Dr.工藤勝秀のブログ ~美容外科・形成外科のあれこれ~ 盛岡タウン形成外科クリニック院長

タウン形成外科クリニックで、「安心・安全」をモットーに美容外科診療を行っています。このブログを通して、日々の診療で行っていることや自分なりの考え方を少しづつお伝えしていきたいと思っています。


テーマ:

しみのレーザー治療後初期の段階の経過をお見せします。
通常外来では以下のようなお話をさせていただいています。

①レーザー治療部位はやけどの状態となるため、約1週間程度軟膏を塗ってください。

②7-10日程度で日焼けのあとのような薄皮が取れます。

③薄皮が取れた部位はピンク色の肌の状態となり、3-6か月程度で徐々に肌色の状態となります。

④レーザーを照射した部位には日焼けやこするような行為は禁止です。また、場合によっては美白剤のハイドロキノンを併用していただきます。

⑤きちんとケアをしていただいたとしても、一定の割合で炎症性色素沈着を起こすことがあります。
その際は、通常半年程度ハイドロキノンを併用しながら待つことで徐々に落ち着いてきます。

簡単ではありますがこのようなお話をさせていただいています。
実際の薄皮がついている状態などを含めてお見せしたいと思います。

レーザー照射前です。

しみ①

レーザー照射後1週です。
薄皮がついた状態と取れた状態(どちらも同日)です。

しみ②
しみ④

取れた薄皮の状態です。

しみ③

レーザーの適応をきちんと見極めれば、概ねこのような状態になります。
もちろんこの後のスキンケアが大変重要です。

参考になれば幸いです。
AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。

本日は陥没乳頭の患者様をご紹介します。
ご自身で引き出すこともできない重度の陥没乳頭を認めました。

このようなケースでは酒井成身先生が考案された酒井法がもっとも成績がよいと考えています。

今回も酒井法に準じて手術を行いました。

後戻りの多い疾患ですので、中長期的な経過観察が必要ですが、現時点では満足頂きました。

術前・術後は以下のサイトでご覧ください。

http://www.keisei.ne.jp/kudo/2016/09/post-1
AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。

本日ご紹介する患者様は眼瞼下垂に対し、挙筋腱膜前転法を行いました。
もともと加齢性の皮膚弛緩もありますが、控えめな手術を希望されましたので、重瞼ラインを高めに設定し、皮膚の折り返しを多くすることで、皮膚切除を最小限としております。

術前です。
ちょうなん術前

典型的な眼瞼下垂として以下の点があげられます。
①開瞼不良による眠そうな印象
②重瞼幅の拡大
③眉毛挙上による睫毛・眉毛間距離の拡大 など

術後3か月です。
ちょうなん術後3M

開瞼も楽になり、満足頂きました。
AD
 |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。