ドクターズガイド オフィシャルブログ 名医から聞いたとっておきの話

ドクターズガイドは専門医の取材に基づき、信頼のおける情報を提供する医療情報メディアです。このブログではトップドクターから教えてもらった貴重な情報や健康に関する役立つ情報、日々の生活で気付いたこと、感じたことなどを発信していきます。


テーマ:

最近、医療系の取材をする中で釈然としないことが多く、最近、医師の著書を読みまくって出会った1冊。『話を聞かない医師、思いが言えない患者』著者の磯部光章氏は今年3月まで東京医科歯科大学循環器内科で教鞭をふるい、学生が選出するベストプロフェッサー賞とベストティーチャー賞を合わせて9回受賞した大人気の教授。4月から榊原記念病院の院長に就任されました。

 

医療不信が募る中、著書では「患者さんのことを考えていない医師はいない。医師は技術があるからそれをしたいとか、自分の地位向上や金儲けのために医療行為をしようとするのは映画やテレビの話を除けば皆無」と断言した上で、納得いく結果が得られず不幸な結末になるのはすべてコミュニケーションの欠如によるものと訴えています。医療は万全でも完璧なものでもなく、患者が病気をどう受け入れて医師に何を求めるか。「医療は病気を治すためのものではなく、人間を幸せにするためのもの」であり、医師は患者さんに寄り添うためにコミュニケーションが最も重要ということを医師側や患者側の立場からわかりやすく書かれています。とても感銘を受けたので、「隠れ心不全」の取材にかこつけて会いに行きました。磯部先生のわくわくするような取り組みや榊原記念病院の紹介を近々記事にまとめたいと思います。

 

高齢の知り合いがさんざん悩んだあげく受けた心臓手術で感染症になり、なかなか回復しないでいます。いくつになっても高度な医療が選択できる現代日本では、治療を選ぶのは医師ではなく、患者が病気をきちんと受け止め、死生観を意識しながら個人の責任で選ぶことが求められます。

 

医師と患者とのギャップについて頭を整理できたこと、さまざまな学びや気づきを与えていただいたこと、感謝します!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。