DJ KOJIのポイズン・トーク

いろんなネタを集めてご紹介します!


テーマ:

チーッス!今日12月8日は『対米英開戦記念日(太平洋戦争開戦記念日) 』です。
http://www.nnh.to/12/08.html

ってことで、ポイズントークの過去ネタからこんな話をピックアップ!

驚愕!これがハワイ真珠湾奇襲攻撃の真実だ!?

1941(昭和16)年12月8日午前3時19分(現地時間7日午前7時49分)、日本軍がハワイ・オアフ島・真珠湾のアメリカ軍基地を奇襲攻撃し、3年6箇月に及ぶ大東亜戦争対米英戦(太平洋戦争)が勃発した。

「12月8日午前零時を期して戦闘行動を開始せよ」という意味の暗号電報「ニイタカヤマノボレ1208」が船橋海軍無線電信所から送信され、戦艦アリゾナ等戦艦11隻を撃沈、400機近くの航空機を破壊して、攻撃の成功を告げる「トラトラトラ」という暗号文が打電された。

元々は、ワシントンで交渉していた野村・来栖両大使がアメリカ側に最後通牒を手渡してから攻撃を開始することになっていたが、最後通牒の文書の作成に時間がかかったため、事実上奇襲攻撃となってしまった。

ってことで、日本海軍のハワイ真珠湾奇襲攻撃は、日本がアメリカに宣戦布告をする前だったので、だまし討ちをされたアメリカ国民は激怒し、"Remember Pearl Harbor !" の名の元に、日本との戦争へ突入したと、学校でも学びましたよね。

“Pearl Harbor”とかの映画を観て、それを全く疑うことなく信じて、敵国であった筈のアメリカ人主人公に感情移入しつつ「当時の日本は世界に迷惑をかけた」って思ってました。

しかし、いろいろと調べてみると、この真珠湾攻撃は、「宣戦布告が遅れた」 などということはなく、世界の開戦慣例にのっとって、天皇陛下の名の元に宣戦布告がなされていたようですね。

現に、パールハーバー攻撃が開始される数時間前、マレーにおいて日本陸軍との戦端が開かれたイギリスでは、「だまし討ち」など一言も触れていません。

実は戦争前に宣戦布告を書面にして相手国に手交し、その後、戦端を開くなど、どこの国もやったことのないんですね、「今から開戦します」「さあお互い頑張りましょう」という戦争は、現実には起こりえません。

ヨーロッパで繰り返されてきた幾百・幾千という戦争、ヨーロッパ諸国やアメリカ合衆国によるアジア・アフリカ・中東諸国への侵略戦争、第1次世界大戦しかり、第2次世界大戦の端緒となった独ソのポーランド侵攻やドイツのヨーロッパ侵攻そしてドイツのソ連侵攻、連合軍に加盟した多くの国々も、そしてソ連が日ソ中立条約を破り満州への侵略を始めた時も、事前に宣戦布告などありませんでした。

さらに言えば、戦後の朝鮮戦争やベトナム戦争や湾岸戦争も宣戦布告はありません。

それまでの世界の戦争慣例では、一発目をくらわせてから、自国の国民に向かって発表するのが 『宣戦布告』の手続きです。日本も、真珠湾及びマレー半島の攻撃を開始した後、天皇陛下の名の元に宣戦布告 『米英両国に対する宣戦の詔書』を大本営から出す手順がしっかりとあり、実際そのようになされました。

「日本に、だまし討ちをされた!」 となったのは、第1次世界大戦で自国とは関係のないヨーロッパの戦場で多くの若者が死に、厭戦気分が蔓延していた当時のアメリカ国民を一気に戦争へと向か わせるため、ルーズベルト大統領(選挙戦において「あなたたちの子供を戦場には出さない」ということを公約にしていた)が策略した『作り話』だった。(と書いた本もいっぱい出てますよ)

 

※ハーバート・フーバー

 

さらに第31代 アメリカ大統領ハーバート・フーバーは「日本との戦争は、対独戦に参戦する口実を欲しがっていた『 狂気の男 』の願望だった」とルーズベルトを指して言ってます。

ルーズベルトは、対独戦で劣勢であったソ連とイギリスを助けるべく、ドイツと開戦する理由作りのため、中国の利権を我が手に奪い取るため、何としても戦争がしたかったわけですね。日本軍の真珠湾攻撃まで、アメリカは日本との和平への道を求め続けていたなんていう歴史本に書かれた綺麗ごとにはうんざりです。


※フランクリン・D・ルーズベルト

 

近年、アメリカの機密公文書の情報公開により次々に明らかになった新事実として、アメリカよりの最後通告となったハル・ノートに対する、日本政府が在アメリカ日本大使館宛てに送られた交渉打ち切り通告の暗号文を、アメリカは既に解読済であり、ルーズベルト大統領以下政権スタッフ全員は、交渉打ち切り通告の内容を知っていたことが明らかとなっています。

また、択捉島の単冠湾(ひとかっぷわん)に集結した日本連合艦隊のハワイへの航路はアメリカ船籍の太平洋航路と重なっていたのですが、アメリカ本国より艦船が一切近寄らぬよう指示が出ており「真空地帯」となっていました。

何故なんでしょう? 「赤城」および「加賀」「蒼龍」「飛龍」「翔鶴」「瑞鶴」を基幹とする日本海軍空母機動部隊が突き進む道をわざわざ用意してくれたようです。


12月8日、日本海軍によるパールハーバー攻撃の1時間20分前、一体となり世界戦略を練ってきた同盟国、イギリスが、マレー半島にて日本陸軍の奇襲攻撃 を受け交戦状態となった。戦端が開かれたことは即座にアメリカ本国に報告され、アメリカ全軍に戦時体制が下達されましたが、アメリカ全軍の中に、太平洋の要衝、ハワイだけは含まれていなかった。

これも、何故なんですかね?日本との戦争の危機を知らなかった(知らされてなかった?)のは、ハワイに司令部を構えるアメリカ太平洋艦隊司令長官のキンメル提督とハワイ方面陸軍司令長官ショート将軍だけだったそうです。

ハワイに設置されていたレーダー監視網は、ハワイに迫りくる日本軍の飛行編隊を捉えていましたが、知らされてないが故に通常の監視体制だったので、「その日到着する補給機部隊が、予定より早く到着した」としか、判断されなかった。

ハワイ時間12月7日(日曜日)午前7時49分、日本軍がマレーへ侵攻したことすら知らされていなかったキンメル提督は、休日ゴルフに出かけようと玄関を出て迎えの車に向かった時、日本軍機による爆撃が開始されました。

※ハズバンド・キンメル大将


ハワイには知らされていませんでしたが、アメリカは日本海軍の真珠湾への奇襲を察知していました。それはアメリカが日本の外交暗号の解読に成功していたからです。他にも、日本海軍暗号、陸軍暗号の解読に成功していました。ゆえに、日本の空母がどこにいて、何を発し、何を命じ られたかはアメリカに筒抜けだったのです。

もっと驚くのは11月25日、第一航空艦隊が真珠湾攻撃に向けて出発するのと同時に、ワシントンから米国および同盟国のすべての艦船に対して「北 太平洋の航行を禁じる」という指示が出され、キンメル提督は独断で「演習」と称し日本海軍の動きを察知するためにハワイ北方に偵察用の艦船を配置していたのですが、ホワイトハウスはこれを中止させています。

翌26日、キンメルは空母2隻で航空機をウェーキおよびミッドウェイに輸送するよう命ぜられました。2隻の空母が19隻の新鋭艦に護衛されて真珠湾を出発すると、残るは第一次大戦の遺物のような老齢艦ばかりとなりました。

ハワイに近づきつつある日本の第一航空艦隊は、所在位置を秘匿するため無線封止を命ぜられましたが、実際には悪天候下での位置確認などのために無線発信を 行っており、ワシントンは129件の無線を傍受して、時々刻々の位置を把握していました。ある意味、米軍に見守られながら日本海軍は進んでたんですね。

ワシントンの現地時間で12月6日午後3時、日本の宣戦布告文が14部に分割されて、順次ワシントンの日本大使館に送信されましたが、それらは同時に傍受・解読されて、午後9時30分にはルーズベルト大統領のもとに届けられています。

14部のうち13部目を読んだとき、大統領は「これは戦争を意味する」と言いました。側近は「先手を打って迎え撃っては」と提案しましたが、大統領は頷きながらも「いや、それはできない。我々は民主的で平和的な国民だ」と答えています。

電文の最後に宣戦布告を翌7日午後1時(真珠湾では午前7時30分)と指定した部分は、その3時間前、午前10時に大統領のもとに届けられましたが、ルーズベルトは別に驚いた様子もなくそれを読み、何のコメントもしなかったそうです。

ルーズベルト大統領は、日本海軍によるパールハーバー攻撃前日、家族と朝食を取りながらこうつぶやいたそうです。

「明日、戦争がおこる」(『操られたルーズベルト』ルーズベルトの長女の夫であるカーチス・B・ドール著より)

「政治の世界では、何事も偶然に起こるということはない。もし何かが起こったならば、それは前もって、そうなるように謀られていたのだ」(フランクリン・D・ルーズベルト)

「ルーズベルトなどの指導者たちは、パールハーバーにおける米軍を故意に裏切った」

 

日本海軍による真珠湾攻撃が行われた当時、アメリカ太平洋艦隊 司令長官兼合衆国艦隊司令長官であったハズバンド・キンメル大将の証言(ニューズウィーク昭和41年12月12日号)

http://ameblo.jp/djkoji100/entry-11962150140.html

 

日本人が知ってはならない歴史

中古価格
¥5,309から
(2016/12/8 20:40時点)

 

■今日ネタ
超音速旅行時代の到来。東京・サンフランシスコを4.7時間で結ぶ超音速旅客機が公開される。
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52229860.html
太陽から放たれた怪しい物体。エネルギーを補充していたUFOなのか?
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52229797.html
秘密の世界会議に出席する方法を徹底解説! ビルダーバーグ会議、ダボス会議など、秘密結社へGO!
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20161206-46154592-tocana
中居正広が飯島三智とともに私財30億円を投じて新事務所設立 SMAP独立組とキスマイ、ジャニーズJr.ら総勢20人で始動?
http://matometanews.com/archives/1836050.html
20人で購入した宝くじが477億円に!メンバーのお金の使い方や今後の過ごし方がカッコいい。
http://irorio.jp/daikohkai/20161206/369494/
トランプ勝利の理由 「ポリコレ疲れが出た」と木村太郎氏。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161206-00000001-pseven-int
西田敏行、自身の薬物疑惑に嘆き「シャブ抜きで入院と書かれ…」
http://news.livedoor.com/article/detail/12388760/
た、たしかに…!海外在住者が語る「日本のヘンなとこ」
https://matome.naver.jp/odai/2148117286750422601
1本の傘を3万円でも買いたいと思わせる、福井県発の傘メーカーの戦術。
http://e.mag2.com/2hhdWqw
「あれしちゃダメ」という叱り方が、子供の未来と親子関係を壊す。
http://e.mag2.com/2gb7GAr
 

新・知ってはいけない!?―日本人だけが知らない世界の100の常識

中古価格
¥1,425から
(2016/12/8 20:41時点)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。