LOVE XX 555

2匹のワンコ暴走族と、元気いっぱいでいつまでも少年のような旦那さまと2012年11月生れのちっちとのBRISBANEでのぽかぽか日記


テーマ:

「*妊娠18W 1D」*

日曜日の夜は、うちのやんちゃ坊主のPONKYさん
の事でめちゃ、心配してパニクってしまいました留学



やっと雨が一瞬あがったので、思いっきり走らせて
あげよう
と思って、いつもの学校の校庭に連れて
いったんです。
散歩

 初めは元気よく走り回っていたんですが、1分くらい
目を離して次に見た時は、立ちだ止まり、そこから
動けなくなっていました

近寄ると、口から黄色い唾液を垂らして、何かを
懸命に吐き出そうとしている様子
are?*

これは、何かしらの毒を口に入れたのかも驚き
と思いあわてて、水道で口や、歯茎を洗浄し、
抱きかかえて家に帰宅し、再度、口を洗いなおした
んですが、20分程経過しても、うずくまったまま
動けない様子・・
汗

サンシャインコーストにサーフィンに行って帰宅途中の
そぉーのに電話をし、声を聞いたら、一気に涙が。。
泣

その後、直ぐに救急病院に電話をし、運転し慣れない
そぉーのの仕事用のトラックをで連れて行った所、
車の中でも横になったまんま動かないんです・・・
汗

最悪な事を想像してしまい、心配で心配で運転に集中
できませんでした・・・
うさ。

でもね、病院に着いて、診察室に入った瞬間

・・・・・・

あれれれ。。。!?!?

普通に動けてる・・。WHY

しかも、獣医さんも、脈も体温も、口の歯茎の状態も正常で
お腹の触診でも、問題が特に見つからないとの事・・・

「検査や、テストも出来るけど、特に今は問題なく見えるので、
多額なお検査費用は使わず、今夜はこのまま様子を見て
みましょうか?」と言われ、診察は15分ほどで終了~

そんなPONKYの様子を見て、安心して、一気に力が
抜け、私はヘトヘトになりました


お会計の為に待合室で待っていたら、心配して
サンシャインコースとから車を飛ばし、直接病院まで
来てくれたそぉーのが到着。

PONKYさん、ダディの姿を見て、それはそれは、
大喜びの大はしゃぎ。。

それには、受付の方たちも大笑いぷ

自宅に帰宅しても、お留守番していたじぃじとの
再会に大喜びし、大暴れ

ってどういう事??あれは演技??
というくらい、見違えて元気
ぷakn



え~本日のお会計、夜間の緊急料金含め、120ドルなり驚き
(ワンコ保険をかけてあるので、80㌫は戻ってきます)

こらこらぁ~
!!このお騒がせ坊主
妊娠中のマミィをこんなーに心配させて、しかも8.1KGの
チャビーの君の身体を抱きかかえ、お散歩先の学校から
猛ダッシュして帰宅したマミィのリスクはぁー!!

と言いたい事もありますがブ~・・・(車)。まぁ、何はともあれ、
無事でいてくれて、本当に本当によかったです
sei♡。


心配かけてごめんだワン


いいね!した人  |  コメント(0)
PR
同じテーマ 「PONKYとZEENA」 の記事

[PR]気になるキーワード