Ride on Legacy

車ネタを中心に、日々の出来事をつらつらと書きます


テーマ:

あれから、Windows7 Enterpriseを使っていたら、何かと不具合が多かったので、Windows7の最強版のUltimateをインストールしてみましたひらめき電球

もちろん、タダでべーっだ!


さて、まずはインストールの方法から・・・

基本的に前回のEnterpriseと同じですニコニコ

1.Bit Comet というソフトをインストールし、Torrentファイルを解凍できるようにする

2.Windows7 Ultimate 64bit Japanese をダウンロードする

3.ダウンロードしたISOファイルを、DVD-ROMに焼く(前回使用した、Xilisoft ISO DVD作成 を使います)

4. 手順に従い、インストールビックリマークシリアルは入力せずに、体験版扱いにしますパー

実に簡単ですね音譜


さて、次はOSをActivateしなければいけません汗

これにはWindows 7 Loader を使います

起動して、Install押して、適当にOKしとけば完成ですクラッカー

再起動すれば、Activate完了しているはずですにひひ


ところで、これまで32bitのOSだったのに、なぜここで64bitにしたのでしょう?

それは、ただ単にWindows7 Ultimateの日本語版が64bitしかなかったからです爆弾

64bitに対応していないソフトもいくつかありましたが、そこはXP Modeで対応しましたチョキ


64bitの最大のメリットは、メモリーの拡張の上限が増えることですグッド!

せっかく4GB積めるのに、3GB強しか認識しないのはもったいないってことですよメラメラ

そういうことで、また機会があったら4GBまで増設したいと思いますニコニコ

いいね!した人  |  コメント(0)
PR

テーマ:

ここからは公にやると法に触れるかもしれません注意


さて、今回は予告通りWindows7 Enterprise90日限定版のアクティベーションを回避したいと思いますヒミツ

残念ながら、6個くらいのアクティベーション回避ソフトを同時に使って試したので、いろいろなソフトが作用しているのかもしれませんが、決定打となったこのソフトを紹介しますにひひ


SK Patch v1 R2 Final ですクラッカー

言語の初期設定が中国語っぽいですが、ソフトを開いて右上の言語設定を英語にすれば、多少は読めると思いますパー

まぁ、特にいじる必要もなく右下の「Click to Active」をクリックして実行すれば、勝手にアクティベーションしてくれるはずですチョキ


ここで俺のThinkPadはなぜか画面の個人設定ができなくなったので、Windows7をアップグレードで再度インストールしました目

これで、アクティベーションされた状態で通常の設定ができるようになるはずですべーっだ!

しかし、この状態ではライセンス認証が済んでおらず、10日しか使えないので、もう1度さっきのソフトを使ってアクティベーションさせますニコニコ

これがうまくいけば、正規版として認証されるはずですOK

「コンピュータ」を右クリック→プロパティの一番下で、認証されているか確認してくださいサーチ


後半については、先述の通り色々な回避ソフトを使っていて、どう作用したのかわからないので、1発で済むかもしれませんグッド!

もしこのソフトでダメなら、俺はこのページ からアクティベーション回避ソフトを引っ張ってきているので、いろいろ試してみてくださいパー


さて、晴れて正規版と認証されたWindows7の使い心地は、結構快適です合格

ウチのThinkPadは、Core2Duoに2GBのメモリーを積んでいますが、同じものをインストールした後でもXPよりもサクサク動きますDASH!

あとは使い勝手がXPと大きく変わったので、それに慣れるだけですひらめき電球

いいね!した人  |  コメント(2)
PR

テーマ:

ハイ、新しいThinkPad X61を購入してから、自分の使いやすいようにカスタマイズにいそしんでいます音譜


今回は、そろそろWindowsXPにも飽きてきたので、Windows7をインストールしちゃいたいとおもいますひらめき電球

もちろん、そんな実験のためにお金を払うのは癪なので、タダで行いますにひひ

ちなみに今回利用するEnterpriseというグレードは企業用に販売されている製品で、Ultimateと同等の機能を持ちますニコニコ


さて、まず用意するのは、マイクロソフトのホームページ に公開されている、Windows7 Enterpriseの90日限定版ひらめき電球

これをダウンロードし、ISOイメージとしてDVD-ROMに焼きますCD

ダウンロードの際に職業をIT関連にしないと、通常のバージョンを使うように勧められ、ダウンロードできません注意

あと、Windows Liveへの登録も必要ですパー

まぁタダなので特に問題ないとは思いますが・・・


このファイル、容量は2.2GBあったので、我が家のネット環境だとダウンロードに12時間かかりましたパンチ!

おそらく普通の状態じゃISOイメージは焼けないので、Xilisoft ISO DVD作成 を無料なので利用しますグッド!

ライティングソフトを持っていれば別ですが・・・


あ、当たり前ですが、緊急時のためにバックアップとリカバリーディスクは必須ですよパー

基本手てきにCドライブしか変更されないのでそこにデータが入っていなければ問題ないとは思いますが一応・・・


焼けたDVDを再度ドライブに挿入すれば、既存のOS上にWindows7 Enterpriseのインストーラが起動しますにひひ

あとはWindows7をインストールするだけですが、XP以前のOSの場合は新規インストールしかできないので注意が必要ですグッド!

Vistaの方は、アップグレードすれば設定そのままに7に移行できます得意げ

約1時間でOSのインストールが終了しますクラッカー


これでWindows7 Enterpriseのインストール完了ですベル

しかし、有効期限が切れてるとか、正規版じゃないとか言われるので、それを回避する方法を次回に・・・

いいね!した人  |  コメント(0)
PR

テーマ:

ヒマだったんで、自分の書いた記事を見ていたら、カテゴリーの欄に「Windows」があるのに、一回も書いたことがないのに気が付きました爆弾

ってことで、今回はWindowsなフリーソフトの紹介ニコニコ


今回紹介するのは、『Microsoft Bootvis 』というソフトです。

直リンで張っておきますパー

(わぁ、初めてハイパーリンク張ったぁ音譜

簡単に説明するなら、Windowsの起動を早くするソフトってことですニコニコ


使い方はいたって簡単音譜

1.DLしたBootvisを展開して、インストールする。(特に設定は変更しなくてよいです)

1’.日本語化したい場合は、ココ からDLしたソフトを展開し、Bootvisのあるフォルダ(たいていC:\Program Files\Microsoft Bootvisに入ってます)にあててください。

2.Bootvisを起動します。

3.「トレース(T)」の中の、「次回起動時(B)」をクリック。

4.再起動を待つ。(※再起動後、グラフが表示されるまで動かさないように!!)

5.「トレース(T)」の中の、「システムを最適化(P)」をクリック。

6.また再起動を待つ。

7.再起動後、システムの最適化が終了すれば終了!(ここでも終了するまでは動かさないように!)


あ、もちろん起動時にパスワードの入力が必要な場合は、入力してくださいグッド!

これで自分のパソコンは、起動が10秒くらい早くなりました目

効果はパソコンによって差があるようですが・・・


Microsoftが出してるソフトなので、致命的な問題はないはずですが、一応不具合が起こっても責任を負いかねますので、くれぐれも自己責任でお願いしますあせる



いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード