児童発達支援事業所・放課後等デイサービス事業所「エントランス」東京事業所のブログです

兵庫県伊丹で主に発達障がいを持つ子供たちの療育に力を入れる放課後デイ及び児童発達支援事業「エントランス」の東京事業所を立ち上げる単身赴任ママw/環境療育中の双子の次男in Tokyoのブログです。


テーマ:
前回は小学校1年生の可愛いPC大好きな女の子の「出来るから」の例を紹介しました。

今回は自分から言葉を発することはできなくても、とても負けず嫌いでシステムの理解及び予測能力においては天才的な能力を持つ小学校4年生の男の子の例です。

システムの能力の高さを表す上で分かりやすいのは、例えばローマ字入力を教え始めた際に「さ=S行」に行くともう既に「エスエー、エスイー、エスユー…!♪」と子音+母音のパターンを覚えて予測してしまいます。なのでローマ字は一日で習得。タ行にいくころには全てローマ字表を見ながら自分で入力してしまいます。2日でPCキーボードのホームポジションをほぼ完全に覚え、負けず嫌いの為入力スピードアップのソフトをソファーに倒れこみながらもノルマをこなせるまでやり続け、ブラインドタッチも指導3日で習得しそうな秀才です。

そんな彼でさえ、出来ない事があります。ボーリングのピンを立てることです。

彼は、まずエントランスに登校すると必ずおもちゃのボーリングで遊びます。シールを床に貼ってピンを立てる位置を指示してあげるのですが、自分でピンを立てることが出来ません。必ず先生の手をとって「立てて…」のお願いをします。

そんな時も当然私たちは彼の背後に回って「大丈夫だよ~、出来るからね~」。と声がけはしますが、負けず嫌いなのでそう簡単には行きません(笑)。それこそ彼のプライドを傷つけないように、ある意味接待?と思うほどの腰の低さで「マジすごい!すごい!できる出来てますからお願い!!やってくださいよ~!!!」とおだて倒してやらせていると、そのうち自分で「出来るからね~(歌)♪」と自閉症児独特なあの歌うような言い回しでやるようになりました。

障害の度合いが似ていても児童それぞれの性格や個性が滲みでています。

まだまだ紹介しきれないくらいの「絶対に出来るからね~」が沢山エントランスには溢れています。池袋教室にもこれから毎日素敵な出来るからねが積み込まれて行くことでしょう。また季節ごとに新しい出来るからね・・・を発信していきます^^。
AD
いいね!(15)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。