民主党の生方幸夫衆院議員は20日、千葉県松戸市で街頭演説し、小沢幹事長を批判して副幹事長を解任されることについて、「民主党は、小沢さんが白と決めれば全部白だという政党になってしまった。言論の自由がない政党が、国民の言論の自由を保障できるのか」と執行部の対応を批判した。

 小沢氏の進退については、「国会で(政治資金問題を)説明し、国民の理解が得られなければ、けじめをつけることが大事だ」と述べ、辞任が望ましいとする考えを示した。生方氏は「多くの議員が党内で声を上げないといけない。『処分されるかも』と口をつぐめば、民主党に未来はない」と訴えた。

 一方、細野豪志副幹事長はテレビ東京の番組で、「副幹事長は幹事長を補佐する立場で、まずは組織内で発言するのが最低限の有り様だ。(解任の)判断はやむを得ない」と語った。

将来はヴィンテージも 本格派「ノンアルコールワイン」の実力は?!(産経新聞)
厚生病院・社保病院、条件合えば売却―長妻厚労相(医療介護CBニュース)
提供したくない臓器に×=脳死移植、新様式で意見募集-厚労省(時事通信)
「事実誤認あるのでは」小林千代美氏、捜査に疑問(読売新聞)
「性教育の一環」と親から承諾書=女児暴行容疑の米国人男-福岡県警(時事通信)
AD