1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2006年10月21日 19時59分29秒

娑婆に戻って

テーマ:トホホ日記

 ここしばらく体調不良でありまして、ブログの更新を休ませていただいておりました。ご心配をおかけしました。


 普通体調不良というと、「過労で」とか「内臓の塩梅が悪くなって」とか原因があって、それに応じた対処の仕方もあるんだと思うのですが、私の場合は原因不明(ま、神経が細やかだからそういったメンタル的な面が何かあったりするかもね!?)。ただし症状は右手の痙攣。握力も変になって携帯もマウスも板書するチョークすら持てないという体たらく。


 口から生まれてきた、といわれている私は、しゃべることさえできれば教壇に立てるし休講して学生に迷惑をかけることも無いわけだが、さすがに学生が気の毒がってくれるし(って、やっぱり100%でない状態で仕事を強行するのは授業料払って講義を聞きに来てくれる学生さんには失礼だわな)、教務からも総務からも「休んでください」とお願いされる始末。


 もちろん車の運転もできないので、通勤は公共交通機関利用でありました(中途採用で有給があまりないし、赴任早々休暇ばかりだとちょっとね・・・涙)。不自由でした。


 しかも、手が麻痺しているのを除けば外見上は普通の「チビデブハゲ」の中年のおっさん。バスの中では誰一人席を譲ってくれない(滝涙)。つり革持つのもしんどかったですねえ。いっそのこと大げさに包帯でも巻こうとも考えたがさすがにそれやっちゃ詐欺というもの。


 ということで、苦節数週間。


 やっと携帯のキーが押せるようになりましたので、リハビリしながら職場にも週明けから本格復帰であります。


 っていうか、復帰第一弾が大阪出張なのよね(学会)。大丈夫かな。


 自宅の引越しも、自分の荷物関係は手付かず。女房子供たちはさっさと自分の荷物を借家から新居に運び込んでいる。「パパのは捨てて良いのと悪いのがあるから触ってないよ」と胸をはられてしまった。明日の日曜日に運び出しをしてしまわないと、25日更新でもう一ヶ月借家の家賃を払わなければならないぞ・・・。新居の住宅ローンも引き落としが始まっているし、明日は様子見ながらお引越し、であります。


 ということで、本調子になるまではブログの更新は滞るでしょうね。読者各位にはホントご心配をおかけしました。


 リハビリ兼ねてケータイからアップ。打つのに2時間だわ(涙)。ではそういうことで。 

AD
いいね!した人  |  コメント(33)  |  リブログ(0)
2006年09月29日 23時55分58秒

じゃ、いっか

テーマ:トホホ日記

 一連の流れでバレバレであるとおもうが、現在JICA(独立行政法人国際協力機構、「国際協力事業団」と言ったほうがわかりやすい場合もある) に出張中である。


 本当に来た証拠に、施設前の表札の写真を接写してみた。

JICA



 現在出張中の身分であって、ネット環境もままならないので今日は手短に。


 JICAといえばやはり「青年海外協力隊」とか「シニア海外ボランティア」といった活動が有名であろう。私は若い頃に前者の募集に応じたことがあった。出来損ないだったから選考に漏れたが、社会人になって以降仕事上(海外の農業用水の関係の仕事に携わった)の関係で少なからず結びつきはあったし、なんのことはない、中学の同級生がここの職員だったりする。ま、今の年齢となっては「シニア」の領域に属することになってしまうが、いずれにせよここの関係の仕事にいまだ興味が絶えることは無い。


 私がなぜJICAを訪問しているのか、詳細を書こうと思ったが書けば書くほどわけがわからなくなるので割愛するが、「英語も満足にできない」私にだって、なんだかんだ言いながら国際貢献が少しはできるのかな、という認識を新たにしているのが現状。


 協力隊に興味のある皆さん!現在18年度募集期間中です。じゃ、いっか?ではそういうことで。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006年09月26日 22時10分18秒

筋肉痛

テーマ:トホホ日記

 普通何かすると当日か翌日に筋肉が痛くなる。それが普通である当たり前である。まさか綱引きの後遺症ではないと思うが、今日は二の腕がとても痛い。


 歳かなあ。確かに、日ごろの運動不足はある。使っていない筋肉は多すぎる。


 百歩譲ってそれが事実として、土曜日に筋肉をいじめた痛みが今日火曜日に出るとは・・・。


 ブログの更新も今日はお休み、身体じゅう痛い、過去エントリーへのコメントも明日に延期。すみません、ではそういうことで。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006年09月21日 22時06分22秒

バッテリー上がり

テーマ:トホホ日記

 自宅で気持ちよく飲んでいたら女房からSOS。友人の家(アパート)の駐車場でバッテリーがあがって動けなくなっている由。


 すぐにレスキューに向かおうにもこちとら気持ちよくなっちなっている。交通安全運動をやっているとかは関係なく、流石に車を運転するわけにはいかない。それでも取り合えず現場に向かった、徒歩で。15分もかかった。


 いや、歩いていったところでどうなるわけでもない。夫婦でおろおろするばかりである。


 私の知人何人かに電話をしたが、私の友人だけのことはあってみな、「気持ちよく」なっている。出動を依頼できない。


 そこで思い出した。JAFの会員であることを。っていうか、こういうときのために入会していた。


 とりあえず本来その駐車場所に車をとめることのできる方が帰ってきたので車を動かさなければならない。渾身の力を振り絞って車を押して、駐車場から脱出、近くの交通量の少ないわき道の通行の邪魔にならないところまで動かした。


 女房のやろう、こんなときに限って、ブレーキを踏みやがる。腰にズシーーンと荷重がかかる。もっとも、「パワステ・パワーブレーキ」の車であるから、エンジンが止まったままではおいそれとは扱えないだろう。しかも私が運転席に座って女房に車を押させようもんならそれこそ何年もブツブツ言われかねない。文句を言わずに黙々と車を押し続けた。


 怪我をして車椅子生活になったときのことを思い出した。やたら道路の起伏が気になる。なにやら微妙に上り坂なのである(涙)。


 いつも快適な生活ができるのではあるが、不自由になってはじめてそのありがたさが判るものである。


 JAFが来た。ブースターケーブルを接続してあっという間にエンジン起動。そのままガソリンスタンドまで走らせて(運転はもちろん女房、私は助手席)バッテリー交換である。


 1万円。


 高い買い物ではあったが、妙なところで夫婦の絆を再認識した、かも知れない。筋肉痛である。ではそういうことで。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006年09月19日 22時03分28秒

クレジットカードが・・・2

テーマ:トホホ日記

 先日の続き。今日は某クレジットカード会社から電話があった。例によって「有効期限」の問題でなにやら不払い関係の問題を起こしているのかと憂鬱になった。


 先方のオペレータの女性の言うことを聞いてみると、どうやらその憂鬱は杞憂である、というかもっと深刻な問題であることがわかった。


 9月13日午前6時30分にカード使用代金174円の請求があったがその件で思う節があるか、というのがその電話の内容であったのだ。


 13日は早朝から東京に出かけ、30年前大学生だったころの思い出の地を訪ね歩いているときである。午前6時は夜行が東京駅に着いた直後で、目的地に向け移動を開始した時間帯である。カードを使った覚えはない。


 その旨申し上げると先方、「やっぱりね」という対応。いや、カードを使ったかどうか、という話以前に「174円」という金額が気になる。そんな金額でカードを使うメリットがあるだろうか、と。しかも外国の会社で決済したらしい。


 インターネット取引であったとしても、12日から13日にかけては夜行列車の中。ネットは使える環境ではなかった。変である。


 先方。「先ずは小額で決済させてみて上手く行ったらその後何万ドルの決済を試みるのが一味の手口。この際だからカードの番号を変更してはいかがでしょうか。」


 確かに言われる通りである。その手口の犯罪があることも報道で知っている。でもここでカード番号を変えると、今通常に決済している例えばYAHOOの会費とかKDDIの利用料の決済に響く。また「決済不可能」で迷惑をかけてもいけない。


 先方。「YAHOOやKDDIでしたらこちら(カード会社)から手続きができます。事故無く変更可能です。」


 なにや!?カード番号の変更をカスタマーが連絡しなくても事故無くできる?ちょっと不気味な予感がしたが、それでも何万ドルもの請求を上げられてからでは遅すぎる。オペレータ嬢の言うがままカード番号変更に同意。


 数日したら新しいカードが届くらしい。その際にまたカード関係の決済不能事故を起こさなければ良いか、とちょっとだけ不安に。ま、なるようにしかならんから良いが。同様の体験をされた方ぜひアドバイスを。ではそういうことで。 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年09月19日 22時00分23秒

9月29日仙台オフ会のご案内

テーマ:トホホ日記

 来る9月29日、東北大学方面に出張いたします。今のところ、仕事自体は19時ごろ終了しその日のうちに東北新幹線で東京に戻る予定ですが、もしご希望があれば仙台で一泊し帰郷を翌日に振り替えることもやぶさかではありません。


 ご希望の方がいらっしゃったらお知らせください。なお、右サイドバーの「タケヤマ」から当方にメールが打てますので、念のため。


 ではそういうことで。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年09月18日 12時46分02秒

「吉ぶー」で「吉牛」

テーマ:トホホ日記

 吉野家で久しぶりに牛丼をいただいた。「吉牛」復活祭。今日は駅前の「吉ぶー(今日販売終了までは吉牛)」の行列に並んだのだ。


 商売柄(?)ファーストフードを愛用しているのだが、このごろは同業の他チェーンの店舗を利用することも多くなって、吉牛といわれていたころのあのたれの味も忘れ果てた。


 2年半前だったか「牛丼屋なのに牛丼を出さないとは何事だ!」と暴れて捕まった人がいたと思うが、当時は加害者に心ならずも同情したが今となってはもう半ば諦め。


 それでも、「限定復活」と聞いてしまうと馬鹿な日本人の典型として、お祭り騒ぎの行列参戦。


 いつもは店構えなどを確認せぬまま速攻で店に入り勢い良く完食し、ニコニコ御代を払い、脱兎のごとく店を後にするのであるが、今日は行列。店の中で席が空くことを待つことはあったが、店舗の外で延々と行列ってこととは初めてだ。良い機会だから、とあちこち観察して、吉野家を再確認した。


 まず「吉」の字であるが、「士」に「口」ではなくて「土」に「口」である。それから、「吉野家」であって「吉野屋」ではない。どうも、「松屋」と混同していたのかもしれないぞ(ちなみに「すき家」は「家」である)。さらにローマ字表記で使うNは大文字ではなくて小文字である。これはコンビニのセブンイレブンさんの看板(7の数字とELEVEnの文字、やはりnは小文字なんだよ)と同じようなコンセプトなのかな・・・。


 この三点セットはホムペ の表記でも確認(ただし、「吉」の字については「吉」になってしまっているところも散見されるが)。


 さて、アメリカ牛肉は本当に大丈夫なんだろうか。なぜか信用できない(吉野家さんが、ではなくて、アメリカ牛が)。


 しかし、OGビーフでも国産牛でも、吉牛のあの味は再現できなかった。やはりアメリカ牛でなきゃ、吉牛じゃないかも。そんなわけで今日は本当に久しぶりに、「吉牛」を堪能した(店頭で食べて、お土産を二つ・・・)。


 参考までに、今回の「牛丼復活祭」には一部メキシカンビーフも混入しているそうだ。帰宅してから吉野家のサイト を見てから知った。


 悔しい。純粋な「アメリカ牛丼」は10月に入ってからの第2弾「牛丼際」まで持ち越しの模様だ。待ちきれないから、明日以降東京出張の折に築地店に立ち寄らなければいけない。あるいは、時間限定のテストを行う北海道地区20店舗を襲撃するしかない。


 「牛丼一筋80年」という吉野家のテレビコマーシャルが流れてから30年。久しぶりに明日はホームランだ!ではそういうことで。
 

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006年09月16日 15時48分31秒

クレジットカードがぁ!

テーマ:トホホ日記

 ここ何日か身の回りの特にインターネット環境が変であった。何年も契約してあったレンタルサーバー2件が突如解約されたり(メールが届かなくなったりウエブサイトが開かなくなったり)しているのだ。


 その原因が今日やっとはっきりした。クレジットカードが更新されたわけだが、新しいカードの有効期限を先方にお知らせしておかなかったので、経費が決済できず、取引がキャンセル(取り消し)されていたのだ。


 思えば前のカードの期限切れ近くの頃、新しい職場の事務手続きとかで多忙を極め、メールチェックをすっ飛ばしていたもの。特に面倒な英語メールなんか(レンタルさーバーなんてのは海外のを借りているから)は開けもしなかった・・・。


 その影響はデカスギである。


 なにしろ、メールアドレスが一つ死んでしまったのだ。別アドレスからそのアドレスに何を打ってもエラーが返る。だから、その死んでしまったメールアドレスが唯一の連絡先だった各位からは非難の声も届かない。おまけにそのメルアドでPayPalの口座を開設してあったわけ(決済に使っていたのは問題のカード)だが、つまりネット上の金銭やり取り(特に外国との間で多用していた)が凍結してしまった。これは痛すぎだぞ。この先、定期購読している論文集とかの配信が止まるわな・・・(だって、「金が決済できないぞ」ってなメールを受け取れない、発信者にはエラーが戻る)。


 レンタルサーバーの一つは、ここ5年ぐらいの間、電子的なデータを一気にバックアップしておく場所だった。とても信頼ある会社で、保守も行き届いており、まさか先方のミスで消えてしまうことは無いとは思ったが、私のミスで、どうやら消えてしまいそうだ。まだ未確認だが、サスペンド(凍結)で済んでいれば良いのだが。


 復活できるかなあ・・・。会員IDは大丈夫かなあ・・・気に入ってただけに痛い。やれるところ方ちょっとづつ復活だ。


 残高不足で信用情報からもろもろ消えてしまうのは仕方がない。そうならないようにカード決済用銀行口座の残高だけは注意していた。しかし有効期間とは・・・。カードを使って定期購読とかをしている方は特に注意だねえ(え、そんなの常識?=涙)。ではそういうことで。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年09月14日 21時59分00秒

滋賀

テーマ:トホホ日記

 明日の学会のた滋賀に滞在中。今日は東京で文部科学省の役人たちとの打ち合わせがあって、終了後その足で新幹線に乗って京都経由大津に来た。


 丸の内人妻読者の美月とのラブラブ昼食会は次回に順延である。とても残念。


 滋賀も実は久しぶりである。滋賀県立大学に勤務出来そうになって書類を出したことがある程度で、滋賀県内に宿泊するのは、20年ぶりである。


 私と同年代の方にはなじみのあるフレーズではあるが「はだか温泉、ホテル紅葉」、があるのが琵琶湖のほとりの、大津なのである。先ほど温泉大浴場に行ってみたのだが、「国際的に著名な研究者」であるところのX大学のY教授とかR大学のS教授とかと「裸の付き合い」をしてしまった。10年ほど前社会人学生をやっているとき北陸で学会があったが「片山津温泉」で豪遊している世界的著名な某教授の姿を見て一種幻滅したことを思い出した。


 そろそろ「学会シーズン」は終了である。教授の方々の「常識では理解できない生態」の解明は来年の春までお預けとなる。


 私は、昨日の東京での筋肉痛が癒えず、今夜もマッサージさんにねんごろに施術をしてもらう予定。したがって更新はほどほどに。


 現地からケータイで更新。ではそういうことで。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年09月13日 22時33分12秒

足が棒

テーマ:トホホ日記

 昨日も書いたとおり、今日「イノベーションジャパン・大学見本市」が開幕した。私は現職を休んで(有給ではなく無給休暇をとって)参加している。今は某東○インに投宿中。休みを取って参加しているのは、今回のイベントでの私の役目は説明員ではあるが、今回私の所属は現職ではなく元職なのである。先月まで勤めていた大学の某プロジェクトの、説明員をしているのだ。現職の有給で参加することは出来ない。


 元同僚の方は昨日から現地入りして設営をしてくれたが私は本日入り。少し早めに出発して(っていうか昨夜の夜行に乗って現地入りした)、朝6時の時点で東京に着いていた。今回はちょっと訳あり、実は開幕前に立ち寄りたいところがあったのだ。


 品川区某所。


 私が貧乏学生のときにお世話になった下宿屋。実はその跡地を確認したかったのだ。学生運動のし過ぎで親から勘当されたたために仕送りを止められ、激貧で過ごした大学生時代。30年近く経てその跡地をどうしても確認したかったのだ。昨年ふと思い立って探してみたが番地とかが良くわからなくて「マンションに変わったかも」という結論を出した。でも、数ヶ月前に、当時とてもお世話になった大家さんの娘さんから「母(=大家さん)が亡くなった。葬儀は無事済んだ。」という連絡があって、私が前回訪問した場所は間違いだと気付いたのだ。実は記憶していた下宿屋の住所が間違っていたのだ。今回は事前にネットで探して地図をプリントアウトして準備万端。


 前回の訪問では3箇所間違って曲がってしまったのだ。今回は事前に地図で予習していたから大丈夫だった。


 当時通っていた銭湯。捨てるはずの「耳」を分けてくださったパン屋さん。指をくわえて見てみぬ振りして通り過ぎたアベックのたまり場の公園(苦笑)。地下道になっていたがいつも貨物列車を眺めていた踏み切り跡。毎朝新聞を読ませてくれた交番。大学の先輩のいた豆腐屋さん(先輩は5年前に亡くなったそうだ)。定期試験の朝当て逃げされて上着をぼろぼろにされた交差点。健在だった。


 今回は辻を曲がり間違えずに、大家さんの住所に到着。周囲の状況は変わらなかったが、大家さんの家は今風の一戸建てに変わっていた。表札に大家さんの苗字を確認した。


 当時は大家さんの家の裏庭に長屋が建っていて私はそこに住んでいたのだが、今では新築して新しくなった大家さんの家だけがあった。玄関のチャイムを鳴らした。大家さんの娘さん(当時8歳年上だったから今も8歳年上と思う)が出てきた。


 30年近く前にお世話になった鈴木です。お線香を上げさせていただけないでしょうか。


 娘さんは私を上から下目で舐めるように見て「うっそ!こんなに太っちゃって。モヤシみたいな鈴木さんしか覚えていないのに。母も、鈴木さんはちゃんと食べているかな、っていつも心配していたよ!」と。


 遺影の大家さんは私の記憶の人相とは違っていた。年月の長さを感じた。


 娘さんが、「もう30年近く経っているのだから大学までは流石に徒歩では無理でしょ」と冷やかした。そこで一念発起、当時と同じルートで大学まで歩いてみることにした。


 中延・五反田経由で三田(田町駅)まで。当時とほぼ同じ時間で踏破した。沿線では、当時あった店が無くなっていたり都市計画整備で景色が変わっていたりしたところこそあったが基本的には昔のままだ。ただ残念だったのはゴール間際「慶応仲通」にあった麻雀荘が無くなっていた事だ。いつもそこで先輩に呼び止められ、ザルソバなんかをおごってもらって飢えをしのんだものだった。ちょっと残念だった。


 田町駅からJRで有楽町に出て今日のメインの仕事「説明員」。夕方まで立ち仕事だったので流石に合わせ技で足がパンパン。これからマッサージさんを呼んでちょっとだけ楽になろうと思う。


 せっかく客室にネットが入っている東○インに投宿しているのであるが、今夜は早めに轟沈の予感。ではそういうことで。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。