原口一博総務相が16日の参院総務委員会に約5分遅れて野党側が反発、同委員会が流会になった。直前に出席していた衆院本会議の採決が予定よりも遅れたためで、原口氏にとっては不可抗力の遅刻。ただ原口氏は、3日の参院予算委員会でも仙谷由人国家戦略担当相や前原誠司国土交通相とともに遅刻しており、バツが悪そうだった。

 原口氏は16日午後1時開会の衆院本会議に出席。子ども手当、高校無償化両法案の採決に一議員として加わった。本会議は同2時5分ごろに終了予定だったが、終わったのは同10分過ぎ。このため午後2時10分に開会予定だった参院総務委員会に間に合わなかった。

 予定時刻になっても姿を現さない原口氏に対し、野党側は「なぜいないのか」と反発して退席。その後与野党の理事間で協議した結果、流会が決まった。平野博文官房長官は記者会見で「結果的に残念だが、事務の手続きミスではない」と述べた。

 参院総務委員の自民党・世耕弘成氏はミニブログのツイッターで「原口大臣が総務委員会に遅刻。予算委員会に続き2度目、官房長官が議長に再発防止を誓ったばかりの遅刻のため、今日の委員会は流会になりました。質問用意してたのに残念」と書き込んだ。

【関連記事】
予算委遅刻の前原、仙谷、原口3閣僚平謝り 官房長官「猛省を促す」
首相!「事務方のミスは大臣のミス」ですよ
政権発足半年 原口総務相「私たちは道半ば」
総務省が番組へ介入? 自殺報道の内容を民放5社に照会
「歴史的使命で判断を」小沢氏に進退検討促す
20年後、日本はありますか?

「仕分け」候補の公益法人、常勤役員7割が天下り(読売新聞)
<同意人事>原子力安全委員は原案通り決定へ(毎日新聞)
<保険金殺人>上申の元組長 東京高裁も懲役20年の判決(毎日新聞)
<労働者派遣法>改正案を閣議決定 規制強化へ(毎日新聞)
原口総務相がパーティー、3度目は2万円(読売新聞)
AD