1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年01月11日

元JADMA理事 柿尾正之氏に聞く 第1回「利用実態調査からみえる通販顧客」

テーマ:通信販売







2017年1月より、ビジネスチャレンジに寄稿連載いたしますDMG顧問の柿尾正之です。
全体的な成長が見込めない中で通販業界も新規顧客が簡単には取りにくく、既存顧客をどのように維持するかを中心に考えなくてはならないことを踏まえて「顧客視点」をキーワードとして全6回シリーズで進めていきたいと考えています。


 第1回の今回は通販顧客を統計的な視点から考えてみたいと思います。
日本通信販売協会(JADMA)の「全国通信販売利用実態調査」によりますと2015年の1年間で通信販売を利用した個人の割合は68.0%世帯ベースでの割合は82.6%で、3年間の数値は両方とも、あまり変化はありません。「通販は成長しているので、利用率も増加しているのではないか」と思われがちですが、現在では新規に通販を利用するというより、利用回数が増えている、と見たほうがよいかもしれません。


また女性と男性の利用割合も女性が73~4%男性が60%前後でその差は13~4%となっていて、ここ数年、変化はありません。女性はやはり、身の回りの服飾雑貨、化粧品の購入割合が高く、自分以外の家族の商品を購入することから、男性に比べて利用率が高い傾向にあります。もちろんこれは通販に限ったことではありませんが。


次に年齢別の利用率でみると、もっとも目立っているのは女性の50代、60代の方々の利用率の増加です。女性・50代は2013年・72.3%→15年・78.4%、女性・60代は2013年・66.0%→72.2%と上昇しています。
よく通販業界では40代以上の女性をターゲットにすることがリピート通販としても無難である、と言われますが、実際、利用率からみても裏付けされます。


今後はいわゆるシニアの人口が増加するとともに、活動的に行動するアクティブ・シニアの女性はアンチエイジング系商品のユーザーとしても、ターゲットの中心として期待されています。


次に利用者が居住する場所で違いはあるのか、という点ですが、よく「辺鄙なところに居住されている方ほど通販の恩恵がある」と考えられがちですが、統計的には政令指定都市と郡部のようなところで、それほど利用率に差はありません。実はこれは通販での購入動機が異なる、ことのほうに意味がある、と考えられます。つまり都市部の方々は店舗が周りにはたくさんありますが、店舗にはない商品を購入すること、さらにはファッション系商品では通勤、通学で交通機関を利用するため、外出着が必要となること等が顕著となります。


一方、郡部にお住まいの方々では周りに店舗が少ないため、どちらかというと生活上必要な商品を購入されることが多い傾向にあります。
しかし、全体的には日本ではよほど辺鄙な場所以外の地方都市でも、ほぼ主要なチェーン店が出店しており、国道沿いの景色はどこも均一化されてきています。

このことからも消費の傾向は違いが無くなってきているものとみられています。面白いのが職業別の違いです。典型的な一例としては、テレビショッピングは自営業や専業主婦の方々の利用率が高く、携帯・スマートフォンはいわゆる企業に勤められている方々の利用率が高いことです。


いずれにせよ、狭い国土で、かつそれほど格差が無い日本ですが、通販の利用者を統計的にみていくと違いがあることがわかってきます。
それが皆様の企業の通販のターゲットであることを念頭に置いて頂ければ幸いです。


第2回は、3/16(木)を予定しております。


大分焼酎街道はこちら↓↓↓↓



きちょくれ大分ネットショップはこちら↓↓↓↓



世界農業遺産に認定されている大分県国東半島宇佐地域の特産品を集めた
ネットショップ「きちょくれ大分」のパンフレットを、ご希望の方にお送りしております。






(株)ダイレクトマーケティンググループ 
広報担当 ウェブチャレンジ編集長
(株)コーデ 代表取締役
日本ソムリエ協会認定 ワインエキスパート
占部恵子



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月02日

DMG&Gは今年で25周年を迎えます

テーマ:通信販売


 

 

 

 

 

[クリックで拡大します]
 

新年明けましておめでとうございます。


本年DMG&Gはお陰様で25周年を迎え、新しい取り組みがどんどん生まれます。

東アジアへの越境ECサービスの強化に加え、台湾でのテストマーケティング、昨年3月よりスタートした大分県の公式ネットショップ「きちょくれ大分」の運営・販売などに力を入れて参ります。

 

■ 越境EC事業に取り組みます

 

越境EC事業では台湾、中国、香港、シンガポール、マレーシアに拠点のある台湾のセルマインターナショナルと業務提携を組み、越境を考える企業様へのサービスを強化してまいります。現在、柿渋を使った消臭スプレー、「イケメンライダー」を商品開発し、台湾でテストマーケティングが始まっています。お悩み商品ということもり、現地の消費者に反響をいただいています。この結果は随時、皆様にお伝えしてまいりますのでご注目下さい。

 

 

■ 大分県発、Eコマース事業を推進します

 

昨年3月よりスタートした大分県のショップサイト「きちょくれ大分ネットショップ」は、DMGが運営、販売しており、主にソーシャルメディアや動画YouTubeを駆使した戦略で全国に販売をしています。
今後も大分県のファン作りをイベントも交えながら実施していきます。

 

 

■ 今必要なEC通販戦略とは?

  2月3日「立春セミナー節分祭」を開催します

 

毎年、独自のノウハウや他社事例を公開させていただき、毎回好評をいただいているDMGの立春セミナー。今年は2月3日(金)の節分の日に「立春セミナー節分祭」を実施いたします。

DMG田村による2017年の新方針他の公開にはじまり、店舗とECを融合したビジネスモデルで注目を集める、元(株)キタムラ執行役員、逸見氏による同社の事例や視察に訪れたアメリカやイギリスの最新事情の紹介、ネスレ日本(株)の小野寺氏による通販業界をはじめとする企業とのコラボレーション事例紹介などは必見の内容です。

 

見どころ満載の「立春セミナー節分祭」に関する詳細は、こちらのウェブサイト でご覧いただけます。 お申込みはこちら


その他、ご質問などございましたらこちらの フォームより、お気軽にお問合せ下さい。

 

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

※上部画像のQRコードより読み取りが困難な方は、下記のURLより、DMGの取り組みをご覧になっていただけます。

 

きちょくれ大分ネットショップ「アマニオメガゴールド生絞り」

台湾で発売中!イケメンライダー

 

 

大分焼酎街道はこちら↓↓↓↓


きちょくれ大分ネットショップはこちら↓↓↓↓

 

世界農業遺産に認定されている大分県国東半島宇佐地域の特産品を集めた
ネットショップ「きちょくれ大分」のパンフレットを、ご希望の方にお送りしております。

 

お気軽にお申込みください。
担当:青野
taichi_aono@dmg-one.co.jp


 

(株)ダイレクトマーケティンググループ 
広報担当 ウェブチャレンジ編集長
(株)コーデ 代表取締役
日本ソムリエ協会認定 ワインエキスパート
占部恵子

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月27日

野菜の通販「九州うまか野菜」のCRM

テーマ:CRMのヒント






九州産の野菜の宅配通販「九州うまか野菜」で、「お試しセット」を購入しました。





九州産にこだわり、厳選した野菜を宅配、もしくは通販で届けてくれます。地方に住む両親が70代になり、そろそろ車の運転も控えたいこともあってまずは私が、こちらの野菜の宅配がどのようなものなのか試しに注文してみました。


公式ネットショップには、「九州うまか野菜」の5つのこだわりが載っています。


1. 九州の大自然で育まれた野菜を食べることができる
2. 九州の珍しい野菜や果物が楽しめる
3. 郷土料理などの思い出のレシピがついている
4. 全て九州産で安心安全
5. 年会費、入会費は0円。更にポイントがついてお得


などです。

このサイトが信用できるショップかどうか、やはり気になってしまいます。スタッフブログが昨年の3月でストップしていたので、直接電話で問い合わせてみました。女性の声で注文可能と確認が取れたので、早速注文しました。


初回限定、送料無料で3,000円(税込)。野菜の種類は季節によって異なりますが、いつも9~11品入っているそうです。今回は熊本県産、長崎県産の野菜とみかんなど11品入っていました。



CRMツールは定期購入案内のチラシと野菜リストの2枚のみ。
(表)   

  

(裏)


野菜リストは届いたFAXがそのまま同梱されていました。



定期購入の申し込み方法はインターネットのみで、電話やFAXでの注文案内は記載されていません。残念ながら両親はインターネットをしないので、リピートは難しいと思います。60代70代でもインターネットを使いこなす人もいれば、同じくらいインターネットを利用しない年配の方もいるのではないでしょうか。

また、こだわりの中にある「レシピ」も同梱されておらず、ネットショップの説得力のあるコピーと実際の商品との間に温度差を感じてしまいました。


商品の野菜に関してはみかんにしても生産者の情報や商品名、糖度など「こだわりや特徴」が欲しいと思います。通販は商品が届くまでの時間も楽しみにしている人も多いと思います。期待値以上のものをお届けしないことには、リピートは難しいのではないでしょうか。


地方には一人暮らしのお年寄りも多く、こういった宅配通販のサービスはお年寄りの「見守り」として注目している自治体もあります。

消費者視点を意識することで、よりニーズに合う商品開発ができるのではと思います。



今回で2016年のビジネスチャレンジは最後となります。
1年間お付き合いいただき、誠に有難うございました。
2017年も引き続き、よろしくお願い致します。


大分焼酎街道はこちら↓↓↓↓




きちょくれ大分ネットショップはこちら↓↓↓↓




世界農業遺産に認定されている大分県国東半島宇佐地域の特産品を集めた
ネットショップ「きちょくれ大分」のパンフレットを、ご希望の方にお送りしております。



(株)ダイレクトマーケティンググループ 
広報担当 ウェブチャレンジ編集長
(株)コーデ 代表取締役
日本ソムリエ協会認定 ワインエキスパート
占部恵子





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>