インターネット動画サイト「ユーチューブ」に投稿された動画を端緒に、09年8月に旧高野龍神スカイラインで制限速度を138キロ超えて大型バイクを運転したとして、道交法違反(速度超過)罪で逮捕、起訴された和歌山県紀の川市貴志川町北、無職、岩橋広明被告(43)の初公判が27日、和歌山地裁(国分進裁判官)であった。

 岩橋被告は起訴内容を認め、「知人の投稿動画より速く走った動画を載せたらどんな反応があるかと、軽い気持ちでやった」と述べ、最高では時速230キロで走行したこともあると明かした。検察側は冒頭陳述で「一歩間違えれば大惨事だった」などとして懲役4月を求刑。一方、弁護側は「社会内での更正が妥当」と執行猶予付き判決を求めた。判決は18日。

 起訴状などによると、岩橋被告は09年8月16日、制限速度同50キロのかつらぎ町花園の国道371号(旧高野龍神スカイライン)で同188キロで大型バイクを走行した。【川平愛】

万博公園運営権「大阪府へ移譲」の判定 事業仕分け(産経新聞)
万引き容疑、警官見るなり自分の胸刺す…男死亡(読売新聞)
<育児休暇>「母は偉大だと痛感」 復帰の文京区長が感想(毎日新聞)
バンコクへのツアー中止=危険情報引き上げで-JTB(時事通信)
飲酒運転死亡事故、検察側がアニメで状況説明(読売新聞)
AD