和歌山県教委は28日、勤務時間中にパソコンでアダルトサイトを繰り返し閲覧していたとして、生涯学習局スポーツ課の男性主任(58)を減給10分の1(2か月)の懲戒処分にした。

 県教委総務課によると、男性主任は2008年7月から昨年11月にかけて、県立体育館事務室内で、貸与された行政事務用パソコンを使ってアダルトサイトを繰り返し閲覧した。昨年8月には、勤務した21日間のうち10日間に計805回、1日平均2時間アクセスしていたという。

 主任は、08年4月から同体育館の主任を兼ねており、管理や、委託業務の契約の仕事をしていた。昨年11月に同僚から情報提供があり、事情を聞いたところ、「業者との付き合いにストレスを感じ、閲覧するようになった」と認めたという。

 同課はこの日、管理監督責任として同体育館の館長(61)に厳重注意。主任の体育館兼職を解除した。黒田吉廣総務課長は、「県民への信用を失墜させ、誠に遺憾。綱紀粛正に努めたい」と話した。

【中医協】DPC新係数、来年度の導入は6項目(医療介護CBニュース)
<朝青龍関>警視庁に「示談」報告…暴行問題(毎日新聞)
航空トラブル NZ機が離陸滑走中に急停止し煙 成田空港(毎日新聞)
<替え玉殺人>中国人被告に無期懲役 大阪地裁判決(毎日新聞)
かずさアカデミアパーク 経営が破綻 千葉県も出資(毎日新聞)
AD