1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-11-26 12:37:44

A swing 日本語版 発売日決定

テーマ:ブログ
{A2D268A5-B6DF-4F9D-8762-E510C937D02D}

皆さま

お待たせ致しました。

A swing 日本語版 

ついに発売日決定です。

12月2日(金曜)

です。

是非とも書店にてご購入下さい(^ ^)


今までのレッドベターの本の中で最高の出来だと思います(^ ^)

宜しくお願い致します!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-11-03 09:28:17

自分のスイングの問題を本当に理解していますか?

テーマ:ブログ

スイングを全く理解していない

 

 

ご無沙汰しちゃいました。。

 

楽しみにしている方、ゴメンナサイ。。

では以下をどうぞ。。(^^)

 

 


あなたはスイングの仕組みを理解していますか?
ここでの話は、ご自分のスイングに関してです。

・なぜ右へ飛ぶの?
・なぜフックするの?
・なぜダフるの?
・なぜシャンクするの?
・なぜドライバーが安定しないの?
・なぜオーバースイングになるの?
・なぜ手打ちになるの?
・なぜ体重移動ができないの?
・なぜクラブが寝るの?
・なぜ当たらないの?
・なぜ斜面は打てないの?
・なぜラフが苦手なの?
・なぜ飛ばないの?

問題点は数え上げればキリがありません。

上手く打てない原因、スイングのある一部分が修正できない理由

これらを理解せずにやみくもに練習している人が多過ぎます。

「スライスするからインサイドから下ろせ」
「プッシュするなら体を止めて手を返せ」
「フックするから球筋をフェードに」
「左に飛ばないよう腰を切れ!!」

表面的な問題を、適当な対処で修正する

あるいはトッププロが実践しているから真似てみる。

奇跡的に上手く行くこともありますが、安定するわけがありません。

ゴルフボールの飛ぶ仕組みは物理です。

なぜ左に飛ぶの?
という質問への答えとしては
「体が止まるからフック」
「手を返し過ぎるからフック」
「手打ちだから左へ」
こう言った回答が一般的ですね。

これらは問題点の表面をとらえているだけです。

実際にはクラブフェースが閉じて当たればフック、左へ、開いて当たればスライス、右へ飛ぶ。
単純な物理の法則です。

ですから「なぜ左に飛ぶの?」という質問への回答は、「インパクトでクラブフェースが閉じているから」になります。

自分のスイングを理解するには、
ボールの飛び方の問題が「なぜそうなってしまうのか?」
を理解することが大切です。
物理的な問題点の原因を把握するということ。

グリップ?
腕や手首の使い方?
体の使い方?

という具合に進んでいき、真っ直ぐに安定して打てない根本的な問題を理解し、改善することが本当の上達です。
自分にとっての根本的な問題点とその原因、修正方法
これらをキチンと理解して練習しないかぎりは、奇跡にすがるしかありません。

何が問題なのかをキチンと理解しないでは本質的な上達は望めないと言うこと。

ご自分のスイングをしっかりと理解して練習しましょう。


追伸:


上記したような問題の原因は、皆さんには無いので安心してください。

・ゴルフ雑誌
・レッスン書
・インストラクター
・指導者
・ツアープロ

ゴルフに携わり、情報を発信している側の人に問題があります。
正しいゴルフスイングへの理解を全く持たずに、情報を伝えている人が多いからなのです。

もちろん悪気があるわけでは無く、皆さん良しと思ってやっているのです。


ただ単に知識が不足していて、正しい情報、それに触れる機会がないからどうしようもないのです。

皆さんが上達するために、本当に必要なことをお伝えして、ご自身にとっての本質的な上達のポイントを正しく理解してもらい、もっともっとゴルフを好きになり、もっともっと上手く打てるようになる為に、我々は引き続き頑張ってまいります。

 

引く続きどうぞ宜しくお願い致します。

 

A Swing 本当に上手く打てます!!

 

 

より良いゴルフのために

A.Ishida
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-11 20:54:58

なぜ安定しないの?

テーマ:ブログ
●一番多い悩み

おはようございます。

日本一の暑さを競う町、鳩山町からお届致します。



今日は皆さんからのお問い合わせで一番多いもの、


安定感に欠ける、スイングが安定しない


という事について考察してみましょう。


・スイングがバラバラで毎回違う

・スコアの波が大きい

・右や左とショットが安定しない


安定感に欠けると考えている方は、この様なお悩みをお持ちでしょう。


安定しないという事はつまり、上手くできる時とできない時があるという事ですね


安定しない⇒

スイング、つまりインパクトが一定していない⇒

1/2000秒しかないインパクトの一瞬が一定していない⇒

良いショットだけではなく、悪いショットの出る可能性が有る⇒

ミスショット、あるいはスコアが悪い時、これらはたまたま出たのではなく、自分のインパクトに要因があり必然だと言うこと


「なぜ良いショットや良いスコアが出るのに“たまに”ミスが出たり悪いスコアになるのか?
なぜ安定しないのだろう?」
と思っている方も多いでしょう。

“たまに”ミスが出ると思っている方は、ミスした時だけに問題が発生していると考えています。

しかし実際には、良いショットの時、良いスコアの時と悪いショット、悪いスコアの時で、スイングの大きな違いは無くスイングの仕組みの中にミスが出る要素が有るという事です。


何らかの要因で良いインパクトが比較的多いときが調子の良いとき。

ほんの少しズレが出てしまうときが、調子が悪いときなのです。

ですから現状のままではいつまで経っても調子の波は無くなりません。


更なる安定したインパクトに仕組みになる必要があるのです。


また「常に安定しない」と思っている方の場合は、失敗した時だけが「たまたま失敗した」のではなく、上手く出来た時も「たまたま出来た」だけなのです。


そう言われてしまうと、やる気を失ってしまう人もいるでしょうが、現実とはそのような物なのです。


では、どうしたら本当に安定するのでしょうか?


それは1/2000秒しかないインパクトで微調整をせずに、シンプルな動きで打てるようになることです。

何回やっても、いつやっても上手く出来る事。それが本質的に安定しているということです。


その為には、体の回転でインパクトを迎えるようにすることです。

体と腕を一体にして目標方向に上半身(肩、胸、腕)を回転すること。


究極的には腕の動き、体の回転、クラブの動きの3者が完全にシンクロナイズ(同調)して動くことが安定性の最大の鍵になります。



この同調が獲得できれば貴方の望む安定したショット、スコアが得られるようになるのです。

いつも一定のタイミングでクラブフェースがスクエアにボールをとらえると言うことです。


身体を回転したら、ボールが真っ直ぐに飛ばないと言う人

あるいは上手く回転できない人、

それはセットアップやバックスイング、切り返しに問題があるからです。


自身のスイングの問題点を早く覚えて、インパクトの一瞬で毎回微調整しなくてもすむ、安定したインパクトを目指しましょう。


なぜ皆スコアアップして上達するのでしょう?

その秘密はこちら



より良いゴルフのために

A.Ishida
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-29 08:30:36

魔法の薬

テーマ:ブログ
●魔法の薬

おはようございます。

いよいよ夏本番が近づいてきました。

あまりにも暑いと練習やプレーのやる気を損ないますね。


先日休憩中にゴルフダイジェスト、パーゴルフ、ワッグル、EVEN、ゴルフTODAYなど雑誌に一通り目を通してみました。

相変わらず、

トッププロの飛ばしの秘訣、
これで80を切る、
グリップはなんでもOK、
スイングじゃなくメンタル、
ストレッチで飛距離アップ、
最近のドライバーはこう打てば飛ぶ、
プロも使うこのボールでスコアアップ・・・

などなど

様々な記事があふれていて、どれもそれさえやれば全て良くなる「魔法の薬」であるかの如く書かれています。

レッスンにいらっしゃる方にも様々なレッスンを渡り歩いて、究極の魔法の薬を求めていらっしゃる方がいます。


それさえやれば、その瞬間から「夢のように自分が変わり、全て上手く打てるようになる」という具合にです。

頭ではそんな事はないと理解していながら、それを追い求めてしまう。。


誰にでもそういった気持ちはあるものでしょう。

しかし現実的には、何か1つだけで全てが改善することは無いのです。


ゴルフは、「メンタルだ!」いや「スイングだ!」などの意見も聞きます。

しかし実際にはメンタルも重要ですし、ボールの飛球法則にスイングの方法が影響しないことはないのです。

120位でプレーする初心者で、すごいスライスを打つ人が、メンタルトレーニングをしたからと言って、その後から急にスライスがなくなり、70台でプレーするなんていう夢のような事は起きないのです。


スライスは考え方の問題ではなく、クラブフェースがボールに当たる瞬間にどういう状態になっているか?という物理的な問題で出るのです。


確かに、色々考えすぎずにスムースにスイングしたらスライスは減る可能性もあります。
しかし、ドライバーを変えても、ボールを変えても、ストレッチしても、メンタルトレーニングしても、どれも効果が出る可能性がありますが、どれか一つだけで全てが改善するという魔法の薬は無いのです。


・体力に問題がある人は、体力をつける

・体が硬い人は柔軟性を増すようにする

・考え方が良くない人は、メンタルトレーニングをしたりプレー中の考え方の方法を学ぶ

・スイングの問題は適切な対処で、一時的なその場しのぎでない方法を理解して、本質的な改善に取り組む

・クラブが問題の場合、適正なシャフトの硬さや重さ、長さに調節する

・スピンをかけたければ、スピン系のボール、飛距離を少しでも出したいのなら飛ぶボール(ただしグリーン上で止まらないと言う無理な要望は持たない)を選らぶ。

などなど。

ゴルフには様々な面がありますので、自分に足りないと思う部分は少しづつ改善を図るべきですね。

全ては出来ないでしょうから、全ての要素が大切なんだという事を理解しつつ優先順位の高い部分、つまりスコアに最も影響を与えていると思われる部分から改善したら良いでしょう。


どこから手をつけたら良いか分からない?

そんな方はご相談下さい。


自分の練習に不安のある方はこちら→http://www.leadbetterjapan.com/document



では今日はこの辺りで。



P.S. 魔法の薬


合ったらいくらで買いますか??

(ごく一部の方だけに秘密で販売しますよ・・)



より良いゴルフのために

A.Ishida
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-16 08:33:49

なぜ飛ばないの?

テーマ:ブログ
おはようございます

本日は富士山の麓からお届けします(^^)

もっと飛ばしたい人へ


なかなか梅雨明けしませんが、皆さんは季節によって「ゴルフをしない」ということはないですね。

冬はスキー、あるいは他の趣味もあるという様な方もいらっしゃるでしょうが、上達したいと願っている方は一年中プレーをしていらっしゃることでしょう。


今日は、そんなゴルフ好きの皆さんの中で、


「もっと飛ばしたい」と飛距離への強いこだわりを持っている方には厳しいアドバイスです。


飛距離はゴルフの中の1つの麻薬です。


良い当たりで飛距離が出ると、気持ち良くて

「次も、またその次も」となってしまうものです。


また飛ばないと思っている人は、頻繁にクラブを変えて、「これは飛ぶ」という物にはいくらでもお金を払ってしまいます。


自分を変えるのには努力が必要ですが、クラブはお金さえ払えば一瞬で自分の物になりますから、
「20万円のシャフト」とゴルフをしない人が聞いたら目が飛び出すような物にも躊躇なく出費します。



飛距離を最大限に出すためには、高い道具を買うことや、トレーニングを頑張ることよりも、スイングを良くして効率の良いインパクトを目指すことです。

ゴルフ雑誌などで

「一般男性と同じくらいのヘッドスピードの女子プロがなぜあんなに飛ぶの?」

という様な記事を目にしたことがあるでしょう。

女子プロが飛ぶのはインパクトの効率が良いからです。


飛距離を出したければ自分の能力を最大限有効に使えるようなスイングを身につければ良いということです。


「でもプロはすごくトレーニングしてますよね?」と言う声が聞こえました。。


既に自身の能力の最大限の飛距離を出しているプロは、筋力アップすれば更に飛んだり、ショットが安定する可能性があるからやっているのです。

また一般人とは比べ物にならないくらいのプレー頻度に耐えうる体を作る目的もあります


芯に当たらずに飛ばない人には、トレーニングも高いクラブも時間とお金の無駄になる可能性があります。。


飛ばしたければ、


・自分の現在の筋力や柔軟性でヘッドスピードが最大限に出せるスイングを目指すこと

・クラブヘッドがボールに当たる角度及び軌道を正しくし、無駄なスピンをかけず、適正な角度でボールを打ち出せるスイングを身につけること

です。


練習場で

「よしあそこまで飛んだ!」

「今のは飛んでない。もっと飛ばそう」

という具合に強くインパクトすることに注力している人は決してゴルフが上達しません。

初めてレッスンに来た人は90%位の方がレッスン前よりもレッスン後の方が距離が出るようになります。


ヘッドスピードは疲れて落ちているかもしれないのにです。


つまり、効率良く芯で打てるようになると飛ぶという事です。


貴方はドラコン選手並みに、飛ばすことに命をかけて練習していませんか??


いつまで経っても上達しないのはその為かもしれません。



飛ばすことではなく、上手く打つことを目的に練習しましょう


正しい練習方法とは? ⇒ こちらから



ではまた。


より良いゴルフのために

A.Ishida
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。