おこしいただきありがとうございます★
救急医です ヘ(゚∀゚*)ノ



大阪府の某ソルジャー系病院で研修を送り、福岡のERで修行

現在は大阪の某救命センターで頼れるイケメン医師目指して日々奮闘中★★



ブログは研修内容や病院のこと、日々思うことをまとめております



対象は


医学生、研修医、医者になろうと思っている人
そして研修医や救急に興味がある人

のつもりです・・・


テーマ
ギラギラ研修医 ・・・研修医時代の毎日 完結
ギラギラ研修医ER ・・・ERの出来事 ER'はその続編
島流し@UWAJIMA ・・・僻地研修の様子

書籍 ・・・コレは!!と思う書籍
どーでもいい話 ・・・その名の通り

どーでも良くない話 ・・・広く一般に知って欲しいアレコレ
治療の常識非常識 ・・・治療に関する「へぇ」
限定記事 ・・・全世界に発信するのには申し訳ない話題

家の話 ・・・本邦初公開★救急医の自宅訪問コーナー

お酒 ・・・好きなお酒に関するアレコレ

何食べてんの? ・・・救急医の食生活に迫る



コメント歓迎します!気軽にメッセージを下さい☆


実際のところどうなの?みたいな質問があれば実際のところをお伝えいたします




あと人気ブログランキング参加してますので良かったらポチっとしてください

1回ポチると喜びます

2回ポチるともっと喜びます

3回以上ポチった人はご報告ください!





読者登録してね

  • 22 May
    • レジデントノートでました!

      羊土社のレジデントノート増刊 「主訴から攻める!救急画像」   発刊されました!!!     レジデントノート増刊 Vol.19 No.5 主訴から攻める! 救急画像〜内因性疾患から外傷ま...   Amazon     僕も寄稿しており、仲間の救急医も寄稿しています       いつ画像を撮るのか どのようにオーダーするのか 検査の限界は? あの所見よく聞くけど本当に意味あるの? どの検査が必要なの?     などなど   普段疑問に思うようなことが網羅されているのではないかと思います       ちょっとお高めですが、デスクに一冊おいてお守りにしていただければ幸いです   とにかく   研修医は必見!!!     ぜひご購入ください

      157
      4
      テーマ:
  • 18 May
    • オーランド来たよ!②

      というわけでSAEMです   前回書いた通り、フロリダのオーランドまで学会のためにやってきました!   前回:オーランドきたよ!①     SAEMまじすげぇっす   iPhoneの抄録アプリがあるんだけど、抄録だけじゃなくて、発表者のプロフィールやら顔写真まで見られるようになっています   そしてなんと発表用のスライドまでアプリで見られます     これはまじで神アプリ!!   日本もこういうのしてくれないかな(チラッ       もう一つ驚きなのが、学会会場でバーカウンターを設置していました     おっさんいい笑顔!   日本もこういうの(チラッ       学会初日は共同演者(ボストンで研究中)と久々に再開して、論文のことや解析について教えてもらったり、米国救急事情やこっちの常識みたいなものを教えてもらったり、予測される質問について検討したり     今回の発表をさらに磨いて、論文は完成いたします   はよ通そう・・・       と、コーヒー飲みながら打ち合わせをして、論文も完成形が見えて来て、発表もなんとかなるかなと思い始めていたら、衝撃のセリフが発せられました         「これで明後日までに間に合うかな?」   「明後日?僕の発表明日ですよ?」   「え!?明日??うっそ、やっべ」   「え?え?何が??」   「僕とボス、明日ケネディ宇宙センターいくわ」   「え?え?は??」   「せっかくフロリダまできたからこれはいっとかないとね・・・」   「じゃぁ明日は?」   「うん、がんばってw いけるいける!」       まじかーーーーーーーーーーー ( ̄Д ̄;;     ケープカナベラルは重力が弱い場所で有名ですが   何も彼と僕との引力まで弱めなくてもいいじゃないですか・・・       頼むよまじで本当に・・・       というわけで、頼りの援護射撃を失った僕は、まじでゲロする5秒前状態に戻ってしまいました・・・       このままでは、この世の誰も体験したことのない最も厳しい軍団による強力で知的なより恐ろしい際限のない予想もつかない無慈悲な質問攻撃を受け知識欲の根源を焦土化されてしまいます       しかし、捨てる神あれば拾う神あり   When one door shuts another opens.     これまたこちらで研究をしている大学時代のバンドメンバーがSAEMに参加していました   後輩ながら出来る男で、もう何かあったら赤子のように彼に頼ろうと、お守りみたいな感じで会場にいてもらい発表に臨んで来ました!       発表前に 「日本から来ました、やさしくしてね★」   って言ったら、暖かい笑みとともに会場の空気が温まりました   目の前のハル・ベリーそっくりな美人救急医もこちらをみて微笑んでくれています   これはもう勝ち戦です   おっぱいは正義です         目の前の美人のおかげで緊張感が若干和らぎ、無事発表できました   質疑も想定していた質問をくれたのでなんとかかんとか・・   質問の間に入ってとりなしてくれた後輩救急医には感謝であります     改めて、もう少ししっかり英語話せるようになって、英語で考えて英語で話せるようになって再度チャレンジしようと思いました     ちょっと背伸びをすると、人間成長のきっかけになるものです   ちょっと失敗をすると、人間さらに出来るようになりたいと思うようになるものです     帰国したらますますストイックな生活を送らなければならんな・・・     僕は病院の通勤は自家用車で、行き帰りそれぞれ25分くらいかかります   この時間を英語の勉強に当てよう・・・   X JAPAN聴いている場合ではない       というわけで無事発表を終えてスッキリ ≧(´▽`)≦       今回会場には京都府立医大のERレジデントの皆さんもいらっしゃいました   一人は以前からの顔見知りで、声をかけてくれ、発表も聴きに来てくれました     というわけで記念撮影   許可頂いたのでup     ブログみて僕がSAEMに参加することを知ったということでした   赤裸々過ぎて世界のどこにいても居場所がバレてしまいます     それにしても、自信を持っていない瞬間を後輩に見せるのはちょっとアレですよね・・・   もっと活躍している姿をきちんと見せたいとこです   まぁ「こいつよりは立派になろう」と思って励みにしていただければありがたき幸せにございます     この日はこの後、バンドの後輩と京都のみんな、そして共同演者の研究室の皆様、シアトルで救急やってる先輩と食事会   共同演者がいつもより余計に楽しそうだったので、ケネディ宇宙センターはよほど楽しかったのだと思います   悔しいので具体的な感想は聞きませんw   いつか僕も行きます!!   ジョジョ好きとしては外せないスポットですからね!!!         さてさて   学会も折り返し   三日目は共同演者や後輩の発表聞いたり、敗血症やERマネージメントなど、自分の興味ある分野の勉強に行きます (`・ω・´)ゞ     明日もviva ER!!! (時間があれば午後こっそりシーワールド行こう・・・)

      179
      15
      テーマ:
    • オーランドきたよ!①

      フロリダのオーランドにきました ワ━ヽ(*´Д`*)ノ━ィ!!!!     SAEM2017のためです (Society for Academic Emergency Medicine )     米国救急アカデミー会議ということで、アメリカの最も大きな救急医学会   アメリカにはこれともう一つ大きな学会としてACEPがあります (American College of Emergency Physicians)     ACEPは教育中心、SAEMは研究中心の学会     というわけで、救急医療の研究においてはトップの学会といっても過言じゃないでしょうから、ここにくることはこの道に進もうと決めてからの一つの夢みたいなものだったのです       オーランドといえばディズニーからユニバーサルスタジオ、シーワルドなどのテーマパークだらけの夢のようなリゾート地   こちらの夢は時間があれば・・・   とはいえUSJ好きの僕としてはユニバーサルスタジオは外せません!   学会の空き時間に余裕があれば行きたい (>_<)   目指せ両立!!!       そんなわけで、SAEMでのoral presentationの機会をいただけましたので、緊張半分、夢半分の複雑な気持ちで渡米したのです       アジア救急医学会とヨーロッパ救急医学会に参加して思ったのですが、英語が母国語じゃない人の集まりだと、みんなゆっくりはっきり喋るのでなんとかなるんですよね   はじめて米国の学会に参加することになりまじでゲロはく5秒前   だれか助けて・・・       藁をも掴む気持ちの僕ですけど、今回の共同演者達はボストンで研究をしているので、彼らの援護射撃を信じて無鉄砲にやろうと気持ちを奮い立たせます     で、気持ちを盛り上げつつ不安な状態で飛行機に乗るわけなのですが、フロリダって遠いのね・・・     日本からサンフランシスコに11時間飛んで、そこから乗り換えてさらに7時間・・・     痔になるレベル       しかも今回使用する航空会社は、先日アジア人医師を無理やり飛行機から引きずり下ろしてボコボコにしたことで一気に名をあげたユナイテッド航空です ・°・(ノД`)・°・   僕もアジア人医師だよ・・・ お願いだからボコボコにしないで       まぁ無事ついたけどねw     飛行機はガラガラで隣にも人が座っていない状態で、比較的ゆったり飛べました   さすがユナイテッド航空!!   ありがとうユナイテッド航空!!       株価が下がった航空会社のために、さらに良い点を紹介しておきます   飛行機内で提供されるビールが豊富でした   アメリカのクラフトビールなんかも飲めて僕は満足です       (ぶれているのは飛行機が揺れたからで、酔っ払っていたからというわけではありません・・・)   おいしかったー ∩(´∀`)∩ワァイ♪       さて   僕は性格が悪いので、せっかくあげた株価をまた落としたいと思います       サンフランシスコで2時間乗り継ぎだったのに、オーランド便が遅れちゃいました・・・   しかも4時間遅れ・・・   さすがユナイテッド航空! (悪い意味で)       それでも前向きに楽しむのが僕です     空港でサンフランシスコの地ビールを楽しみました     こちらも大変美味   ホップが本当に爽やかで、こっちのビールは最高です     日本でもご当地地ビールをどんどんプッシュして、こうやって楽しめるようにしてほしいなと思ったりします       散々飲んで、結局到着したのはこちら時間の午前1時   もうまじふざけんなですよね   ホテルについたら午前2時   おかげさまで時差ボケがあまりなくこちらに馴染めましたw       肝心の学会発表については続きで!!   to be continued...    

      171
      18
      テーマ:
  • 14 May
    • 北海道の皆さんの懐の深さ

      こないだ北海道まで講演に行って来ました   公園じゃないですよ   講演です・・・       「なんかERの話してよー」   って北海道大学の救急の先生にちらっと話をされた時   「いいですよー!」   って安請け合いしたことが実現化されました     人間関係は大切にしなくてはなりません         札幌の救急医の勉強会で、いつもは症例検討をみんなでやっているらしいのですが、今回は特別にそこへ招いていただいたということでした       最前線で活躍される皆さんに僕から何か話すなどおこがましいことですが、まぁ何か新しい情報をと思い、普段取り組むことが無いような話を盛り込みました   というわけで、めまい診療についてのまとめ、ERとICUを両立する救急部の運用などお話しました       事前に宣伝されたときに、僕の顔写真がゾンビだったことから   「もうその格好で伺ことにします・・・」   と言ったところ   「ぜひ、おまちしております」   ということだったので、ゾンビで講演しました       まじかよと思うでしょう?   僕もまじかよと思いながら講演しました     懐の深い人たちだなぁと思いました       おかげさまで皆様に馴染むことができ、その後の症例検討会も盛り上がりました     さらに、その時の様子は先日北海道大学のホームページにUPされていました   そこには真面目に最前列で症例検討するゾンビの姿が・・・・       なんともはや・・・ ( ̄Д ̄;;     良い機会を与えていただいたことに改めて感謝申し上げます     さてさて   明日は日勤して   明後日からフロリダだー ─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ     viva ER!!

      297
      26
      テーマ:
  • 12 May
    • 看護の日は夜勤応援

      今日は隣町の市立病院へ救急応援   一週間ぶり・・・ (^_^;)       でも先週と違うことがあります     今日は研修医がいます ∩(´∀`)∩ワァイ♪       どうやら大阪市立大学のたすき掛け研修先にこの病院を選んでおり、今週から救急当直研修を開始するということです     他院の医師から教育を受けるってどうなんでしょうと思わなくもありませんが、臨床だけではなく、教育もしてこその救急医   研修医の成長のために尽力しましょう     一晩楽しくやりたいと思います! (。+・`ω・´)キリッ           とはいえ   何をどこまでやらせて、何を到達目標に教えてあげればいいのかということを提示されていない状態で困惑しながら仕事を引き受けたのです   病院事務さんは見学でいいとか言ってたけど、それじゃ研修になりません     どうしたものか・・・       とりあえず一般的な救急対応ができるようにアレコレやってみます     幸いやる気はありそうです         僕「色々やりたい人?」   研「はい、できるかどうかは別にして・・・」   僕「やらなきゃできるわけないよw」   研「ですかね」   僕「なんか部活やってた?」   研「テニスやってました」   僕「やらずに上手になった?」   研「いえ・・・」   僕「だよね。男は度胸。なんでもためしてみるのさ。きっといい気持ちだぜ!」   研「ウホッ!いい救急医。頑張ります!」       というわけで、どんな美人かと期待したのですが、男性研修医でしたw   まぁそんなことで僕のやる気は(ちょっとしか)落ちません!!     一緒に楽しくイケメン対応 (`・ω・´)ゞ     さてさて   今日は看護の日ですね   ナイチンゲールの誕生日にちなんだのだとか     外来看護師さんに感謝しつつ、協力いただきつつ、朝まで頑張りたいと思います   viva ER!!  

      288
      18
      テーマ:
  • 08 May
    • ゴールデンウィーク??

      あっという間にゴールデンウィークが終わってしまいました   そりゃそうだ 僕には休みが1日しかありませんでしたから・・・泣   うんこ学会後、僕の毎日はこんな感じ     5月1日 日勤 5月2日 日勤 5月3日 日勤夜勤 5月4日 明け 5月5日 日勤夜勤(結婚記念日) 5月6日 明け 5月7日 休み       結婚記念日も仕事・・・     これだけ働いたらいいでしょうということで   もう空き時間は5日分遊びましたさ!!     とか言いながら、通常業務以外の仕事も山積しているので、とにかく時間みつけてやるべきことを遊びと仕事の合間に詰め込みます     ・いよいよ来週に迫ったSAEMのスライドを完成させて ・論文校正やって ・書籍の原稿仕上げて ・日経メディカルの原稿書いて・・・     そして遊ぶ計画!!     せっかくの結婚記念日ですから   出会い年のドン・ペリニョン     救急医は意外とロマンチストですw     5日は仕事でどうしようもないので、4日に抜栓して4日と6日に分けていただきました★     今回はレーマンってとこのチューリップグラスを使用   このグラスはナッツやブリオッシュの香ばしい感じの香りがとても立ちやすいです     香ばしさもさることながら 熟成されただけあって、蜜に混じりチーズみたいな味も混じっています   これは非常に良かった ≧(´▽`)≦     ホストクラブとかでバカスカのむようなお酒ではないと再認識   最低2時間くらいかけてゆっくり一杯を楽しんでほしいです       と、そんな大人な時間を過ごした結婚記念日は子供の日でもあります   童心に戻らなければ!!!       当直中、空き時間にせっせとAmazonでプラレールの部品を買いあさります       5月6日の当直明け、眠くて疲れててどうしようもないけどプラレールのレイアウトを考えて夜な夜な作成       3方向と2方向の自動ポイント切り替えレールを購入したので、それを用いたレイアウトを作りました   これには息子も大喜び!!! (股間じゃない方ね)   もちろん僕も喜んだよw   自動切り替えにより、勝手にいろんな場所に電車が走っていくのが楽しくて楽しくて   しかし作っていてレールを延伸するために直線レールが足りないと認識したので追加購入   もっと複雑なレイアウトを作りたいところですね (。+・`ω・´)キリッ       遊び飽きた息子に1日でゴジラされましたけど、考えるのが好きなので何度でも作成します!   こんなお父さんが欲しかった!!     そして7日は家電製品を買いに行ったり、新しいスーツを作ったのを取りに行ったりして過ごし、夜は行きたかったイタリアンに行ってディナー楽しんで帰宅   何とも濃密な余暇を過ごすことができました       ちなみに   これにて5月の休日は終了 です(泣)     学会で外に出させてもらったり、当直明けに時間をいただいているのであまり辛いとは思いませんが、文字に起こすと結構エグいですね   まぁまた毎日頑張って働きます・・・       というわけで、とある救急医のゴールデンウィークでした★

      346
      22
      テーマ:
  • 04 May
    • うんこ学会 番外編

      世間はゴールンウィークしかし僕は3日と5日が24時間勤務でありますので、実質完全な休日は7日だけという(7日間じゃないですよ?)残念な感じになっておりますまぁしかし、それを補って有り余る貴重な体験がこの超大型連休前半のうんこ学会だったわけですうんこ学会では普段出会えないような人出会うことができましたので今回はそんな報告まずは元バイトAKBだった川口真実さんhref="http://stat.ameba.jp/user_images/20170504/17/doctorhero/10/05/j/o2835212613929022451.jpg">彼女は医療系アイドルとして、歌とダンスでAEDを普及させる活動をしています 本来的にはブログを通して、域値を低くして自分たちの活動を知ってもらおうと思ってこのブログを立ち上げたのですもっともっと様々な啓発活動をこうやって明るく楽しくやっていかないとなと非常に前向きになれました彼女のことは恥ずかしながら今回初めて知ったのですが、今後全力で応援しようと思います(握手するためにCDを何千枚も買うとかじゃなくてよ・・・)それから、カリスマAV男優のしみけんさん腕が太すぎて、黒すぎて、僕が色白のもやしっ子に見えてしまいます・・・すごく積極的に勉強されていて、性感染症を啓発するだけでなく、自分もこの日に学んだワクチンをその日のうちに打ちに行くなど、本当にアグレッシブ生き方がたくましすぎてとても刺激になります彼の出演作を何本か買いたいところですが、女優を見なくてはならないので悩むところです(ホモではない)著書を買って彼の生き方から何かヒントをもらおうかなAV男優しみけん ~光り輝くクズでありたい/扶桑社¥価格不明Amazon.co.jp僕も光り輝きたいものだあと、彼が一緒に連れて来てくれたAV監督兼男優のコンピューター園田さんコスプレAVを専門に作っているらしい僕には需要がないけど、世の中の多くの人の役に立っているにちがいないあまりゆっくりお話しできなかったけど、機会があればもっとお話してみたい!!このほかにも、ジャーナリストや漫画家、映像作家など、幅広い分野の人が参加したうんこ学会真面目なことをバカバカしく伝えることで、より裾野を広めたいという熱い思いを僕も受け継がせてもらいたいということで、先日入会しました僕も立派なウンコロジストです中毒や敗血症など、自分が興味をもって取り組んでいる分野でどんどん情報発信していけるように日々頑張ろうと気持ちを新たにしたのです★

      264
      14
      2
      テーマ:
  • 01 May
    • うんこ学会で症例検討会!

      ニコ生超会議の日本うんこ学会のブースで症例検討会をするために   週末は幕張メッセに行ってまいりました!         会場がとても大きかったんですが   もう本当に人が多くて・・・   人が多すぎて酔いそうになりました・・・         うんこ学会では、普段近寄りがたい「医療」に親しみを持った接していただけるように、様々なコンテンツを用意してくれていました     僕はこの中の   「鑑別診断これくしょん」   で、症例検討会をしてたのです     会長が「艦これ」って言いたかっただけで始まった企画ですが、呼ばれたからには盛り上げる責務があります・・・           絶対にここでしか聞けないエクストリーム症例検討会です   僕以外は本当にスーパードクターですよ・・・       特別ゲストとして急遽参戦していただいた聖路加国際病院の水野先生から   持続勃起症との戦い方     僕から   経肛門直腸異物との戦い方     そして東京ベイの志賀先生から   どうみても精神疾患な人に潜む重大疾患     最後に国立国際医療研究センターの忽那先生から   性感染症との戦いかた       ほとんど下ネタなのは置いといて・・・   ものすごい盛り上がりでした!!   だってうんこ学会ですから!!!         僕もとっても勉強になりました!   最前線で活躍するみなさんはやっぱりカッコ良すぎましたよ ワ━ヽ(*´Д`*)ノ━ィ!!!!     個人的に忽那先生の   「性病はパンツの中だけで起こってるんじゃない!」   は某ドラマの名シーンを彷彿とさせる名言でした         なかなか普段公共放送では流しにくいテーマですが、疑いかた、問診の取り方、鑑別疾患、診断方法、治療までしっかり話せました   N○Kのド◯ターGには絶対に真似できませんよ!       というわけで、来ていただけた方には喜んでもらえたはずだと信じているんですけど   せっかくブログ読者の方が来てくれていたのに、会場が広すぎて迷ってしまうという申し訳ないことになってしまいました・・・ お詫びします     好評につき来年も読んでいただけるらしいので、もし興味を持っていただけた人はまた来年!!       うんこ学会会長は会員を熱烈に募集しています!!

      342
      18
      2
      テーマ:
  • 23 Apr
    • 韓国文化に触れる コスメ、ビール

      前回に続き韓国の話題です     今回は日韓の交流という意味も含まれており、懇親会ではあっちのDr.たちと楽しく会談   伝統的な韓国料理と肉も食べることができました ≧(´▽`)≦       ほとんど与太話みたいな話が続きましたが、医療制度や医療体制の話もすることができました     日本と比較して、韓国集中治療医は胸部外科出身のDr.が多いということや、勤務時間の管理がしっかりなされていることなど、文化の違いを感じました・・・・     ていうか   こんなところで文化の違いを感じたくはありませんでしたがw     Dr.リュウから 「働きすぎだよ!上司が悪い!!松田教授はそんなに働いてないでしょう?」   って言われましたが、松田教授も僕らと同じくらい夜勤に入っている様子で、リュウ先生はなんともいえない表情を浮かべておられました・・・       さて、勉強して交流して、あまり自由時間はなかったのですが、学会会場からソウルの繁華街「明洞」まで地下鉄で30分くらいだったので行って来ました   なんと今回、日本からの参加者のために3000円くらい入った交通系ICカードを配ってくれていたのです     太っ腹すぎる ・°・(ノД`)・°・   地下鉄が安い(10km以内なら1250ウォン=125円くらい)ので、このカードがあればどこにでもいけます!     と言うわけで明洞まで行って、娘のために可愛らしいコスメ用品を買って来ました     これには大喜び★   ブルゾンちえみみたいになってくれることでしょう       こっちは本当に至るところに化粧品屋があって、いろんなコスメ用品が買えますよね   明洞を歩いていたらめっちゃ声かけられますw     店員「おにぃさん、おにぃさん、パック安いよ」   僕「いくつか買おうと思ってたんです」   店員「これは浸透力強いからオススメよ」   僕「ほんじゃこんだけ(大量)」   店員「わお、彼女にですか?羨ましい!」   僕「僕のです」   店員「・・・・」       というわけで   美肌救急医目指して頑張ります!!       あと、忘れてはならないのが酒探訪     こちらは焼酎文化なので今まであまりビール文化が発達してこなかったのですが、最近クラフトビールも少しずつ浸透して来たみたいです     ホテルの地下には Kloud Beerのビアホールがありましたのでそちらにお邪魔     麦の味がしっかりしていました   程よくドライ!   カスとかハイトよりも芳醇です     ていうか、カスビールって日本人からしたら響き的にちょっとアレですよね・・・汗       で、ロッテタワーの方にもクラフトビアバーがあったのでおジャ魔女どれみ     ヴァイツェンです   色の割にさっぱりした味わい   こいぃぃのが好きな人には物足りないかも         インディアペールエール(IPA)   これもさっぱり   ホップよりも麦の味が目立つ   ちなみにペールエールも飲みましたがほぼ麦茶でした         こちらはインペリアルIPA   これくらいホップきかせてようやくIPAかなって感じ     こちらの人は結構ドライであっさりな感じが好きなのかもしれません     次回どれを頼むかと言われたらインペリアルIPAですかね・・・   僕としてはKloud Beerの店で飲んだアサヒのAmber timeが一番美味しかったです・・ ヽ(;´ω`)ノ     ともあれ、もし韓国に行く機会がある人がいましたら是非足を運んでみてください☆     楽しかった時間はあっという間   本日は4時に起きて・・・空港へ向かって帰国 ─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ   そのまま当直でございます・・・   来週もイベントが多いけど、まぁなんとか頑張りましょう!!  

      268
      28
      テーマ:
  • 22 Apr
    • 唐突ですが韓国に来ました

      ただいま韓国に来ています!       4月21日と22日の二日間は韓国集中治療医学会が開催されているのですが   韓国集中治療医学会と日本集中治療医学会の交流を目的として   合同コングレスがあり   今回はそれに参加でございます       日本代表みたいで気合い入るね (`・ω・´)ゞ         韓国は5年ぶり   今回はソウルの中心地からちょっと離れたチャムシルというところにお邪魔しております     ロッテワールドがあるところです   なんかすごく高いタワーが完成していました     「ロッテワールドタワー」   高さ555メートル   世界5位の高さのビルだそうです   開業はなんと先月ww ∩(´∀`)∩ワァイ♪     日頃の行いがいいからでしょうか ラッキーです     ホテルはまんまえなので、部屋からタワーが見えます       ていうかタワーしか見えませんww       ソウルって都会だなぁ   登ろうかと思ったけど登りませんでしたww   そこまでミーハーではないのです         学会会場はチャムシルから少し北に行ったところにある大学   日本の集中治療医学会が8000人参加ということで、かなり大規模な学会なのですが、こちらの集中治療医学会はこじんまりしています       僕はポスター発表を4分でやれという無理ゲーな要求だったので、前日から4分で喋る練習を頭の中でしていました・・・     していたはずですが、疲れて寝てしまったので、残念ながら発表直前までちょっと緊張するという向こう見ず具合   でも多分4分で喋れたので、英語でもなんとかなるものだと、自分の体内時計をさらに過信することとなりました   よかったよかった   来月のアメリカはきちんと原稿つくろう・・・       学会後は、懇親会を用意してくれていました   大きな病院の最上階(ASAN医療センター)のテラスでパーティー     名古屋大学の松田先生とツーショット     以前このブログのコメントに登場された時はどうしようかと思いましたが、今では仲良しですw     パーティーでは座長を務めていただいたリュウ先生はじめ、韓国の集中治療と日本の集中治療の違いや、医療体制の違いなどを話したり、日本の他の施設のみなさんと仲良くお話できました   友達が増えるって楽しいね         で、今晩も交流会があって   楽しみたいところですが・・・・       明日の朝5時にホテルを出て日本に帰って   そのまま当直です・・・     きぃぃぃ  

      275
      9
      テーマ:
  • 13 Apr
    • 日本うんこ学会に行こう!!

      日本うんこ学会の詳細が決まりました!!   https://www.facebook.com/events/909385442534488/permalink/923324451140587/     4月29日と30日に幕張メッセで開かれる ニコニコ超会議2017     ここでうんこ学会は2日間に渡り様々な企画を提供する予定です       最前線で活躍中の医療従事者はもちろん、医療従事者以外にも素晴らしいゲストに参加していただきます     例えば   元セクシー女優の   麻美ゆま様   が現役産婦人科医に 「女性の悩み」をぶつける企画   普段聞きにくいぶっちゃけ話を聞きたい女性や、お世話になったことある男性陣は全員集合!!!       そして大室 正志先生、裴 英洙先生による   「ブラック企業撲滅委員会」     医療従事者といえば時間外労働が適応されなかったり、むちゃくちゃな環境で働いているのが常です     やりがいの搾取をされているみなさん   必見ですよ!!!       さらに   現役スーパーセクシー男優のしみけん様と、N◯Kのドク◯ーGでもおなじみの感染症医、忽那 賢志先生によるトークショー       しみけんの説明はwikipediaにまかせるとして   忽那 賢志先生はジカ熱対策で有名な一方、DU薬(だいたいうんこになる薬)という言葉を提唱し、不必要な抗菌薬投与と戦い続けている感染症医です     性感染症の予防と対策とは? やはりここでもDU薬が乱用されているのか!?       そして、その忽那先生はじめ、東京ベイ浦安市川医療センターの志賀 隆先生と僕がお送りする   鑑別診断これくしょん 〜スーパードクターのエクストリーム秘蔵症例検討会〜   NH○の○クターGでは絶対に放送出来ないような生唾もののエクストリーム症例を超会議特別企画として出血大放出します!!     そんな感染症があるのか!? そんな人も救急に来るのか!? なんでもアリやんけ!!!!   表には出せない日本の裏も見えて来るかもしれません       その他、クイズ企画やVRでの手術・疾患体験コーナーなど盛り上がれる企画でみなさんを楽しませてくれると思います     医療に携わっているみなさんも 医療に携わっていないみなさんも   ぜひご来場ください!!   チケットはこちらから↓ http://www.chokaigi.jp/2017/ticket/   そうそう 僕は2日目に登場しますので・・・・

      224
      24
      3
      テーマ:
  • 12 Apr
    • 失神の強い味方

      最近、うんこ関係の救急が多いです     うんこが出ない・・ うんこが出すぎる・・・ うんこの色がおかしい・・・ うんこした後から意識が低下した・・・     うんこが出ないという相談を救急にされても困ってしまうぜという感じなのですが、まぁお辛いのでしょう (直腸癌で便秘になり我慢し続けて腸管が破裂してうんこが腹腔内に漏れ出ているようなパターンは別ですよ・・・)     しかし、うんこの相談をされても困るとはいえ、うんこした後に失神したらまぁ救急ですよね   ていうか意識なくなったらまぁ救急ですよ     うんこの後に失神ってどういうことやねんって感じかもしれませんが、こういうとき僕らは迷走神経反射かなと思います   体が落ち着く方向に行かないとうんこできないので、うんこするときは副交感神経優位になって血圧が下がりがちです   ただし、背景に何か消化管出血とかが隠れているんじゃないかとか考えないといけなくなります     うんこした後に失神した人で、少なくとも頭部を調べに行くことはあまりありません     というか、失神した人に頭部の検索をする意義はあまりありません     「意識をなくした」   というと頭部CTを撮りたくなる気持ちが芽生えるかもしれませんが、そんなことしなくてよいです     脳低動脈解離やくも膜下出血を積極的に疑うなら別ですが、頭痛もないのにいきなり失神のみの症状でこういう人が来ることは滅多にあるものではありません     今回はこの失神についての話題です     突然意識をなくした人で、数分後意識が戻ってくるようなものを失神と呼びます   失神を起こした人では何を考えるか       大きく失神の原因は   神経介在性失神 起立性低血圧性失神 心原性失神   の3つに分けられるかと思います     前述のように排便排尿や咳、食事などで認められる状況性失神や、迷走神経の調節がうまく行かなくておこる失神は神経介在性失神に含まれます   交感神経と副交感神経の調節がうまく行かないと起こります       そして循環血液量現象に伴う起立性低血圧失神   消化管出血、子宮外妊娠など、恐ろしい出血性病変が背景にあるかもしれないので、バイタルサインや出血の兆候に目を光らせながら診察する必要があります     で、もっとも見つけにくく、予後に影響を及ぼすのが   心原性 です     大動脈解離や肺塞栓も含めると心血管性と表現した方がよいのかもしれませんが   この失神の原因をきちんと突き止められなければ、1年後死亡率は30%とも言われております     何らかの症状を伴ってくれていたり、心電図に何らかの変化が出ていてくれていたり、心エコーやレントゲンなどの検査で引っかかってくれたら良いのですが     不整脈は引っ掛けられることが少ない です     一瞬不整脈が起きて、あとは元どおりというパターンでは捕まえようがありません       わずか数秒間の心電図では難しいということで、丸一日心電図を測定するホルター心電図検査というものがあります   ただし、これでも不整脈がたまたま装着しているときに出てくれないと捕まえられません       こうして見つからないままということもあったのですが、近年すごいものが出てきました         これなんだかわかりますか?       これは   植え込み型心電図モニター   です       これを心臓の近くの皮下に埋め込んでおくと、3年間不整脈のモニタリングができるという優れものです   この小ささですよ・・・     思わず「ドラ○もんかよ!」と突っ込みたくなります   突っ込みといえば、この装置は皮下に突っ込む必要があります   1cm弱の皮膚切開をしなくてはなりませんが、挿入キットもあり安全に挿入できます       これのおかげで見つかっていなかった不整脈が結構みつかっているようです   当院でも導入したということで、循環器科と適切に連携して1年後死亡率が30%だなんてことにならないように心がけたいですね       いきなりこれを植え込んで不整脈の有無を調べてくれとか言ってもダメですよw   まずは通常通り心電図、ホルター心電図検査をして、それでもダメだった場合に考慮されるものです     救急で植え込んでくれとか言ってもダメですよw   取り扱いがあるか調べて、きちんと循環器科の外来で相談しましょう★

      332
      8
      3
      テーマ:
  • 03 Apr
    • 今月もいろいろやります

      救急医になり 瞬く間に時間が過ぎて行っておりますが 院内での仕事の他、院外での仕事も多くいただけるようになりました   今月もイベントが様々あります まずは今週末は 院内ICLSコースICLS: Immediate Cardiac Life Support  ICLSは医療従事者のための蘇生トレーニングコースのことです 「突然の心停止に対する最初の10分間の対応と適切なチーム蘇生の習得」 を目標としています  日本救急医学会公認の教育コースで、しっかり勉強したら認定証も発行されます 実は昨年コースディレクターの認定を頂きました  毎年この時期は新入職の初期研修医対象に蘇生コースを行なっております 今年もみっちり勉強して頂きます(`・ω・´)ゞ  で、医師だけではなく、看護師やリハビリスタッフ、MEや検査技師、事務職員に至るまで、幅広い職種の方に参加していただき、院内急変対応のレベルアップを図っています 盛り上がっていきましょう   そして来週は 日本旅行医学会  渡航者の感染症治療や予防、旅行する上でのかかりやすい疾病や傷害について勉強する大事な機会です 奇しくも先日、雪崩で多くの命が失われてしまいました・・・ 事故に巻き込まれないことが一番ですが、登山での安全管理、医学的な介入を勉強する学会です  昨年は当院を受診する外国人患者の実態調査の報告をしました 今回は民間航空機での患者搬送について報告いたします   さらに再来週は 日本集中治療医学会&韓国集中治療医学会合同会議http://event2.ksccm.org/eng/  日韓の集中治療医が集まって勉強します 日本の他施設の皆様と交流を深めつつ、隣の国の医療事情に触れて勉強させていただきます!!! 今のところ韓国人の友人は一人しかおりませんが、増えるかな♪  なんと昨年のウィーンに続き、大学の部活の後輩救急医と一緒に行ってきますワ━ヽ(*´Д`*)ノ━ィ!!!! 相変わらず帰国後すぐに当直なのですが、行ったら楽しもうと思います   そして最終週 札幌若手救急医の会で講演  北海道大学の知り合いの救急医から 「救急の勉強会するから、なんかERの話して・・・」 って頼まれたものです ERで困る「ある病態」についてお話してきます  「絶対にスーツ着てこないでね・・・」 とお願いされたのですが、一体どんな勉強会なんでしょう・・・汗  噂では講演のあとはエンドレスで難渋した症例について議論しあうらしいです 北海道の皆さんと親睦を深められるのが楽しみです∩(´∀`)∩ワァイ♪   さらにさらに月末の週末は 日本うんこ学会@ニコニコ超会議ここに病院を建てよう   ニコニコ超会議で日本うんこ学会が「鑑別診断コレクション(通称:艦コレ)」というイベントを開きます うんこ学会とか鑑コレとか、ふざけた名前ですが、若年者の大腸ガン早期発見の啓発運動や、その他腸疾患の早期発見に寄与しようという熱い集団です  詳しくはHP参照→http://unkogakkai.jp/about-us/  鑑別診断コレクションは、ドクターGのような鑑別診断のためのカンファレンスや議論を通して、より疾患の理解を深めていただこうという企画(のはず)です!!  詳細はまた後日報告しますが、こういうわけでニコニコ超会議にいきますので 幕張メッセに来ていただければ僕に会えるチャンスです!!(いらねーか)  ニコニコ超会議のホームページも要チェックですhttp://www.chokaigi.jp/2017/booth/user_kikaku.html   ますます人生が濃密化しております そのうちドロドロになるんじゃないかと心配ですが 爽やかに頑張ります!! 

      291
      18
      テーマ:
  • 01 Apr
    • 情熱大陸への出演

      【速報】情熱大陸に出演決定!     うそみたいな話ですが   そんなわけないと思ったりもしますが   でることになりました!     すごいー!!! (>_<)     よりにもよって僕でいいんでしょうか?   信じられないという気持ちの方が大きいです   ジョーダンだったらどうしようかと思わなくもないw     なんで僕に白羽の矢が立ったかということについてはまた後日・・・   いまは新年度の忙しい時期なので、やれることをやっていきます   でも、マジで嬉しいなぁ ∩(´∀`)∩ワァイ♪       というわけで   新しく研修医を迎えて、気持ち新たに頑張っていきたいと思います!!         一緒に喜んでいただいた皆さん     今日はエイプリルフールなので縦読みしてください!!       まぁ情熱大陸に呼ばれるくらいの活躍ができたらいいなとは思っていますので、今年度もみなさまよろしくおねがいします     今日は新入職員の歓迎パーティーですが、僕は新年度早々に当直なので行けません (ノ_-。)   いつも通りの生活をいつものように送りますw

      458
      66
      1
      テーマ:
  • 31 Mar
    • 今年度終了 さらば研修医

      本当に月日が過ぎるのは早いもので   当院で研修を修了した7名が無事卒業していきました ・°・(ノД`)・°・       昨日は研修修了式   僕は一応研修委員長なので、一言だけ挨拶述べました       卒業研修医のうち二人は   僕と出会ってしまったがために当院で研修することになった人たちです     暗い顔で研修を終えられたらとても居た堪れない感じになったと思うのですが、晴れ晴れしい顔で巣立ってくれました ≧(´▽`)≦     それが本当に嬉しかった (>_<)   僕は彼らと出会えてよかったし、自分も研修医と向き合う中で成長させていただきました       一緒に海外の学会に参加した研修医   救急医学会で優秀演題セッションに選ばれた研修医   素敵な結婚式を挙げた研修医   脳卒中診療の最前線で活躍してくれた研修医   一緒に心肺停止にECPR導入して独歩退院させた研修医       医師としての貴重な2年間の、濃密な時間を共有できて幸せでした         さてさて     研修修了式の後はささやかなパーティーが開かれました       当院に入職した研修医は入職時に自己紹介カードを作成します   そこに好きな食べ物を記載する欄があるのですが   毎年、研修修了式の時には病院の栄養科の人たちが     各自の好きな食べ物を用意してくれます!     すごくね?     僕は   「魚と寿司と酒」   と書いたはずですが     酒以外が用意されました!!       というわけで、今年も彼らの好物が並んだのです       スイーツタワーに始まり       僕同様「魚」と記した研修医のために大きな鯛     そして   「プロテイン」   と書いた研修医のための   プロテインクッキーww       栄養科すごいよ!!!     乾杯の後にゴッドハンド院長から鯛に入箸いただきました         彼らが日本のどこかで活躍してくれていると思うと僕も頑張れます     というわけで   別れを惜しみつつ   明日からは新しい日々が始まります       新研修医を迎えつつ、僕もますます楽しく頑張りたいと思います!   Viva ER!!!

      327
      20
      テーマ:
  • 26 Mar
    • HAEフォーラム

      今日はHAEフォーラム学術集会のために品川に行って来ました     HAEは 遺伝性血管性浮腫 (hereditary angioedema)     遺伝的に血管の水分移動の制御に関わる酵素が欠落しており   血管から水が漏れて浮腫を起こす病気です     皮膚が腫れるだけでなく、粘膜の浮腫も起こします   腸管浮腫が起こると腸炎みたいな症状を呈しますし   気道粘膜が浮腫を起こすと気道閉塞して死に至ります     顔面に誘引なく血管浮腫を形成したとき 「クインケ浮腫だね、勝手に浮腫はひくから様子見ようか」     とされることが多いと思いますが、そうされている患者さんのうち、何人かはHAEかもしれません     疑ったらC4やC1-INHなどの通常は行わない補体系の検査をしなくてはならないので、疑ってかからなければ診断に繋がりません     HAEは日本に500人もいないレアな疾患ですが、海外の頻度(5万人に1人)を考えると、4-5倍くらいの患者さんがいるのではないかと推測されています     大阪府の救命救急センターで、見つかっていない患者さんをきちんと拾い上げようと活動したところ、新規の患者さんが数名見つかりました   Hirose T, et al. Screening for hereditary angioedema (HAE) at 13 emergency centers in Osaka, Japan: A prospective observational study. Medicine (Baltimore). 2017 Feb;96(6):e6109.      このような活動を通して、僕もHAEに関心を持ち、啓発、新規患者さんの拾い上げ、疾患の理解を深められるように動いています     この疾患については   遺伝性血管性浮腫情報センター というサイトで詳しく紹介されているので、医療従事者の皆さんも、一般のみなさまもぜひご覧ください         というわけで、勉強会に参加したのですが   今回は警察病院の仲良くしていただいている救急医(Dr.Hirose)と一緒に気道確保の講演を担当しました       HAEは場合によっては数分〜数十分で気道閉塞してしまいます   C1-INHの投与で症状が落ち着くので、この薬(ベリナート®︎)があればよいのですが、なかなか置いてある病院がありません   そんな時は躊躇なく気管挿管など確実な気道確保を行う必要があります       救急医は気管挿管に抵抗がないので、気道閉塞のリスクを感じたらいち早く挿管するのですが、他科の医師は   「できることなら挿管は避けたい」   という気持ちが働くと思います       もちろん僕らも侵襲的なことはできるだけ避けたいのですが   できることなら気道緊急はもっと避けたい   ので、先手先手を打って動こうとします       今回は   ・HAEで気道緊急になった症例の共有 ・様々な気道確保のデバイスと限界 ・デバイスの使い方の解説とデモンストレーション ・外科的気道確保について   をお話しました     内科、皮膚科の医師が多く参加しておられる中、どのように気道確保を行っていくかということに関して興味を持ってもらえました   行ってよかった (>_<)       今月は集中治療医学会、近畿救急医学研究会(救急医学会近畿地方会)があり、さらにHAEフォーラムもあったので、なかなか大変な月でした   年度末で色々なことが重なりてんやわんやでしたが、なんとか無事イベントを終えられました (`・ω・´)ゞ   また明日から頑張ろう★  

      201
      18
      テーマ:
  • 25 Mar
    • 救急医学会 近畿地方会

      あっ!             というまに一週間が経ちました・・・     先週僕は救急医学会の近畿地方会に参加していました     当院からは研修医中心に多数の演題を出しておりました     なんと一般演題の12%が当院からのものでした!!     臨床ばかりやっていて勉強しないというようなレッテルを貼られていた病院からは一線を画す活躍ぶりでした (自分で言うな)       研修医たちのスライド直しをしつつ、学会発表で気をつけるポイントやスライド作成のポイントを学んでもらいました     発表内容の隙も共有して、来るであろう質問対策も練りました     本番では知り合いの先生方中心に様々質問いただきました   「絶対に○○って質問が来るからな!」   って事前に言っていた質問をいくつかいただきましたが、想定外の質問もいただきました   でもしっかり返答している研修医を見て   「成長したなぁ・・・」   としみじみ感じました (>_<)       いや待て・・・       成長が   量的に測定できるものが加齢とともに一定の規則に従って増加する過程   を指すのに対して       発達は   発育とともに学習により一定の規則に従って機能を獲得する過程   を指すので     この場合は医師として   「発達したなぁ・・・」   と感慨にふけるのが正解かもしれません (^_^;)       まぁどうでもいい話は置いといて   発表を終えたときの研修医の充実した顔はなんともいえません (>_<)     直前に同時多発的にスライド修正をおねだりしてくる研修医たちにイラっとしたのはここだけの話ですが、頑張ってよかったし頑張ってもらってよかったです   次回はもう少し早めに準備して、さらなる発達を目指してほしいものです (ノ_-。)     さて、この学会のメインテーマは   「多種多様なERのかたち‐自分もかかりたいERをめざして」   と言うことで   ・ER型救急を発展させるにはどうしたらいいのか ・現状の問題をERで解決できるのか ・ER型救急に何か問題はないのか   などということを議論しました       特別講演に福井大学の林寛之先生に来ていただき、ER型救急の目指すところや、福井大学のERシステムを教えていただきました     講演の中で   ER型救急の経験をした各科専門医を世に広めること   が、日本の救急医療発展の鍵であると述べておられました     今研修医たちが経験しているER診療が、将来日本の未来を変える日が来るかもしれません       ちなみに僕は特別講演のあとのシンポジウムに、恥ずかしながらシンポジストとして登壇し、当院のERシステムや課題についてお話ししました     ERシステムの維持には設備はもちろんですが、人材も必要です   病院として、地域としてどこまでそこに資源を避けるかがキーポイントだと僕は思っています     あとERで入院が妥当と判断したけど、入院先がなかなか決まらない場合の患者さんをどうするかという点がよく問題になります   尿路感染症で敗血症になりふらついて転倒して腰椎圧迫骨折と頭部挫創を負った患者さん     何科に入院になりますかね??     決まらんですよね・・・   もうこれは救急部で管理するしかないようです     総合内科とか総合診療科がしっかり立ち上がっていて、主科を決めにくい患者さんの入院管理を引き受ける部署が決まっていればいのですが、そうでなければ救急部で管理するのがスムーズなのかもしれません   福井大学でも主科を決めにくい患者さんの入院管理を行っているということでした     林先生みたいに明るく「頑張ろーぜ」と言われるとやる気になりますね       今週は3当直でちょっとヘロヘロですが、明日は東京で遺伝性血管性浮腫のシンポジウムがあるので行ってきます   今年度もラストスパート!!   楽しくがんばろう

      206
      12
      1
      テーマ:
  • 20 Mar
    • 米国ER医がきた!!

      先日   当院救急部にアメリカのER医がきてくれていました     阪大の企画で、大阪の救命センターを中心に米国ER医を招いております     ロシア生まれの米国ER医   クーリエフ先生です! (右ですよw 左は笑いの神様です)       アメリカの救急専門医は30000人   そのうちほとんどがERで初療にあたっています     日本の救急専門医は4000人   現場にいない人もいるし、重症に特化して診療している人もたくさんいます     ER医は800人くらいと言われます     自己紹介の時に 「僕 is Emergency physician」   と自己紹介したら   「外科やってないの?」 「卒後からずっとER?」 「めずらしーね!!」 「僕といっしょ!!」   と喜んでいました     クーリエフ先生は旅行医学に長けており、保険会社に所属して患者の国外搬送のおつきあいなどもされているようです   というわけで、あっちのERの話や旅行医学の話など楽しく教えていただきました       朝7時から勉強会でレクチャーしていただき、そのままERで研修医指導してもらい、カンファレンスで意見をいただいたり、充実の日々でした   カンファレンスで患者さんの紹介と説明を彼にしていたのですが、やっぱり英語は使わないとできないなーと実感       クーリエフめっちゃ良い人で   ところどころ困るとsuggestionしてくれて、会話を成り立たせようとしてくれます   「大丈夫!何を言いたいのかよく分かる!」 「You are good English speaker!」 「話そうとすることが大事だよ」   ERの知識もですが、英語の勉強をたくさんさせてもらいました     十分それだけでもありがたい話なのですが、今書いている論文も英語校正してくれると言ってくれます   どこまで良い人なんだ・・・泣   初対面でMR.ビーンに似てると思ってしまったことを心の底から懺悔したいです       あっという間に時間は過ぎて、颯爽と帰っちゃいました     当院のカンファレンスの雰囲気や、仕事場の雰囲気が非常に暖かくて、良い空気に包まれていて大好きだと言ってくれました   来年も来てくれると信じて、この空気を守っていこう、英語頑張ろうと思いました         SAEM@フロリダまであと2ヶ月   がんばれ自分!!

      350
      24
      テーマ:
  • 18 Mar
    • GSA委員会

      先日の日本集中治療医学会で GSA委員会への参加が決まりました 正式に承認されましたのでご報告いたします    GSAはGlobal Sepsis Alliance 敗血症の重症化を防ぎ、救命率を高めることを目標として、国際レベルの連盟として結成された組織です  先日も学会が運営する敗血症のホームページが新しくなったという話をしました敗血症.com 敗血症ってご存知ですか? 要するに、このホームページの管理をしたり、敗血症対策を世に広める役割を担っているのがGSA委員会です   今回のホームページ改訂と同時に、ロゴマークも新しく作りました   日本らしく桜をモチーフにしたくて、5枚の花弁で敗血症対策をシンボライズしました(自分の意見が通ったことを密かに嬉しく思っています)  GSAは2020年までに次の目標を掲げています ・感染症の予防対策により敗血症の発症率を20%低下させます。・敗血症の早期発見と治療体制の確立により救命率を10%改善させます。・世界中で、適切なリハビリテーションを受けられるようにします。・一般市民と医療従事者の敗血症に対する理解と認知度を高めます。・敗血症を予防・治療することによる社会的な効果を評価します。  この目標を達成するための対策の柱が①予防②早期発見③感染症治療④全身管理⑤リハビリテーション です  海外の報告なども参考にすると、年間10万人が国内で亡くなっていると予想されます もちろん人は何らかの理由で死ぬのですが、敗血症は死亡率30%以上ともされますので、5本の柱の恩恵が得られる患者さんは多くいらっしゃるはずです   治療のためのガイドラインや、啓発のパンフレットもホームページに置いています  一般の方から、医療従事者まで、広く皆様に利用していただけましたら嬉しいです  あと委員としてこれから啓発に邁進していきたいと思います もちろん治療レベルも上げたいと思います   ご意見ありましたら何でも教えてください みんなで敗血症撲滅を目指しましょう 力を貸してください!!

      217
      19
      1
      テーマ:
  • 17 Mar
    • 医師国家試験合格発表!

      本日は   第111回医師国家試験の合格発表日でした       合格率は88.7%で、昨年90%を超えたことを考えると低くなっています   ここ10年で合格率は最低だったということです       狭き門と呼ぶには合格率が高いですが、それでも全員合格は叶わない試験です       合格した皆さん本当にお疲れ様でした そしておめでとうございます!       4月から仲間ですね!   がんばりましょう★         さて   当院にマッチしてくれていた医学生達ですが   残念ながら全員合格というわけにはいかなかったです     医師国家試験に合格できなければ4月から就職することができません   医学部を卒業した人として、再チャレンジするか、他の職業につくかということを考えることになります     仲間が減って悲しんでいる僕なんかより本人の方が残念だと思っているはずです   また縁があれば・・・と思わずにはいられません         そういうわけで、来年度からの研修医枠が一席空いてしまいました・・・・   とってももったいないと思います         当院のやる気ある研修医や、僕らと一緒に働きたい人がいたら、今月中におっしゃっていただければ僕動きます!!     明日はそんな研修医達と学会に行ってきます   うちから何名か発表します   頑張れ研修医!!

      271
      20
      テーマ:

プロフィール

救急医@ER/ICU

自己紹介:
東京都荒川区に生まれ 医者に代々続く通りなってしまった チェロを弾くことが趣味 サックスも実は...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

旧ランキング

医療・介護関係
7 位
健康・医療
43 位

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。