1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-01-01 21:00:00

2016年

テーマ:ブログ
ご無沙汰しております。
2016年のお正月、いかがお過ごしでしょうか?

昨年の秋ころから、いろいろと画策しておりまして、
そのためにブログの更新が滞ってしまっています。
まだ具体的なことは報告できませんが、
時期が来たらお伝えできるかと思います。

今年は、暖冬で雪の少ない正月を迎えました。
雪が少なすぎてスキー場が困るレベルですが、
近隣のスキー場はオープンが遅れたもののほぼ通常営業しています。
ただ、それでも例年と比較してもかなり雪が少なく、
今後、まとまった降雪がないと厳しい状況が続いています。
生活の面では、除雪作業に労力を割かなくていいので楽ですし、
除雪機の燃料、屋根融雪の電気代、灯油代等、出費の面でも少なくて済みます。
雪が多いか少ないかで仕事に直接関わる人も多いので、兼ね合いが難しいですが...

このブログが通常営業に戻るには今しばらくかかるかと思いますが、
今年もよろしくおねがいします。
この一年が皆様にとっていい年でありますように!
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015-09-15 21:30:00

弾圧と振興の間で揺れる仏教の歴史

テーマ:仏教
円仁や円載の事を調べていると、「会昌の廃仏」という大規模な仏教弾圧のことを避けて通れません。
円仁も円載も、あるいは同時期に唐に渡った恵蕚などもこの武宗による大規模な仏教弾圧により、
還俗セざるを得ない状況に追い込まれました。

しかし、唐の時代でも仏教が尊重されたことも多くありました。
振興と弾圧の両面があったということになります。

日本ではそれほどの大規模な仏教弾圧はなく、織田信長の比叡山焼き討ち他の仏教に対する締め付けや、
明治期の廃仏毀釈くらいが大規模なものでしょうが、会昌の廃仏とは比較にならないでしょう。



隋唐時代の仏教と社会―弾圧の狭間にて (白帝社アジア史選書)

この本は、北周の武帝による仏教弾圧から、会昌の廃仏の終焉までの期間の、
弾圧と反映の両面について書かれた本です。
仏教弾圧が行われる時の理由というか言い訳に「仏教は夷狄の宗教である」とか、
「仏教は死のことしか語っていない」などというものがあります。
仏教弾圧するときの皇帝はだいたい道教に入れ込んで、
不老長寿の妙薬と称する危険な物質を服用したりして結果として命を縮めていたりします。

仏教と道教はある意味両極にあると言えるかもしれません。
両極同士が議論すると、まあ話は噛み合いません。
深入りは避けますが、最近の安保法案に関連するやり取りを見ていても、
それぞれに結論が先にあり、それに合わせた論拠を見つけてきて、
それぞれが相手をやり込めた、論破した、と思い込んでる状況と似ています。

個人的には仏教徒ですし、仏教に接する時は真摯な気持ちで向きあおうと心がけています。
しかし、歴史的に見ても、現在でも、
仏教にかぎらず宗教を「絶対善」とするべきではないと思っています。
教えそのものの問題ではなく、人間の悪意によって「絶対的なもの」はいくらでも他人を支配しコントロールする手段として利用できてしまい、
実際、それによって様々な問題も起こしているからです。

そういうことは何時の時代でもおなじで、
この本を読むと仏教を政治的に利用しようとする支配者側の都合や、
逆に教団などのために政治を利用とする仏教側の思惑などがいくつも出てきます。
政治の腐敗や、仏教の腐敗、それは政治そのものや仏教そのものの問題ではなく、
人間そのものの腐敗によるものと言えるでしょう。

キリスト教を例にとっても、学校の歴史などで取り上げられる「免罪符」の例や、
宗派や宗教間の対立による争いなど枚挙に暇がありません。
更に、近年ではイスラム教を標榜する過激派連中の事件なども多発しています。
日本などでは、そういう報道によりイスラム教に対して悪いイメージを持ってる人も多いようですが、
彼らはイスラム教を自分たちの政治的な思惑に利用しているだけで、
勿論、本来のイスラム教は殺人を肯定するようなものではありません。
それは、キリスト教でも仏教でも同じです。
「目的のためには手段を選ばない」などという考え方が多数の賛同を得られるはずはなく、
そんな宗教が一般的に広く受け入れられる訳はありません。

個人個人は実に様々です。
極端な考えを持ち、極端な行動を取る人間は、何時の時代でもいます。

この本では、仏教弾圧があると、その後に揺れ戻しというか、今度は振興が図られたりします。
今度はそれを利用した仏教界側の腐敗が進んだりします。
仏教界の腐敗は今度は弾圧する側にとっては好都合になります。

元々は会昌の廃仏に対する興味からいろいろ調べていくうちにこの本を見つけました。
新潮社の「密教」という本の中で円載のことを比較的好意的に書いている文章があり、
その文章を書いたのがこの本の著者、藤善眞澄氏でした。
検索したところこの本の事を知ったという経緯です。

人物の背景がしっかり書かれていてなかなか興味深く読めました。
更に精読しようと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2015-09-13 00:10:15

auのままiPhone→iPhoneの機種変

テーマ:Android,iOS
auが「スーパー機種変更キャンペーン」と称してauのiPhoneユーザーの囲い込みをやってますね。

スーパー機種変更キャンペーン|キャンペーン・割引特典 au

私が使っているiPhone5s32GBモデルだと、
下取り分で21,600円がポイントに、更に10,000円分がau WALLETにチャージされます。
合計で31,600円分がバックされます。
まあ、ポイントバックがメインなので、自分とこで使えよ!ってことですが...w

ただ、この金額であれば、買取に出すより概ね条件は良さそうですね。
金額見ると分かりますが、iPhone6からの機種変でも金額がほとんど変わりません。
明らかに2年縛りが切れてMNPでdocomoあたりに流れるのを阻止しようということでしょう。

個人的にはdocomoに乗り換えるつもりはないのですが、
キャンペーンは12月31日までなので、ちょっと検討してみようかと思っています。

実は、とりあえず6sに乗り換えないで、次の7出るまで5s使おうかと思い始めてたところなのですが、
このキャンペーンを利用すれば6s Plusの128GBにしちゃおうかなって気分なります。
普通に一括で買ったらメッチャ高いんで。

うーん、とりあえず焦らずじっくり検討してみます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。