福岡管区気象台は14日、福岡市で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。10日に開花した高知市に続き、全国2番目の早さ。平年より12日早く、昨年より1日遅かった。満開は21日ごろとなる見込みだ。

 気象台によると、この日の福岡市の最高気温は17.2度で、平年を3.4度上回った。福岡地方では2月から暖かい陽気が続き、同月下旬の平均気温は12.9度(平年6.9度)を記録。今月に入ってからも、列島が寒気に覆われた数日間を除いて平年値を超える日が続いていた。【門田陽介】

【関連ニュース】
桜:高知で開花 平年より13日早く
桜開花日:数日早まる予想 日本気象協会など3機関
被爆桜:平和への「遺志」咲かせたい…横浜の小学校に植樹
桜の開花日:どこが的中? 3機関の予想出そろう
余録:開花予想は花盛り

<中村耕一容疑者>「1年ほど前から覚せい剤使用」と供述(毎日新聞)
<座礁>フェリー、荒波で崩落 三重・熊野灘(毎日新聞)
役員年金打ち切り「同意必要」=もみじ銀の勝訴見直し-最高裁(時事通信)
<殺人未遂>男性刺され重傷、口論の男逃走 東京・渋谷(毎日新聞)
「ヒト型」に変異で患者増も―新型インフルで感染研・安井主任研究官(医療介護CBニュース)