【映画DJ】DJAIKO62の映画バナシ

映画は最高の現実逃避!ラジオDJ、TV&TVCMナレーター、司会、ライターとして活動するDJAIKO62が実際に見た作品を新旧洋邦問わず、時にはゴシップや音楽もまじえ、感想・レビュー・口コミを書いてまいります。ここでは映画DJのDJAIKO62としてご紹介していきますよー♪


テーマ:

映画DJのDJAIKO62です。


2015/1/17に公開の映画

「ジャッジ裁かれる判事」を見てきました。




動機はやっぱりロバート・ダウニーJR!

今作では製作総指揮としても名を連ねているんですが、

めっちゃシリアスな役どころ。

都会でやり手弁護士としてぶいぶい言わしているところは

なんともアイアンマンをちょっと思い出したりしちゃいますが

体も作りすぎず、どこか田舎出身の自分を切りはなしたい!

そんな風にもがいているいち中年として見事はまったなぁと。

んー、でもセクシーです。えぇ男や。


ストーリー

上でもちょっと書きましたが、

ロバート・ダウニーJRが演じる主人公ハンクは

金があればだれでも無罪にしてやるぜ!というやり手の有名弁護士。

シカゴを舞台に活躍をしているんだけど、

ある日身内の訃報が入り地元へ帰ることに。

そこには永遠の宿敵、絶縁状態の父が。

地元インディアナののどかな町カーリンヴィルで

42年もの間人々を諭し導き尊敬されてきた名判事でもあるお父さん。

そんなお父さんがある殺人容疑にかけられてしまい、

二転三転あるんですが主人公が弁護をすることになるんです。


あまりにも不利な証拠や証言の多さに、

まさか正義をさばいてきた父が・・・と息子ですら揺らぎます。

大嫌いで、自分には一つも良くしてくれなかった存在、

でも、弁護人となった今、父を、クライアントを助けなくては・・・

と真実を探っていく、その結果知ることになる事実とは・・・

そんな話です。


DJAIKO62のちょっと思ったこと。

最初は「法廷もの、サスペンスものだねー!

しかも大好きなロバート・ダウニーJRが出るよー!」と

見始めたんですが、ただの謎解きモノとは違いました。

親子、という非常に強い血縁があるからこそ

すごくすごく遠くなってしまった心や存在。

根底に切っても切れないものがあるから

逃げるように後回しにしてきたわだかまりや会話。

反発をしながらも、「よくがんばったな、誇りに思うよ。」と

一番認めてほしいのは他でもないお父さんだったんだなぁと。


ロバート・デュバル演じるお父さんが、

どうして主人公を目の敵にするように冷たく当たったのか、

これ以上書くとネタバレになるので控えますが、

すがるような思いで吐露していく様子は

涙なしでは見られませんでした。

心のひだをえぐってきますよ。


お一人様でもおすすめです。


2015年1月17日(土)新宿ピカデリー他ロードショー

ワーナー・ブラザース映画

©2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BVI)LIMITED,WARNERBROS.ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC


日本公式サイトは→【こちらから


DJAIKO62

Twitterぜひフォローしてくださいませ→https://twitter.com/eibunkyoyaku
☆映画コラム、舞台挨拶やトークイベントのMCなどおまかせください。
出演・執筆など柔軟かつ即対応いたします。

※管理人より→ご一読ください。転載引用などに関して。



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

DJAIKO62さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。