19日午前10時55分ごろ、群馬県太田市新田市野井町の生品(いくしな)神社境内にある武将・新田義貞の銅像(高さ約80センチ、約240万円相当)が盗まれたと、氏子総代の男性(66)が市教委を通じて110番した。銅像は地元ゆかりの新田義貞が、よろい姿で刀を奉納している立ち姿。県警太田署によると、台座に固定したボルトごと力ずくで引き抜かれたような跡があるという。17~19日に盗まれたとみて捜査している。

 市文化財課によると、新田義貞は鎌倉幕府倒幕のため、同神社から挙兵したとされる。銅像は1941年に作られ、83年に挙兵650年を記念して設置された。神奈川県・稲村ケ崎で海に太刀を投げ込むと潮が引き、海側から鎌倉へ攻め込んだ伝説の場面という。【塩田彩】

あす再び沖縄訪問=平野官房長官(時事通信)
<「リニモ」>停電で900人閉じ込め 愛知の無人運転列車(毎日新聞)
<石川衆院議員離党>民主支部は今後も支援 北海道(毎日新聞)
<火災>民家全焼2人死亡 埼玉・富士見(毎日新聞)
日弁連、前橋刑務所に条約内容告知の徹底求める勧告(産経新聞)
AD