韓鶴子氏はサタンの主管を受けている

テーマ:

今日の日付で、韓国の『キリスト教ポータルニュース』にお母様と亨進様のことが記事にあがっていたので翻訳してアップします。

内部分裂は当の昔から始まっているので、家庭連合の崩壊が秒読み段階になってほしいものですが。。


・・・・・・・


Christ.gif

2016年4月11日

http://m.kportalnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=13504

“韓鶴子氏はサタンの主管を受けている ” 

内部分裂が始まった統一教、「統一」は名前だけ


▲ 聖誕記念式を行っている韓鶴子氏 (文鮮明夫人) (出所:youtube) 


異端問題専門誌「現代宗教」が統一教内部分裂が秒読みに入ったと4月号で記事化した。去る2月、世界平和統一家庭連合 (統一教) が基元節 (文氏が救世主としての使命を果たし、神にこれを報告する日を意味する:編集者注) 3周年を迎えたが、韓鶴子氏は基元節の前後に大型行事を盛大に執り行うことにより、自身の王位が堅固たることを誇示したというのである。


一方、息子の文亨進氏は「真のお父様の権限に戻ってくる祝福式」、「真のお父様の誕辰日(たんしんび)」という名の行事を独自に行い、韓鶴子氏の統一教を否定したという。「現代宗教」は、「統一教内部の雰囲気が尋常でないことを推測できる出来事だ」と診断した。



韓氏、基元節3周年行事を通して、自身の神格化を証明

「現代宗教」の報道によると、文亨進氏は、2015年3月、米国サンクチュアリ教会の説教を通して、統一教に対する韓氏のすべての権威と権限剥奪を宣言し、「韓氏はサタンの主管を受けている」として、韓氏の統一教を強く非難した。それゆえか、韓氏は、 2月21日に行われた「天地人真の父母様聖誕及び基元節3周年記念行事祝勝会」で、 「今私がやっていることに是是非非(ぜぜひひ)があってはなりません。イエス様の出現と同様に私もサタン圏と関係のない位置で生まれました。」と語り、文亨進氏を念頭に置いたかのような発言をした。


また、去る2月13日、「天地人真の父母聖誕記念式」行事で開かれたミュージカル公演では、「お母様を中心に一つなることを切に求めるので、天上の霊界が総動員で協助するであろう」という俳優の台詞を通して、統一教が韓氏を中心に確立したことを見せようとしたのである。

▲ 韓鶴子氏とは別の場所で聖誕記念式をしている文亨進氏 (文鮮明の七男)

  (出所:youtube)


韓鶴子統一教を否定する文亨進氏、その勢力はますます大きくなっている


韓氏が自身の神格化を証明する行事を進行した2月13日、同じ日に文亨進氏は、「真のお父様の権限に戻ってくる祝福式」を独自に進行したという。「現代宗教」は、この文亨進氏の行為を、「韓鶴子の統一教の合同結婚式を認めないと見ることができる」と分析した。また、「真のお父様の誕辰日(たんしんび)」という表現からみても、「文亨進氏が徹底的に韓氏の統一教を否定していることを知ることができる」と指摘した。


統一教対策協議会の李ヨンソン事務総長は、「現代宗教」とのインタビューで、「正統統一教会を知っている信徒たちは文鮮明の言葉を信じて文亨進側に移動している。文亨進は今後も独自的に行事を進行し勢力を育てていくだろうと文亨進統一教の勢力拡大を慎重に予想した。現代宗教は、「既存の統一教会の行事を維持しながら統一教体制を継続する韓鶴子と韓鶴子が屈服するまで非難を止める兆(きざ)しがないように見える文亨進」とし、 「韓鶴子対文亨進という亀裂が始まった統一教は現在、『統一』という名称も、『家庭連合』という名称も名前だけになった状況だ」と言う。危機の統一教会、今後の成り行きが注目される。




*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ ♪(*^ ・^)ノ
よろしかったら、ポチッとお願いします。



AD

コメント(4)