オチケンの掟!!

ラジオDJ 落合健太郎のオフィシャルブログ



KENTARO OCHIAI







RADIO DJ@FM802 OSAKA & ZIP-FM NAGOYA







"21:00-23:45"
【ROCK KIDS 802-OCHIKEN Goes ON!!】




"15:00-19:00"
《SATURDAY GO AROUND》


with YUKA HANAUE


YOU BETTER CHECK IT OUT!!




テーマ:
「方向音痴」
と認識したのはいつの頃からだろう?

子供の頃からあまり道を覚えるのは
得意ではなかったと思う。

決定的に自覚したのは
小5の林間学校の時だ。

この時、何故か僕はグループの
リーダーに指名され、色々と仕切らなくては
いけなかった。

食事の時間とか風呂の時間とか。。。

まぁそれは滞りなく出来たが、
林間学校名物、オリエンテーリングの時に
事件は起きた。

与えられた地図を頼りに
道中幾つかあるポイントをクリアし
ゴールを目指す。

グループリーダーである僕は
地図を手にみんなをガイドしていくのだが、
みんなで力を合わせ、クイズポイントなどを
クリアして行き、無事にゴールに着いた。

一見何事もなく終わったかに思えたが、
その日の夜、夕食の後、グループ表彰式があった。

クイズを1番多く回答できたグループ、
チームワークが良かったグループなどなど。

僕らのグループは
「一番早く着いたグループ賞」を受賞した。
先生達もその速さに驚き、君たち走ってたんか?
と笑った。

何かしら賞をもらえた事をみんな喜び、
リーダーである僕は褒められた。

だが、1人の女の子が
「落合くん、道間違えたでしょう」と
耳打ちして来た。

なんの事か分からなかったが、
今でも強烈に印象に残っているから
その時の自分はきっと道に迷ったのだろう。

その事をみんなに知られないよう、
必死に平静を装い、ラッキーにも
ゴールに辿り着いた。


その時からだろう、
自分は方向音痴であると認識したのは。

友達の家に行くのも迷う。
仕事に行くのも迷う。
デパートは入った所が分からなくなり、
いつも出口が違う。

だが、たまにすごい近道を発見する。

方向音痴の特徴として
誰かが道に迷っても寛容である。


だが、この前タクシーで起きた時は
さすがに笑えなかった…。

行き先を告げ発車するとやたら
「それでは〇〇通りから向かいますか?
それとも〇〇の方がいいですかね?」
と聞いてくる。

僕も「んー、近い方はどっちですか?」と返すと

「どっちでしょーねー」と来たので、

「いやー、僕、方向音痴なんでよく分からないんですよー」と言うと

「僕もなんです!」と自信満々に返ってきた!

「いやー、こんな仕事をしながら方向音痴ってどうなんだって感じなんですけどね」

話し方があまりにアッケラカンとしてて
思わず車内で笑ってしまった。

そこから方向音痴話しで盛り上がる。

「いやー、三重に行ってくれって言われて岐阜方面に走ってた時は焦りましたねー」

マジっすかー!なんて話しながら
信号で止まるたびに使い古された
地図を確認する。

さすがに僕も不安になり
グーグル先生を起動!

次、右ですね!
というやりとりで無事に着いた。

タクシーを降りた後、
去っていくタクシーを見ながら

なんでカーナビを使わないんだろう…
と思った初秋の頃だった。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
本と音楽とは面白いものだ。

いま読んでいる本、「羊と鋼の森」
本屋大賞を受賞した作品で、いま本屋さんに行けばズラリと並んでいる。

{A1A9F925-723E-49E5-974A-0EDEC6334A54}



「史上初!堂々の三冠受賞」
と派手に宣伝されている帯とは対象に
少し控えめなな油絵の表紙と気が合った。


ピアノの調律師の話で
淡々と進む物語は美しいメロディのような
言葉で紡がれている。


本を読むのは寝る前が多いのだが、

今日はカフェで空き時間に読んでいた。
ストーリーに没頭して行くと周りの音や
時間が自分とは違う次元で流れて行くような
感覚が好きだ。


ピアノの調律師の話なので、
ピアノの音を想像しながら読む。

ふと耳に店内のBGMが流れてきた。
ジャズである。


少しアグレッシブなフュージョンジャズ。

自然と読むテンポも上がる。
グイグイと双方が僕を引きずり込んでいく


おかしな感覚。
本も音楽も僕の中に入ってくるものなのに
引きずり込まれる

このピアノはなんだ?
誰が弾いてんるだ?


繊細かつ情熱的な。
指の細いロングヘアの女性ピアニスト
の姿が浮かぶ。

クールビューティという言葉が
ピッタリ当てはまる。
 

気になる。

音楽検索アプリ、Shazamを使っても
出てこない。


たまらなくなって店員さんに聞いた。


流れているのは
Avishai Cohenのアルバム
Continuoと教えてくれた。


早速ググる。
2006年にリリースされたジャズの名盤
とある。
{B2FD5676-7AC8-49DA-954C-92E7F41C2119}


なるほど!
これはいい!

ただ、Avishaiはピアニストではなく、
ベーシストだった!
{8F5C38B5-6F5C-4EED-9756-6A12AA902B89}

渋いっ!
カッケー!


そして、このアルバムでピアノを弾いているのは





{4F899125-E868-4788-90A9-732CBD30A0F9}

おいっ!ビックリ!

Sam Barsh

見事予想と違った…
歌声の無い音楽の醍醐味である。

想像するというのは
楽しいものだ。

ラジオもまた然り。

しかし、有意義な時間だった。

本も音楽もどちらもオススメですぞ。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
だるく鉛のように重い体が、
ヒリヒリと痛む皮膚が昨日過ごした
あの時間を思い出させてくれる。



京都大作戦
〜吸収年!栄養満点!音のお野菜!〜

毎年京都の宇治で開催されるこの音楽イベントは地元出身バンドである10-FEETが
主催となり、ゆかりのあるバンド達が集まる。



今年も2日間に渡って熱いステージが繰り広げられた。

僕は初日、7月2日土曜日の方に参戦。


京阪宇治駅を降りるとすでに太陽は
強火で容赦なく照りつけ、
梅雨時の独特な水分をたっぷりと含んだ
空気が体にまとわりつく。



バスに揺られること20分
ロックキッズ達の聖地である
山城運動公園 太陽が丘に到着。


{EDC3F4AF-CD7C-4D96-B588-6057A727A756}

{A457FE81-D666-4F84-B506-73ED91FDD3A2}
とりあえず飛ぶよね。

{BAE0E624-37E9-484D-976F-C724A1DA304A}

右からころも、ルーシー、オレ
👈の人は…??

「ひゅー!」「いえー!」など訳もなく昂ぶった気持ちをそのまま声にする者、
「10-FEETの新曲めちゃええで!」と
セットリストを予想する者、
暑さにやられたのかすでにグッタリしてる者など…

{F940CAB0-8E30-463A-98D7-C924BDF916EC}

{726D0A0C-85F0-4022-8CF0-A8A3FA437E47}


会場ではトップバッターである
神戸のバンド、Fear, and Loathing Las Vegasが源氏ノ舞台をガッツリ上げて京都大作戦はスタート。

京都大作戦は
「牛若ノ舞台」と丘を隔てて、メインステージの「源氏ノ舞台」と2つある。

どちらが良いというわけではないが、
オーディエンスが入れるキャパの差は
とてつもなく大きい。

SiMのボーカル、MAHが源氏ノ舞台に
立った時「5年かかったよ、あの丘を越えるのに」というMCはもはや伝説だが、
バンドにとって京都大作戦の源氏ノ舞台に立つということは大きな夢である。

その丘を1年で「ひょいと」越えてしまったのが、名古屋のバンド
04 Limited Sazabys。


{B70D7B94-3FEE-4A24-A233-BE50C1F272B5}


まさに勢いのあるバンドの音とは
こういうことだろう…と思わせるステージ。

ボーカルGENのハイトーンで少し甘い声は
唯一無二。
その声は人混みの中でもすぐに
見つけられる人のように、
どんな音が混ざろうとも耳に飛び込んでくる。

そして、ギターのRYUTAがオイ!コールで
オーディエンスを煽りまくる。
Swim,Terminal,monolith というヒットナンバーが会場にサークルを作る。


{C038382B-D283-4600-AB3A-56A0DBD752BA}
暑いぜ…。


------------------------------------------------------------
そして、牛若ノ舞台では
キュウソネコカミが京都大作戦初登場。
他のバンドと一線を画す彼等のステージは
一見、おもしろコミックバンド的に思われがちだが、そうではない。
ボーカル、ヤマサキセイヤの芸人顔負けの抱腹絶倒MCとパフォーマンスに目が行きがちだが、
絶対的に盛り上がるメロディと歌詞。
そして、圧倒的な演奏力!
土台がしっかりしてるからこそ、より遊べる。
この日、入場規制の列が一番長く出来たのは
キュウソだった。

{A054F867-F8C3-4D92-B90B-F8AE39C4A5FC}


響く都と書いて「京都」
10-FEETと同じ京都出身であり、
盟友でもあるバンド、ROTTENGRAFFTY。
京都大作戦において絶対欠かせないバンド。
圧倒的な破壊力でこの日もオーディエンス達のエンジンに火をつけた。
{53B94D2F-39B0-4332-ADBE-7D72725B37EC}





------------------------------------------------
「京都」の名が入ったイベントに
「東京」からやって来た白いスーツの
渋いギャングスタ!銃をブラスに持ち替えて
登場したのは
「東京スカパラダイスオーケストラ」

{4AAEF31C-9ABB-453C-9C7C-89EF906971B7}


ルパン三世のテーマでオーディエンスの
クラップを独占し、
10-FEETとROTTENGRAFFTY がステージに登場。
スペシャルコラボレーションを披露。
しかし、コレだけで終わらないのが
京都大作戦。

ライブキッズ達のレジェンドであり、10-FEETを始め、様々なバンドからリスペクトされる、
KEN YOKOYAMAが登場。

スカパラと揃えた
白いピンストライプスーツをルーズに着こなし、
東京スカパラダイスオーケストラとの新曲を
フェス初披露!そして、まさかの
「PUNK ROCK DREAM」をスカパラと!
このスペシャル感こそ京都大作戦!


{79C42CF1-CAE9-44F6-9065-9EDA770C7F07}

-------------------------------------------------------
容赦なく発射されてたガンマビームも
少し弱くなり始めた頃、
まだまだ熱く、でも優しい、そして強い音楽が牛若ノ舞台を染め上げていた。

日本語にこだわり、自らを
「ジャパニーズポップバンド代表」という
SUPER BEAVER 
2年前に京都大作戦に出た時は土砂降りの雨。人も少なかった。
それから地道に活動を重ね、アルバムを作り、丁寧に伝えていった結果、
今年、牛若ノ舞台のトリ。

僕もあなたも 一人なんだろう
産まれて死ぬまで 一人なんだろう
だから独りきりじゃ 成り立たないんだろう
解かりあって 分かち合って 抱きしめあって
命は初めて輝く
「証明」

一人、一人が意志を持って集まり、
同じ音楽と時間を共有している場所で
聞くこの曲が心に鳴り響いた。
そして、その場所から動けなかった。

MCでボーカル渋谷くんが
「10-FEETにバトンを繋ごう!」
と何度も繰り返し、

ついにあのBGMと共に登場。

{04670C47-4901-486F-858F-1FD67034E72F}

-----------------------------------------------------
10-FEET
ストレートな歌詞を乗せた3コードパンクロック。拳を上げ、歌い上げるオーディエンス。
「みんな生きてたからまた会えたな!」
と叫ぶようにMCをするTAKUMA
「生きてれば、悲しいことも辛いこともたくさんある。でも、その出来事がいま幸せと感じさせてくれる」
「昨日の悲しさが今日の楽しさを照らしてくれる」
新曲の「アンテナラスト」に耳を傾け、
そして、「River」で大合唱。
こんなに大きな声で一緒に歌えるフェスって
素晴らしい。

{5BB72F4F-E4A1-493D-BF69-193338BF3D4E}


こうして京都大作戦の初日は幕を閉じた。
いつまでも酔っていたい、心地よいお酒を飲んでいるようなそんな感覚。
「10-FEET、ありがとう!」
この言葉をオーディエンスから、そして、
バンドから何度も聞いた。
「ありがとう」という言葉は
言うものではなく、口からこぼれるものだと
思った。

今日、2日目の大作戦もそんな
素晴らしいものになったことだろう。
10-FEET、そして、出演していたバンド、
京都大作戦を作っているスタッフの皆さん、
あの場所にいた全ての人にありがとう。

{D7512340-F410-4F51-8AD6-FC722F352AC5}

初日、終えて
バックヤードでは乾杯!

みんな良い顔してる!

{53F7D584-A8CC-44E5-9FDE-C3478E32D404}

来年は
10周年!
どんな大作戦になるのか?

今から来年が楽しみ!

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。