DJ KOJIのポイズン・トーク

いろんなネタを集めてご紹介します!

NEW !
テーマ:
 チーッス!デスク周りを片付けていたらTDLのトムソーヤ島の地図が出てきました。大人であることを忘れさせてくれる唯一の場所。いやぁ、また行きたくなってきましたねぇ。 

でもこのTDLには怖い都市伝説があるの知ってますか?夏にぴったりの怖い話…ちょっとご紹介します。
 

 

あくまで都市伝説ですが、こんな話、大好きなもので…。



ディズニーランドの恐ろしい都市伝説

ディズニーランドのアトラクションの中でも比較的古くから存在するスペース・マウンテン…そこには無数の「お札」が貼ってある。これは2000年頃から噂されるようになった都市伝説で、事の発端はこうだ。



ある女性がスペース・マウンテンに搭乗した。ところが、ある不具合によって、途中でアトラクションがストップ。従業員がアナウンスで「トラブル確認のため、証明を1度付けさせて頂きます」と放送。直後、急に周りが一気に明るくなる。

 
すると、その搭乗していた女性がいきなり「ギャーーー!!」と叫んだ。

   

 一緒に搭乗していた女性が「どうしたの?」と聞くと、その女性が「天井に・・・」と指をさした。  


そこには、天井一面に張り巡らされた「お札」があったという。これがスペース・マウンテンのお札の噂が出回るきっかけとなった出来事である。

 

 実はこの「スペース・マウンテン」というアトラクションでは、過去に3度ほど死亡事故が発生していた。もちろんディズニーなので、故障などの不具合ではなく「心臓発作」などによる突発死である。

   

 スペースマウンテンはわりと激しいアトラクションなので、その衝撃により心臓発作を起こす人が少なからずいるという。天井一面に張り巡らされたお札は、ディズニーランドサイドがお祓いのために貼っていたものだったのだ。


今でもこのお札は貼られているという。しかしスペース・マウンテンのアトラクション内は、真っ暗のため普段は見ることができない。

 


チップとデールをモチーフにしたアトラクション「チップとデールのツリーハウス」。ここにも恐ろしい都市伝説が存在する。

その恐ろしい都市伝説というのが「人骨が埋まっている」というもの。実はこの「チップとデールのツリーハウス」には以前から、ある不可解な事故が相次いでいた。

 

 元々このアトラクションには「滑り台」が設置されていたのだが、その滑り台で謎の事故が多発していたのだ。あまりにも事故が相次ぐので、ディズニーサイドは霊媒師を呼んで「お祓い」をしてもらったという。

   

 するとその霊媒師は「滑り台の下に人骨がある」と言ったそうだ。

   

 実際に工事の段階で、滑り台の下に「骨」があったらしいのだが、それが一体なんの骨なのかは判断が付かず、そのままうやむやになっていたという。  


そうこうしている間に「チップとデールのツリーハウス」は完成してしまい、今に至る。今現在、人骨が埋まっているかどうかは定かではないが、ちょっと気味が悪いのは確かである。学者などによると「古い時代の遺跡から紛れ込んだもの」という見解もあるようだが、真相は闇の中だ。


 スプラッシュ・マウンテンのふもとにある「木のベンチ」をご存知だろうか?歩き疲れた人が、ちょいと座る程度の小さなベンチなのだが、ここで心霊現象の報告が後を絶たないのだ。 

その心霊現象というのが「謎の影」である。この木のベンチで写真を撮ると、謎の影が写り込むというのだ。
  

しかし、ただ写真を撮るだけでは意味がなく「カップル」で記念撮影をしないと起こらない現象なのだとか。
  

熱々カップルに恨みがあるのかは不明だが、カップルという条件は欠かせないとのこと。

   

 一緒に写真を撮る相手がいない私には、この都市伝説を検証することは不可能だが、もしカップルで行くようなことがあれば、撮影してみるといいだろう。それが原因で別れたり、喧嘩が勃発しても、一切責任は負えないのであしからず。  



世界的にも人気のあるアトラクションである「イッツ・ア・スモールワールド」。生前のウォル・トディズニーが提唱していた「子供の世界」「平和な世界」をテーマに設計されたと言われている。しかしそんな「イッツ・ア・スモールワールド」にも怖い都市伝説が存在する。

 

 その恐ろしい都市伝説というのが「アトラクション内での自殺」である。

   

 なんとイッツ・ア・スモールワールドのアトラクション内で、ディズニーランドの従業員が首をつって自殺したというのだ。

   

 ディズニーランドは徹底した従業員への教育で有名である。世界感を徹底的に追求し、末端の従業員にまで浸透させている。そんな従業員が、わざわざアトラクション内で自殺する理由とは一体なんなのか?

   

 どうやら噂では「ディズニーランドをクビになったから」だという。その従業員が不祥事を起こし、それが理由で解雇されたが、逆恨みであえてアトラクション内で自殺したというのだ。「クビになって首をつる」なんて冗談でも笑えない話である。

   

 ちなみに、その従業員が自殺したとされる場所はアトラクション内の人形が置かれていない場所であったらしいが、少しでも早く忘れてもらおうとその場所に、新たに人形を配置したらしい。その場所というのが「スイス人形の近く」とのこと。
 


他にもイッツアスモールワールドの出入り口に、謎の男の子がいるという。出入り口で一人だけで立っている男の子。横を通り過ぎると、「もう行っちゃうの?」、「またきてね!」と話しかけてくるという。



続いて「ホーンテッドマンション」。そもそもこの「ホーンテッドマンション」というアトラクションは、お化け屋敷であり、怖いのは当然なのだ。しかしながら、今回紹介する都市伝説はアトラクションの怖さではない。

 

 というのも、このアトラクションを体験した多くの人が、本来アトラクションに出てくるはずのない幽霊を目撃しているのだ。

   

 このアトラクションを体験したゲストに、スタッフが感想を聞いたところ、『無限に続く廊下の奥にいた少女のお化けが1番リアルで怖かったです』という返事が返ってきたのだ。それも、1人2人ではなく大勢の人から。

   

 しかし、このホーンテッドマンションというアトラクションには少女のお化けは出てこないのである。

   

では、この大勢のゲストが目撃した「少女」というのは一体なんだったのか?

 

 一説には、このアトラクション内で死亡した少女の霊ではないか?と言われている。あまりにも目撃者が多いため、全くの思い違いということは考えにくい。
 


ということは、実際に少女が立っていたのか、もしくは少女が立っているように見える置物があるのかのどちらかであろう。それとも本当に、ホーンテッドマンションには「少女の幽霊」が存在するのかもしれない…。

 

 他にも「ホーンテッドマンション」に本物の幽霊が混じっているというのがある。この話は開園当初から知られており、「最後に出てくる幽霊は本物、いや赤い幽霊が本物、黒い髮の女がそうだ」といったバージョンがある。

   

 またホーンテッドマンションの長く続く廊下や、本棚が並んでいる書斎にはピノキオの人形を持った男の子霊が顔を覗かせるが営業時間後にしか現れないので従業員しか知らないというものもある。  



 カリブの海賊アトラクション内には、
亡くなった人を供養するために白い花が置かれていると言われています。この都市伝説は、割と古くから噂されていて、
行けば分かりますが、実際に白い花が置かれています。
 

 では、誰を供養しているのか?

   

 都市伝説によると、供養されているのは、
カリブの海賊を建設している最中に、
事故で亡くなった作業員なのだそう。

   

 これが事実かどうかは分かりませんが、
実際に建設作業中の事故で死者が出たのは事実のようです。

   

 そして、アメリカにあるディズニーランドにも、
「カリブの海賊」というアトラクションがありますが、
実はそこのアトラクション内にも白い花が置かれています。

   

 ならば、世界共通で、
アトラクションのセットの一部として用意されているのでは?と、
思ってしまいそうですが、こちらにも似たような都市伝説が存在しています。

   

 東京ディズニーランドの場合は、
作業中の事故による死者ですが、アメリカのディズニーランドでは、
カリブの海賊が大好きだった少年が病気でなくなり、
その供養のために置かれているのだとか。

   

 更には、これらの都市伝説が飛躍したのでしょう、
アトラクション「カリブの海賊」には幽霊が出るだの、
亡霊が住んでいるだの、様々な都市伝説が語られるようになりました。

   

 しかし、これら都市伝説。実は、全く根も葉もない噂ではなく、
「カリブの海賊」では、多数の事故が起きています。2014年だけでも複数件あり、
利用客の指が切断されるなどの重大な事故が発生しています。そのため、世界各国のディズニーランドでは、
「カリブの海賊」の前列1列を乗車禁止にするなどの対策を取っています。

   

 東京ディズニーランドの場合、
乗り物の形状が違うため、
特に対策などは取られていないようです。これら事故が、
幽霊や亡霊のせいなのかは分かりませんが、
霊感の強いという人が、「カリブの海賊」内では、
寒気や霊気を感じる、と言ったことを度々述べていることなどから、
見えない力が働いているのかもしれません。





いかだに乗って島に渡り砦の冒険ができる「トムソーヤ島」。大人だけでは中々足を運ばないアトラクションですが、このアトラクションには悲しい都市伝説があるんです。


このトムソーヤ島のどこかに、ディズニーランドでは設置していないはずの石があり、スタッフが片付けても片付けても、その石はいつの間にかトムソーヤ島のどこかにまた置かれているんです。そのワケは…。

開園当初、ある男の子がディズニーランドに来園しました。その子はとても病弱でしたがトムソーヤ島が大のお気に入りで、ここに来たときはそれはそれは楽しそうに大はしゃぎしていました。しかし、やがて両親の看護の甲斐もなく、その男の子は容態が悪化して亡くなってしまいます。

両親は男の子の死を悼み、大好きだったトムソーヤ島に男の子の変わりに石を置きました。その男の子の魂がいつでもトムソーヤ島に遊びにこれるように。それ以来、その石は片付けてもいつの間にかトムソーヤ島のどこかに舞い戻ってくるのだということです。



 もうかなり前の話ですが、ある日人気アトラクションの「ビッグサンダーマウンテン」が運行中に突然停止してしまいました!


原因も不明なまま「機器の故障」とされていましたが、係員達が監視カメラをくまなくチェックしていくと、長い髪の女性が幼い男の子を連れて、ビッグサンダーマウンテンのレールの上を歩いている姿が、ほんの数秒ながらアトラクション内の各監視カメラに順番に映っていたのです!


その長い髪の女性の姿はわずかに透けていて、レールを歩くスピー ドはかなり速かったと言われています。

それ以来原因不明でビッグサンダーマウンテンが停止をすることはありませんが、もしまた突然の停止があればそれは…?!

 


 タワーオブテラーですが、どうもあちこちで幽霊の目撃談があります!有名なのがアトラクションに乗り込みエレベーターが上昇する所で鏡が出てきます、その鏡には時々幽霊が映るといわれています!その幽霊の姿に一貫性はなく、男性だった、女性だった等の遭遇した人達により違っていますので、そんなにたくさん の幽霊がいるのがちょっと怖いですね!
 

 ホテルの外観でも幽霊の姿が写真に写るという噂がありますが、タワーオブテラーの広間には壊れたエレベーターが残っており、その前で写真を撮ると「女性」が写真に写り込むことがあるそうで、こちらは女性の幽霊限定なのでしょうか?1人2人が撮ったくら いではここまでの噂にはならないと思いますので、機会があればぜひチャレンジしてみたいですね。

  http://都市伝説まとめ.biz/desnyatorakushomatome_td/
http://find-travel.jp/article/22968



送料無料■東京ディズニーランドorディズニーシー ペアチケット/東京ディズニーリゾート ペア1デーパスポート【目録A3パネル】【ディズニーランドペアチケット景品】ディズニーリゾート1デーパスポート/ディズニーランドペアチケット/幹事/ディズニーペアチケット

価格:17,436円
(2016/8/24 20:58時点)
感想(2件)


■今日ネタ

 現段階では少数派だけど。左利きに関する10の事実。

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52223540.html
オトナの秘密基地。世界に認められた日本のすごーい図書館。
http://jimococo.mag2.com/zenkoku/10483?l=oow047121d
目標を達成できるのは全体の8%しかいない──わずか8%の成功者になる秘訣。
http://www.lifehacker.jp/2016/08/160823achieve_goals.html
ニコール・キッドマン、元夫トム・クルーズと迎えた養女と再会し号泣。
http://japan.techinsight.jp/2016/08/kay08231422.html
ジェニファー・ローレンス、2016年度最も稼いだ女優に。
http://www.hollywood-news.jp/?p=67704
アメリカの刑務所で「ラーメン」が基軸通貨に アリゾナ大の研究生が論文を発表。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1608/23/news130.html
「TMはタイムマシーンじゃなく多摩」TMN木根尚登、ユニット名の由来を明かす。
http://dailynewsonline.jp/article/1173105/
見知らぬ女性に偶然わたした「ひまわり」は、彼女の亡き恋人の思い出の花…「小さな奇跡」の体験談がジンとくる。
http://irorio.jp/umishimaakira/20160823/345364/
火事で部屋に残された赤ちゃん、愛犬が覆いかぶさり迫る炎から守りぬく。
http://irorio.jp/daikohkai/20160822/344836/
悲しむ子供、喜ぶ両親。夏休みが終わって学校が始まった日の、対象的な親子の写真15枚。
http://www.kotaro269.com/articles/48049.html
なぜ人工甘味料は「悪者」にされるのか? 添加物は危険の大ウソ。
http://e.mag2.com/2bDNJzb
まるで人身売買。アメリカにはない「日本の芸能界」が抱える深い闇。
http://e.mag2.com/2bDNPGR

 

東京ディズニーランド完全ガイド(2016-2017)

価格:1,350円
(2016/8/24 20:59時点)
感想(0件)

子どもといく東京ディズニーランドナビガイド(2016-2017)

価格:1,296円
(2016/8/24 21:00時点)
感想(10件)

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。