1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-21 09:20:22

安定して良いスコアを出す条件の1つ

テーマ:ブログ
●確実な寄せワン、決めていますか?



今日はグリーン周りで1番大切なチッピングについてお話しします

チッピングって?

と言う方のために一応ご説明しますと、グリーン周りでグリーンまでの距離がだいたい10ヤード以内の時に使うアプローチショットです。


状況に応じてクラブを使い分けます。
ピンが近ければウェッジ、遠ければロフトが立ったクラブと言う具合です。

世界の青木功さんは、5番アイアンを使う時もあります。


練習場にボールを打ちに行ったらまずチッピングの練習をする人は少ないでしょう


直ぐ近くに打つのは何だか勿体無い気がしますからね。


しかし、プレーの時、1日に3~4回はチッピングの機会があるはずです。

ショットがまあまあ良いとグリーンの近くに外しますからもっと多いこともあります。


全てのチッピングで寄せワンを取れているでしょうか?

80台前半から、70台、60台を目指している人は、全てのチッピングをピンに寄せなくてはいけません。
カップから1m以内にです。

これが安定して良いスコア出すための一つの条件です。


これが出来ないと偶然しか良いスコアが出せません。

・手首を使わず
・体の回転で打つこと

やる事はこれだけで、とてもシンプルですが、ミスが出る人は、

・体の回転が出来ない
・体を回転しているつもりで傾いているだけ
・手首や腕を使う
・力んでいてクラブの重みを感じることが出来ない


結果、
ダフリ、
トップ、
ショート、
方向がぶれる、
たまたま寄る

と言う具合です。

5~6球打って、トップ気味、ダフリ気味などミスが1球でも出たらプレーの時に成功している様に見えるのは偶然上手く行ったと言うことです


なかなかスコアが良くならないな、と感じている人が最も早くスコアを良く出来る分野の一番はパッティングですが、その次に来るのがチッピングです。


前回のプレーの際、グリーンから10ヤード以内に外したショットがほぼ全て寄せワンだったとしたらどうでしょう?

もちろんライが悪い、ピン位置が難しいなどで確実に寄せられないこともあります。そう言った場合は除いて、

ライも普通、ピン位置もそんなに難しくない、ただ打って距離が合えば寄る


こんな条件ならば必ず寄せてワンパットで決めたいものです。
これが出来れば安定して70台が出せる可能性が高まります。


出来なければ偶然の良いプレーを願うばかりです…


チップの練習に力を入れましょう。


正しい練習方法はこちら



より良いゴルフのために


A.Ishida
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-06-13 08:59:19

最悪のプレーの後にすること?

テーマ:ブログ
リディア・コー、メジャー3連覇に向けてトップを走っています!!


さておはようございます。
週末のゴルフはいかがでしたか?

雨の月曜ですが、今日は以下をお楽しみください。


良くないプレーから反省する



悪いプレーが出てしまった後の対処について考えましょう。

誰でも調子が悪い時は有りますし、いつも良いプレーが出来るわけではないのがゴルフです

しかし「よりによってこの大切な時にこのスコアはないでしょ~」とガッカリする事も有りますね

私も研修生時代、何度も「今回こそは良いプレーが出来る」と思ってスタートしても、いざ蓋を開けるといつも通り、あるいは最悪のプレー、という事が多々有りました。



前半のプレーがあまりにも酷くて、キレてしまい、後半は自分の不甲斐なさに涙しながらプレーし、全て投げ出して「どうなってもいいや!!」と全ホールピンを狙ってだけプレーしたらパープレーなんて言う大波賞も有りました。。


(研修生にそんな賞は無いですからただの下手な人ですけど…)


なぜ自分が予想もしない様なプレーになることがあるのでしょう?

なぜ急に悪いプレーが出たり、普段あまり出ないひどいミスが出るのでしょうか?

考えてみてください。







さて、
はたして本当に普段は、そんなミスが出ないのでしょうか?


実際には普段の練習やプレーの時にも出ているのです。しかしそのミスを軽視しているのです。



これは受け入れたくないほど厳しいことですが、これがゴルフの現実なのです。



つまり、たまたま、大切な時に問題が露出してしまったと言うこと。


ではこの様なプレーの後にどう対処すれば良いでしょう?




人によって色々方法はあるでしょう。

しかし現実的にやることは、

1、ダメだった事を考えて悩む
2、ゴルフをやめる
3、忘れて次に進む

これらの内のどれかです。


一生懸命ゴルフに取り組んでいる人ほど、良くないプレーはこたえます…


でもやるしか無いのです。



悪いプレーの後もいつも通り

・ミスショットを記録
・パーオン数、パター数、寄せワン数のチェック
・どの様な状況でミスが出たか?
対処の問題か?
心理的な面の問題か?
技術的なものか?
体調管理、体力不足?


全てチェックして、問題点を洗い出し、次の時に決して同じミスは出さないと心に誓い、強い決意と冷静な判断を持って前進して行くことです。




同じミスを何度も繰り返さずに、成長していきたいものですね!!



あなたは成長出来るように練習していますか?


それとも単に“打っている”だけですか?


確実に上達するために知らなくてはいけない練習のルールはこちら


ではまた



より良いゴルフのために

A.Ishida




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-06-03 16:36:22

A swing 日本語版

テーマ:ブログ
A swing 日本語版監修


ようやく終了しました~~

(とりあえずです。
おそらく最終チェックは、まだ有ります)


長かった…



思えば開始したのは1月位だったような(^^;;


色々忙しくて、と言うのを言い訳に出来ない位時間かかりました。
(ゴルフダイジェストさん、申し訳ありません…)(・・;)


レッドベターが、何を言わんとしているのか?


どう言う事を伝えたいのか?


よく分からない部分は本人に直接確認して考えたところも有ります


内容はとても分かりやすくなっていると思います(^ ^)


特に翻訳が難しいゴルフ理論の部分は、慎重に、確実に監修しましたので、どなたでもご理解いただけると思います。


世間一般的に誤解されているレッドベターのイメージを何とか正しいものにしたい


この想いが自分を突き動かしました。


彼のレッスンは、決して型にはめるような物では無いですし、
何を勘違いしているのか、アップライトスイング、あるいはフラットスイングのような表現をしている人もいますし、飛ばない、スライスが出るなど、とんでも無い誤解も多々あります(^^;;

実際の彼のレッスンは、芸術の域に達しています。

神の目を持っているのです。


直接レッスンを見るか彼にレッスンしてもらった人以外は、想像もつかない位のレベルのものでして、一般的な普通のレッスンしか受けたことがない人にとっては感動ものだと思います。




有名になると誰でもそうですが、間違った印象を持たれるものです

本当に良いものでも、実際に体験してみなければ全く分からないと言うのも事実ですね。

本当は直接レッスンを受けるのが一番ですが、彼にレッスンしてもらえる幸運な人はとても希少ですので、
このA swingの本は、本当のレッドベターを理解するのには、とても良いものとなるでしょう




キチンと読めばある程度誰でも実践可能ですし、

正しく理解して実践すれば、なぜレッドベターが世界ナンバーワンのインストラクターか理解出来るでしょう(^ ^)




もう少しで、日本語版が出ますので少々お待ちくださいね




また状況ご報告します。





より良いゴルフのために
A.Ishida







AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016-05-30 06:52:27

良い調子を取り戻す方法

テーマ:ブログ
おはようございます。

雨ですね。。


土日に良いプレーをした方、あるいは最近調子が良い方、そんな方もまたしばらくするとまたいつものプレー、いつもの調子に戻ってしまうのがゴルフの難しいところですね。

今日はそんな波を減らして、自身にとっての良いプレーや調子が良い時の「コツ」を維持する、あるいはすぐに思い出す為の工夫をお教えしましょう。


方法は簡単です。


ショットや、パット、アプローチ、バンカーなど調子が良い時や良かったプレーの時の状況をメモしておくことです。


バックスイングの上げ方、
体の使い方、
方向取り、
ボール位置、
構えの感じ、
グリップの握り方、
バックスイングの腕、脚、腰などの個別の感覚、
トップの腕の位置、
体の捻り方、
インパクトへの入り方、
リラックスしていた、
集中していた、

などなど

ご自分なりの感覚で良いので、

1、体の感覚
2、腕やクラブの感覚、クラブの軌道
3、リズムやリラックス感、精神的な面

などの点から見て全てメモしておくのです。


しばらくして調子が悪くなって、また調子が良くなった時にも同じことを実施します。
別に特別調子が良くなくても良い感じのショットなどが出たらそれをメモしてもOKです。


そうすると、そのうちに


「いつも同じような点に良い感覚を感じた時に、良い調子や良いプレーが出来るんだな」という事を発見するでしょう。


共通項を見つけてください。


最初のうちは、バラバラで統一感が無いと感じられるかもしれません。

しかしそのうち段々統一されて、自分にとっての急所、あるいは良い調子を取り戻すための「コツ」をしっかりと把握できるようになるでしょう。


そうなれば調子が悪くなりそうになってもすぐに良い感覚を取り戻すことが可能になります。


もし3つくらいのポイントになってしまう場合、合体できないか考えてみてください。


例えば、1=右わきを絞めて2=コンパクトに3=腕を使わないで肩でスイング


これらは、【腕を使わず(持ち上げたり、回したり、引いたり、出したり、曲げたり、ひねったり・・)に体の回転主体でスイング」とすれば約1個のポイントになります。

つまり
「手、腕は上げずに体の回転だけでスイング」となり、

「手でクラブを上げるのではなく、体のひねりでバックスイングをして腕が体と一体になっているような感じで打てば調子が良くなる」

という訳です。

自分では全く分からない、良い調子、良いプレーが無い・・、そんな方は一刻も早くレッスンを受講し、ご自分の為の「コツ」をつかみましょう(^^)

どんなレッスン?と言う方は以下から

初めての方


A Swing は良い調子の時のコツを思い出しやすいのが特徴です。
つまりいつも楽しくプレーできるという事


ではまた


より良いゴルフの為に


A.Ishida
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-27 09:55:06

あなたは本気で上達を願う人ですか?

テーマ:ブログ
おはようございます。

最高のゴルフシーズンが近づいて来ましたね!!
皆様、新年度となりお忙しい中、コンペなどでプレーの機会も増えていることでしょう。

相変わらず、「ゴルフはなかな上達しないなぁ~」と思っていらっしゃる方も多いでしょう。

今日はゴルフ上達の究極のヒントについてお話します。


何かのスポーツを経験した人なら分かると思いますが、ある動作を習得するにはそれこそ

「毎日毎日繰り返しやって体に覚えさせる」

という事を行ったはずです。

(正しい練習の認識に関しては、私が書いたレポートを読んでみて下さい。ご自身に何が足りないか良く理解できるはずです

http://www.leadbetterjapan.com/document 


この原理は、楽器、ゲーム、料理、勉強、仕事、英会話、なんでも同じです。

繰り返し実施して頭で考えなくても出来るようになって初めて実戦で効果が出るのです。


あなたは、ゴルフに関して何かを嫌になるほど繰り返し、徹底的に練習したことがありますか?


ほとんどの人が出来たつもりになって満足して、結果的には必要な技術を習得していないから、いつまで経っても本質的な向上が見られないのです。


どんな事でもそうですが、単調な繰り返しを毎日続けて、継続している人はとても少ない物です。


さらにその中から、完全に最後までやりきって完遂してしまう人に至っては、皆無でしょう。


あなたが本当に上達を望むなら、最後まで徹底してやりきることです。



より良いゴルフのために

A.Ishida





A Swing で上達!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。