沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題を巡る政府の対処方針について、鳩山首相は28日夜、臨時閣議での署名を拒否した社民党党首の福島消費者相を罷免し、基本政策閣僚委員会後の臨時閣議で閣議決定した。戦後、首相に罷免された閣僚は5人目。

 鳩山首相は臨時閣議後の記者会見で「「(最低でも普天間飛行場を県外移設すると言った)自分の言葉を守れず、心よりおわびする。沖縄県内と決めたのは代替施設を決めないと普天間が返還されることはないからだ。現時点のもとでの決定であることをご理解頂きたい」と述べた。

 福島氏を罷免したことについては、「連立パートナーの福島党首には残念ながら理解してもらえず、罷免せざるを得ない事態に立ち入った」と説明した。

哨戒艦事件で危機管理対応指示=原口総務相(時事通信)
<建設業法違反>虚偽の申請で許可得た元組幹部ら逮捕 愛知(毎日新聞)
説明にまごつく証人 苛立つ裁判長「もう一度」 SS元船長初公判ライブ(産経新聞)
<口蹄疫>農水省が種牛候補を提供の用意 宮崎県の要請で(毎日新聞)
堀内氏、石井氏と共闘!秋田でセミナーに参加(スポーツ報知)
AD