日本美容外科学会認定専門医Dr石原信浩のブログ ~いろんなオペやっています~ タウン形成外科クリニック

タウン形成外科クリニックの理事長Dr石原信浩の診療ブログです。他院における二重まぶた、上まぶた、下まぶた、眼瞼下垂、豊胸などの術後のやり直しや修正手術を主に解説しています。東京・表参道院、東北5院の他、大阪、名古屋、福岡でも他院術後修正の相談が受けられます。


テーマ:

1年前に某大手美容外科で豊胸手術を受けた方です。大胸筋下に300mlのシリコンを入れてもらったそうです。


NEW http://www.keisei.ne.jp/photograph/cat62/post-27.html


上方向への位置異常と、被膜拘縮が見られます。

豊胸手術を行うにあたって、被膜拘縮は、世界中のどのような名医が手術をしてもやはりある一定の割合で起こりうるリスクではありますが、このような位置異常は、下部方向への十分なスペース作成ができていなかったことによるものと考えられ、技術的に問題があったと言わざるを得ません。


一般的に豊胸手術では、患者さんの体型、特に胸郭の大きさにもよりますが、大きいシリコンを選択するほどスペースの余裕がなくなり動きに制限が出てしまう可能性があります。それでもご本人はやはり300ml以上の大きさにこだわられていたので、修正手術においては、まず他院でのシリコンを取り出し、手術中に大きさと動きをご本人に鏡で直接確認していただきながら、新たに乳腺下に325mlのコヒーシブシリコンを挿入しました。

軟らかさ、位置、形ともに自然でとても満足していただきました。


それでは結果をお見せいたします。


NEW http://www.keisei.ne.jp/photograph/cat62/post-28.html



他院で受けた豊胸手術で取り出したシリコン

幸い、破損や漏れはありませんでした。




私どもの豊胸他院修正手術のページです。

(PC)http://www.keisei.ne.jp/bust/shusei/


タウン形成外科クリニック



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

Dr. 石原 信浩さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。