信番組「覚悟の瞬間(とき)」
表参道首藤クリニック 院長である首藤紳介のやりたいことを極めた大人がカッコイイ!覚悟の瞬間の動画ページはこちらです。


☆Dr.シンスケへの取材のご依頼はコチラ





◆水素ガス発生装置のサイト




========================

・私個人の主観的な意見による記事ですので(当然、偏りがあります)、正しいかどうかは各個人の自己責任でお願いいたします。

・メッセージ等による質問はすべてスルーしています(お返事しません)。

・アメンバー申請が何件もきていますが、
申請の際に、メッセージのない方は承認いたしませんのでご了承ください。
簡単な自己紹介と、どういう理由で申請されたかなどを教えていただけるとありがたいです。

お手数ですがよろしくお願いいたします。

Dr.シンスケ

=======================


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Dr.SHUTO@心と体に優しい医療を。さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。