公明党の坂口力副代表は23日、国会内で記者団に、参院選後に衆院議員を辞職し、政界を引退する意向を同党の井上幹事長に伝えていることを明らかにした。

 坂口氏は「井上氏に『病気だから、参院選が終わり次第、身柄を預けます』と伝えている。(進退は)井上氏に一任している」と述べた。井上氏は「参院選が終わった時点で考えましょう」と応じたという。

 ただ、党執行部は厚生労働相経験者で社会保障政策に精通している坂口氏の手腕を評価しており、慰留する考えだ。

 公明党では、神崎武法・元代表も世代交代を理由に、任期中に議員辞職する方向で調整している。

<九州新幹線>締結式 青森-鹿児島つながるレール(毎日新聞)
<大雨災害>避難判断は「個人で」 検討会報告書案(毎日新聞)
テレビ盗む途中に見つかり、自転車投げつけ…捕り物劇(産経新聞)
グーグル、中国本土から香港に「撤退」 さらなる対立も(産経新聞)
「何も決めてない」=「邦夫新党」対応で-自民・舛添氏(時事通信)
AD