ナースMoMoUsakoの妊活カルテ

40歳。ベビ待ち9年。糖尿病ナース。
2015年11月、12回目の移植で人生初の妊娠、不妊クリニック卒業後、9W流産。
赤ちゃんは、15トリソミーの男の子でした。
私も、妊娠できるとわかりました。凍結卵残1個。
不妊治療ラストスパートがんばります。

NEW !
テーマ:

判定から1週間たちましたが、クリニック行きたくなってきました。
行かないと落ち着かない。
先生に、会わないと落ち着かない。
受診となったら、ド緊張のくせに。

ニコニコニコニコ

今日は、夕方からファインディングドリー を見てきました。

手には

ポップコーン。

見終わるまでに、食べ尽くしました。。。

すぐに何でも忘れてしまう魚のドリーが、悩みながら、直感で行動し、

たくさんの仲間の助けを借りて、

お父さんとお母さんを探す話です。

ドリーの友達、 分析型のニモが、悩んだとき、ニモジュニアに、

「ドリーなら、どうすると思う?」

と、言われ、考えるのをやめて、目に見えたものに直感で行動して成功するのを見て、

分析型の私は、

そうだな。直感で動くのもありだな。

と。

「こっちの方が楽しそうー」
「これが好きー」
「大丈夫。なんとかなるわよ」

みたいなのが、ドリーの口癖。

あまり書くとこれから見る人に悪いので。。。

とりあえず、とーってもきれいな映画でした。

八代亜紀の海洋生物研究所が、なんで八代亜紀なのか(ほんとに八代亜紀の声)、ギャグのつもりなのか?理解不能。

吹き替え版でないものを見たいですね。

ニヤリ

直感で生きてみたい。とか思いながら、帰りに寄った本屋でこんな本買ってしまった。

「ナースの心がラクになる!すぐやるストレス解消術」 2200円(税抜)


内容こんなの。




だいぶ立ち読みしたけど、役立ちそうと思って、買いました。

子どももほしいけれど、私は、看護師であることも好きなんです。


今は、私らしい看護師像ではありません。

もう一度、私らしく働きたい。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
毎朝、更衣室で妊婦さんに会うのが辛くて、15分早く行ったのに、着替えて、更衣室の前の廊下を歩いてあると、前から。。。

きた。

うへー。

その後、病棟回診で他の妊婦さん2人と、朝に見た妊婦さんをもう一度。

妊婦さんに罪はないけれど、今の私には堪える。

白衣のしたのお腹の膨らみ。

私の子は。。。。

ショボーンショボーンショボーンショボーンショボーン


今日は、月1回のカウンセリング。

こないだからの出来事をぶちまけました。

ここ数日、私の頭のなかは、

「私は何が辛いのか?」

をリピート、リピート、で考えてしまっていたので、昨夜、考えをだーっとExcelにうちだしました。
50項目以上あったので、切り切りして、私の好きなKJ法で、まとめてみました。

私のストレス源は
①子どもができない事に関係するストレス
②不妊治療に関するストレス
③仕事のストレス
④職場でのストレス
⑤家庭でのストレス

私の不安は
①体の不安
②仕事上の精神的不安
③仕事内容への不安
④職場環境への不安
⑤職場の対応への不安
⑥想像上の将来への不安

に分けられました。

これを元に先生と話をし、自分の頭の中が、まとめられたので、少しすっとしました。

ニコニコニコニコニコニコ

今日は、地蔵盆か。
お地蔵さんがキレイに飾られて、いっぱいお菓子が。

そらちゃんの事を思いだし、手を合わせました。

お地蔵さま、お空のそらちゃんをお守りください。

照れ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Facebookを、見ていると、4年前の今日、2回目の移植の判定日だったようで(当時は、blogを全部FacebookにUPしていました)、

はじめて、フライングなしの判定まちを経験して、かなりこたえている様子が書かれていました。

経験から、今は、そんな体に悪いことしませんけどね。判定日の朝、フライングです。

で、しばらくページをめくっていると、面白い題名。

「甚だ思慮に欠けたアドバイス」
↑ページ一番下にリブログあり。

「子守唄が唄いたくて」 という本を読んだ感想文でした。



この本、かなりよかったです。
なぜ、子どもができないことがこんなに苦しいことなのか、心の中をよまれているような的確な表現。

もう一度、読んでみます。

うちんち、不妊の本だらけなんです。


ジネコはそろそろさよならするか。
そういえば、今年に入ってから来てない。
妊娠したのを知っているのか?


●他のオススメ本●
「エンブリオロジスト」


2008年9月に体外受精で卵の取り違えが起こり、片方の女性が妊娠9週で中絶しなくてはいけなくなった事件。話は、ここから始まり、いろんなクリニックのエンブリオロジストさんの仕事について取材をしています。

本当の話で、クリニックの名前とか人の名前とかそのままでているので、読みごたえあります。

●流産した時に、助けられた本●
「永遠の別れ 悲しみを癒す知恵の書」


なぜ、喪失は悲しいのか、どうすればいいのかが書かれています。内容が濃いので、さらっと読める本ではありませんが、、、助けられました。

流産、死産だけではなく、大切な人との別れとか、一生持っておきたい本です。

↓仕事について悩んでいたので、共感。
 


どの本も、中古が安くなってていいですね。

「良い」評価だと、結構きれいなのがきますしね。


アマゾン中古好きです。

いつも本屋で立ち読みしながら、アマゾン中古探してますべーっだ!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。