平野博文官房長官は20日夜、社民党の重野安正、国民新党の自見庄三郎両幹事長と都内のホテルで会談し、米軍普天間飛行場移設問題について「間違いなく沖縄の負担は軽減する。政府案を認めてほしい」と要請した。重野氏は「認められない。順序が違う。まず沖縄と話をするべきだ」と突っぱねた。

【関連記事】
首相「日本が先頭で走る」 韓国哨戒艦沈没で安保理決議
日米合意発表に反対 普天間移設で福島氏
グアム移転費削減せず 米下院委が国防権限法案可決
2014年の普天間移設は困難 防衛相が指摘
普天間問題 首相「平和のためにも5月末決着」

求ム「海の女」 海保、採用増に本腰 片手懸垂テスト廃止/OGを再雇用(産経新聞)
口蹄疫 大エース感染疑い 畜産関係者に大きな衝撃(毎日新聞)
<ボタン>早咲き、中咲き、遅咲きが競演 春の寒波が好影響?(毎日新聞)
Wiiの海賊版ソフトを販売 本体も海賊版仕様に改造(産経新聞)
北陸新幹線延伸「在来線共存の課題、解決が前提」 前原国交相(産経新聞)
AD