DJターキー直伝!ファン獲得、売上げ、ブランドに繋げる店内放送とラジオ番組制作講座:企画原稿制作、話し方から録音まで完全フォロー

【上手く話せるかではなく、あなた自身を語っているか】
アンテナを立てて、あなた自身を発信してますか?
「トークブランド」
誰も真似出来ないオンリーワントーク。
あなたのトークをアップグレードさせるブログ。

「話し方を変えたければ生き方を変えろ」
「技術を極めてもネタがなければ意味がない」


リーダーや講師のヘボトークを克服する救世主。
「発信力」「説得力」「影響力」を確実にアップグレードさせる。
自らが18年間ラジオの現場で培ったノウハウ「DJメソッド」を伝授。
塾生はセミナー講師、チームリーダー、市会議員、医師、
コンサルタント、経営者、起業家、フリーランス、
営業販売担当者など幅広い。

雑談はもちろん、自己紹介や自己PR、営業販売、
プレゼンテーション、スピーチで活かせる
独自のヘボトーク克服ノウハウは斬新。
NEW !
テーマ:
"河原町"の読み

日本全国店内エンターテインメント化計画

経営者の思いと情熱を放送でカタチに!
顧客とスタッフを熱狂的ファンに変える
"ラジオ番組"と"店内放送"制作の指南役
ファン増殖放送コンサルタントTURKEYです

{747F8AA0-A6E2-4593-9BDD-584A763DE78C}

「かわらまち」

京都にお住まいの方
あるいは阪急電車を利用する方
こう読んだ方が多いでしょう
阪急京都線の終着駅です

「かわはらちょう」

大阪府守口市にお住まいの方
こう読んだ方が多いでしょうね
守口市にある実際の地名
FM HANAKOの所在地です

同じ漢字でも違う読み

考えてみれば珍しくない
日常よくあることです

{F0818655-5D31-4D12-B3DE-2A7ABCDC169E}

「渡辺さん」

よく見かける苗字
普段の日常生活において
「"ワタナベ"さん」と呼ぶ
そこで呼ばれたご本人

「あ、わたくし"ワタベ"です」

なんてこともよくある話
その場は笑って済ませられる
「そうなんですかぁ!すんません!」
すぐにお詫びを入れることも出来る

でも
それが許されない時がある

披露宴や式典

楽しい雰囲気のイベントではない
厳かで格式が高いフォーマルな場所
間違いなど絶対に許されない
そんな時や場所

{9DF4E239-EFDA-4673-BCA3-1E13CE8D4296}

例えば

「福山雅治」さん

こういう名前の方が祝辞をされる
台本にフリガナがついている

「フクヤマ・マサハル」

我々司会者
勿論それを信じてご紹介
するとご本人が祝辞の冒頭

「えー、わたくしは
   フクヤマ・マサジと申します…」

ごくまれにですが
実際にある話なんです
我々司会者はもう生きた心地がしない
その瞬間に非礼を詫びることが出来ない

祝辞が終わってから
「先ほどは大変失礼致しました」
そうお詫びをするしかない
台本が間違えているにも関わらず

名前や地名
いわゆる固有名詞

常識的な読み方
一方でまれに変則的な読み方もある

我々はそれを恐れているんです

{8ACA12CC-F090-4FC3-B392-48CF98FAF652}

ここで誤解して欲しくないこと

間違える恥ずかしさを回避

このためやないで!
名前を間違えて一番気分悪い人
ご本人でしょ?
ご本人に対してホンマに失礼でしょ?

だから確認するんです

わかってても
常識とは知ってても
何回も何回も確認する
それが我々の仕事なんです

でもね
それを分かってくれない人がいる

ご本人に確認せず台本を書く人
ちゃんと確認をせずフリガナを書く
我々はあなたを心から信頼してます
だから裏切らないでください

ただ

そういう間違いはあってはならない
だからこそあなたに確認する
時にはご本人に確認をさせて頂く
分かりきっていることでさえも

時々いらっしゃる…

「え?こんな読み方知らんの?」
「こんなん知ってて常識やん!」
「分かっててなんでわざわざ聞くん?」

あからさまにそんな表情や態度
中には口にする方もおられます
ほぼその方のなかでは「アホ扱い」
読み方すら知らない司会者

違いますから!

間違いがあってはいけない
だからこその二重三重の確認
間違いないという確信が持てるまで
とことん我々は確認をさせて頂きます

だからどうか
確認や質問をしてきた司会者
ご面倒ですがちゃんと教えて下さい
面倒くさがらずしっかり調べて下さい

ゲストの方をはじめご来賓の皆様
気分を害されることがないよう
どうかどうかご協力お願いします

{C0FD3DCF-AC4B-4E8C-BF93-95095E44DBBF}

専門学校の学生たちにも言うてます

「分かってても確認する!」

我々は分かってても三重の確認
常識を疑い「ひょっとしたら」を想定

逆に司会者が確認してきた際
どうか気持ちよく教えて頂きたいです

固有名詞は入念に!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。