大相撲名古屋場所の特別席で暴力団幹部らが観戦するなどしていた一連の不祥事をめぐり、文部科学省は14日、日本相撲協会幹部から事情聴取した。同省スポーツ・青少年局の芦立訓競技スポーツ課長は、聴取に先立ち、幹部に対して「公益法人として不適切」と厳しく批判した。

 芦立課長は、同省を訪れた協会の八角広報副部長らと公開の場で面会。「暴力団関係者が何らかの関係で介在し、反社会勢力とつながりがあると社会から見られること自身、公益法人のあり方として極めて不適切」「社会からの信頼回復が今後の課題」と批判。そのうえで、約1時間にわたって八角副部長から事情聴取した。

 聴取後、省内で記者団の取材に応じた八角副部長は、木瀬親方(元幕内肥後ノ海)が暴力団との交際を認めていたことに触れ、「別に隠すつもりはなかったし、記者会見で発表したつもりでいた。言葉が足りなかった」と釈明した。

 また、大関琴光喜が野球賭博を認めたという報道については「そういう情報は聞いてない」と話した。

【関連記事】
木瀬親方、清見潟親方との差は「暴力団との交際」
大相撲、またまた不祥事!複数現役力士が野球賭博していた
“黒い交際”問題にメス 身内に甘い意識も
なぜ角界は暴力団と“親密”なのか 賭博・観戦“2事件”の行方
部屋“前代未聞”取りつぶし…木瀬親方、不機嫌な表情
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

<郵便不正事件>村木被告の指示を否定 上村被告初公判(毎日新聞)
子ども手当満額見送り「理解得られる」=菅首相(時事通信)
口蹄疫 宮崎県都城市で牛3頭が「疑い」 同市では初(毎日新聞)
菅内閣 金融・郵政担当相に自見氏 発足3日で閣僚交代(毎日新聞)
高速一部無料化、28日スタート=宮崎2区間を年内に追加―国交相発表(時事通信)
AD