おもちゃや腕時計、補聴器などに使われるボタン電池は、さまざまな機器に利用されている。しかし、意外と困るのが使用後の処分。乾電池は自治体がゴミ回収の対象としているためルールに従って処理することができるが、ボタン電池は回収方法が分かりにくく、いつの間にか家庭にたまったりすることが多い。このため、昨年から業界が新しく統一した回収ルートを設け、周知に乗り出した。(太田浩信)

 ◆協力店として登録

 乾電池は電気を起こす化学反応の際に発生するガスを抑えるため、水銀を使用していた。しかし、水銀は人体に有害なため社会問題化し、国内では平成4年までにすべての乾電池は水銀を使用しない製品に切り替わった。だが、小さなボタン電池では品質面や構造上の問題から、いまだに多くの製品で水銀を使用。電池メーカー各社は製品に含まれる水銀の使用量を減らす努力を続け、一部では水銀を使わない製品の販売も始まっている。

 微量とはいえボタン電池に水銀が使われていることから、これまでもメーカーがそれぞれ小売店との間で回収する仕組みはあった。しかし、「回収方法が分かりにくい」との指摘や、回収ルートがつかみにくく回収量が低迷するなどの問題点が噴出。このため、電池メーカーでつくる電池工業会(東京都港区)は昨年4月、ボタン電池回収推進センターを設立し、回収事業をスタートさせた。

 回収の仕組みは、ボタン電池を販売する小売店を回収協力店としてセンターに登録してもらい、専用の回収缶を設置。定期回収のほか、缶がいっぱいになった時点で回収する。回収事業を行うにあたり、同工業会は廃棄物処理法に基づく産業廃棄物の広域認定を取得した。

 ◆補聴器使用者も安心

 回収缶には、最も大きいボタン電池(直径11・6ミリ、厚さ5・4ミリ)が入る穴を設けてあり、ボタン電池以外は入らない。ボタン電池によく似た形状で、平べったく直径も長いコイン電池の混入を防ぐためだ。コイン電池は水銀を使用していないため、ほかの回収ルートでの処理が可能となっている。

 回収協力店は現在8千店余り。昨年4月に約4千店でスタートし、1年余で倍増した。協力店はインターネットで同工業会のホームページのほか、「ボタン電池回収」と検索すれば専用サイトを探すことができる。

 協力店は電器量販店やホームセンター、スーパーなどのほか、従来の回収ルートで外れていた補聴器販売店も多く登録されている。「補聴器は寝るとき以外、長い時間使用している。ボタン電池の使用量も多く、販売店に持ち込まれる量も相当だったと聞く。皆さん、困っていたようです」と沢井道則ボタン電池回収推進センター長。

 既に回収缶で約1トンを回収したが、「あくまで自主的な取り組みなので、自治体や消費者に回収の仕組みを知ってもらうことが大切」と話している。

【用語解説】ボタン電池

 国内生産量は年間約8億個。酸化銀電池(製品形式記号「SR」)▽空気亜鉛電池(同「PR」)▽アルカリボタン電池(同「LR」)-の3種類がある。酸化銀電池は腕時計、空気亜鉛電池は補聴器、アルカリボタン電池はゲームなどに使われている。

 酸化銀電池では無水銀化した製品が数社から販売されており、アルカリボタン電池でも一部に水銀を使っていない製品の販売が始まった。しかし、空気亜鉛電池では無水銀化された製品はまだない。

【関連記事】
低消費電力技術が追加された「Bluetooth v4.0」詳細が明らかに
持ち歩く「トイレ流水音」 乙女心とらえ、節水も両立
ソニー「アルカリボタン型電池の無水銀化」 「不可能」覆した材料選択の目
【ニッポンのキーテク】水銀使わずエコ電池
中国が優等生路線に?

<火災>棟続き2軒全焼、男性が死亡…名古屋・西区(毎日新聞)
首相、財務相と午後に会談(時事通信)
<娘3人死亡>点滴の母に懲役10年 善悪判断の低下認定(毎日新聞)
展望台から落下、7人重軽傷=一部腐食か、支柱折れる―山梨(時事通信)
横浜市の待機児童が最多更新、共働き世帯増も背景に(カナロコ)
AD