ベビメタ・ラブ <BABYMETAL LOVE>

メタル世代より少し年上のロック世代からのベビメタ愛ブログです!
BABYMETALについて思いきり主観で書いてますがご容赦を!


テーマ:

 

いよいよレッチリのUKツアーが迫ってきました!!

 

チーム・ヘドバンのDA氏も恒例のごとく、同行しているようです。

 

 

 

今までメタルハマーの表紙には何度か登場しているBABYMETALですが、やはり週刊誌のKERRANG!だと、日本のキオスクのような色々な場所にも置かれて、月刊誌とは露出度や浸透力が違うのではないかと思いますがどうなんでしょうか。

 

KERRANG!の表紙に登場した直後にレッチリとの共演というグッドタイミング。

 

BABYMETALの英国侵攻はとどまることを知りませんね!

 

初日はロンドンのO2で、日本時間の今度の火曜日の早朝4時30分に開始です。

長く続いたベビメタロスですが、久々にワクワクしてきました!

 

 

そして、12月のレッチリとの英国ツアーの後、年明けには、なんとGUNS N' ROSESの日本公演のサポートアクトを行うとの発表がありました。

 

毎年末恒例のBABYMETALのキツネ様のお告げがないまま、早くも2017年1月からBABYMETALは始動するようです。

 

 

集大成の東京ドーム公演とともにMETAL RESISTANCE は完了して、新たなミッションに入ったのか、それともMETAL RESISTANCEはまだ終わらないでEPISODE Ⅴに突入したのか。

 

はっきりしないまま、年末年始は、英国と日本で海外大物アーティストのサポートアクトが続くこととなりました。

 

ただ、個人的には、日本でのガンズのサポートアクトは、今のBABYMETALにとって必要だったのか少々疑問に思います。

 

レッチリの場合は、大ベテランといっても今年ニューアルバムを発表した現役バリバリのバンドです。

 

今回のレッチリ英国ツアーもニューアルバムに合わせたツアーで、そんな大御所バンドの英国ツアーに参加し共演するというのは、とてもポジティブな意味合いを持つと思います。

 

が、ガンズの日本公演のサポートアクトはどうなんでしょうか。

今年、ガンズはオリジナルメンバーが久々に集結したようですが、アクセル・ローズ以外のメンバーが集まるのは今世紀初めてだろうし、バンドとしてはほとんど現役とは言えない状態です。

 

 

 

ガンズファンには怒られるかもしれませんが、一番安い席でも1万5千円以上という高額チケット代で、今のガンズが単独で京セラドームやアリーナクラスをどれだけ集客できるのか甚だ疑問です。

 

そこで現在飛ぶ鳥を落とす勢いのBABYMETALに急遽サポートアクトの依頼が来たのではないか。

 

実際チケット予約発売は8月に始まったのに、こんな差し迫ってからのサポートアクト発表には、どうしても穿った見方をしてしまいます。

(実際、私自身、今のガンズに1万5千円は出せないけど、ベビメタと一緒なら行ってみようかという気がちょっとしています。でも高いなぁ。)

 

 

とはいえ、BABYMETALにとっては、レディガガ、レッチリに続いての大御所、ガンズのサポートアクトを行なったという肩書きは今後米国市場進出にはプラスになるでしょうし、アクセルローズやスラッシュ、ダフら全盛期のオリジナルメンバーとの共演には、色々と得るものがあるのかもしれません。

 

 

image

 

 

しかし、やはりサポートアクトでなく本来のBABYMETALの単独ライブが見たいメイトが多いのではないでしょうか。

 

来年はまだサードアルバム発売はないだろうし、ライブ活動に専念し、今年より多くのライブを行うのかもしれません。

また、アニメ化に伴う米国での活動が増えるのかもしれません。

 

 

 

BABYMETALの2017年はどうなるのか。

やはり、キツネ様のお告げがないと、来年に向けての張り合いがありませんね。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 今年の紅白歌合戦、巷では、出場の気配濃厚と言われていたBABYMETAL

でしたが、結局今年も出場とはなりませんでした。

 

 

 BABYMETALの世界観を守るために、ベビメタサイドから紅白出場を辞退したのでは、とか、事務所の力関係、要するにアミューズの紅白出場枠の4枠(福山雅治、Perfume、星野源、SEKAI NO OWARI)のため出られなかった、とか色々な説がネットニュースで流れていますが、真相はわかりません。

 

 前回ブログで、もしBABYMETALが紅白に出た場合について、色々妄想を書きましたが、結局不出場ということで、肩透かしを食らった気分とともに、正直ホッとしています。

 

 やはりどう考えても、これまで見てきた紅白の、老若男女にわかりやすくある意味ダサい演出や空気とは、BABYMETALはマッチしない気がします。

 

{4D959830-7D21-401E-B144-FF3B67095149}

 

 

 

 一部メディアによれば、出場者がベビメタの後ろで悪魔のコスプレで踊って盛り上げるなんて記事もありましたし、ビルボードアルバムチャートにランキングしたベビメタと、シングルチャートにランキングしたピコ太郎の対決企画で、”ピコ太郎vsメタ太郎”なんていう色物扱いもされかねませんでした。

 

 

 

{B73F47E5-987C-4EA8-BE29-38CEAE45317F}

 

 また、 前回のブログで書いたように、新人若手歌手は、毎年の紅白で必ずと言っていいほど、ベテラン演歌歌手の後ろで踊らされます。

 

 BABYMETALが海外でどんなに活躍しても、日本の芸能界では10代の新人歌手に過ぎないので、同じように扱われる可能性が高いでしょう。

 

 ベビメタ三姫様が演歌歌手の後ろで踊る、となれば、黙っていないメイトが多いかと思います。

 そう考えると、BABYMETALの世界観を守るために自ら出場を辞退したという可能性は低くないように思います。

 

香西かおりの後ろで踊るももクロ

 

 

  今夜ようやくBABYMETALウェンブリーアリーナ公演のブルーレイを鑑賞しましたが、”日本人初”という名に恥じない素晴らしいクオリティのライブだったことをあらためて再確認しました。

 

 

 東京ドーム公演のとてつもない感動を経験した後に、すでにWOWOWやファンカムで散々見てきたウェンブリーのライブをいまさら見てもどうなんだろう、と思っていましたが、いやウェンブリーのライブ、やっぱり素晴らしいです!

 

 

 例えば”GJ!”のようなハードコアな曲は、ファンカム動画だと、音質が悪くて最後まで聞くに耐えなかったのですが、いい音質でゆいもあの高難度ダンスパフォーマンスとともに鑑賞すると、この曲の素晴らしさをあらためて実感できました。

 

 そして、個人的に感慨深かったのは、SU-METALの紅月の表現力の進化です。

 思い起こせば、2014年後半の一時、紅月の高音部の歌唱が辛そうに感じる時期がありました。メイトの中には、SU-METALも声変わりして、紅月を封印する時が来るのではないかなどと語る人もいたのを思い出します。

 

image

 

 

 しかし、あれから2年が経ち、ウェンブリーでは、低音から高音まで自在に操り、2年前よりはるかに表現力を増した、スケールの大きな紅月を聴かせてくれています。

 SU-METALに対し、もうあの頃のような心配をするメイトは誰もいないでしょう。

 

 

 

 このウェンブリーアリーナのライブ、たくさん語りたいことがありますが、それはまたの機会に。

 

 ただ、BABYMETALのコアなファンでなくても、音楽の好きな全世代の人々、そして私と同世代のかつてのメタル・ハードロックファンにも、この日本の三人の少女がもたらしたこの歴史的なライブ映像をぜひ観てほしい。

 そう断言できる素晴らしいライブ作品です。 

 

 

 日本の芸能界の不可解なしがらみとは、全く別次元で素晴らしいパフォーマンスを全世界に向けて発信し続けるBABYMETAL。

 

 

{B87ECA71-5C92-4FB7-BDBA-A1CFE61695EF}

 

 ウェンブリーアリーナのライブを鑑賞し、彼女たちに紅白なんて必要ないな、とあらためて実感する夜でした。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

テーマ:

ベビメタロスの中、ウェンブリーのデロリアンを待ちわびつつ久しくブログ更新を休んでいたら、ベビメタ紅白出場なんて噂が飛び交う季節になりました。

 

{785D4FE5-5D05-4241-B38F-305DC462A673}

 

 

おととしも去年も、メイト間ではこの季節この話題で盛り上がり、出場賛成派と反対派に真っ二つに分かれました。

  

結局、これまで初出場はありませんでしたが、今年はどうも本当に出場しそうな気配が濃厚なようです。


初出場の若手といえば、一昨年のHKT48、昨年の乃木坂46がそうでしたが、どちらもまだ番組が始まってすぐの7時〜8時台に登場して、歌う時間は2分ジャスト位でした。
 

昨年の乃木坂46の初出場

 

去年も同じようなことを書いた気がしますが、そんな出演の仕方なら個人的にはベビメタが別に紅白出なくていいのかなぁと思いますが、すぅちゃんは前から出たいと言っていたので、出たら出たでとても楽しみに見たいと思っています。

 

特に東スポなど複数のメディアの情報によれば、今回の紅白では、BABYMETALとRADIO FISH(オリエンタルラジオ)の"PERFECT HUMAN"とのダンス対決が第1部の目玉になる、という情報もあり、もしそうなれば2分以上の持ち時間をもらえるかもしれないし、初出場の10代歌手としては異例な破格の扱いとなるかもしれません。

 

 

そしてそうなると、個人的に期待したいのは、オリエンタルラジオがNHKでMCを務める”らじらーSUNDAY"で共演する”ひめたん”中元日芽香との絡みです。

 

らじらーサンデーより(オリラジ、ひめたん、西野七瀬)

 

ひめたんは乃木坂の新曲でも連続して選抜メンバーとなり、アンダーだった昨年よりはいいポジションで出場することと思いますが、”ひめたん〜オリエンタルラジオ〜BABYMETAL”のつながりにより、中元姉妹の共演がこの国民的番組のステージで最高に華々しく実現する可能性もあると思います。

 

{AA214760-66D4-457E-872B-DF345CC5FA9C}

 

紅白って、普通民放ではタブーだったり実現困難な演出をちょくちょくすることがあるんですよね。古くは、マッチと明菜、聖子と郷ひろみ、という噂のカップルにチークダンスを踊らせたりインタビューしたりしましたし、最近はAKBがちょくちょくサプライズ演出してますし。

 

 

昨年も書きましたが、本当はロンドンから衛星生中継で紅白に登場して、英国でのBABYMETALの人気を日本国民に是非体感してほしいのですが、日本を代表する多くの芸能人と同じ場所で共演するのも、彼女たちの将来のためにはとてもプラスになるのかもしれません。

 

そんなわけで、今年はBABYMETALの紅白出場、やっぱり楽しみにしたいです!

(まだ発表されてませんが(^^;;)

 

そういえば、昨年初出場の乃木坂46は、藤あや子”曼珠沙華”のバックでチャイナドレスで踊ってましたよねー

 

アイドルや若手歌手がベテラン演歌歌手の後ろで踊るのは紅白の恒例の演出です。

昨年のこの乃木坂の振り付けは、モー娘。やAKBなどで有名な、夏まゆみ先生。 

 

BABYMETALの三姫様が演歌歌手の後ろで踊るなんて、KOBAMETALが許可するとは思えませんが、MIKIKOさん以外の振り付けのダンスも見て見たい気もちょっとします(^^;;

 

でも、そうなると、メイトさんの間ではきっと紅白出場以上に激しい賛否両論が渦巻くでしょうね!

{FC774068-A2A0-4F30-AAA1-E343F4A3A6E6}

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。