秋の連休出張➂

テーマ:

9月19日(月祝)宮城県南

 

午前中に仙台市内を経由して仙台空港で開催されているイベントを視察。

滞在時間5分。

 

その後、岩沼市にあるスーパーで昼食

こいつ反応にぶすぎ

 

欲しかったもの変えず、物産館をぶらりとして移動。

 

駐車場で発見!

中に浮く「かぼちゃ」

 

AD

秋の連休出張②

テーマ:

9月18日(日)2日目 岩手・宮城・福島・山形

弾丸スケジュール

 

まずは朝一で岩手県へ

1件目 滞在時間10分

北上して道の駅

滞在時間10分

0

合計20分の滞在を終えて岩手県終了。

 

途中宮城県内のSAで

給油とつまみ食い

 

次の目的地 福島県

あいにくの悪天候で会場変更あり、プログラム変更あり。

去年?できたばかりの仙台チーム

踊り・・・。がんばろうね・・・。

いつもお世話になっている

仙台の老舗チーム。

このチームを知らない業界人いたらエセだ。

 

彼らとであって2年が経つ。

出会った頃と比べると、くらべものにならないくらいステップアップしている。

お客さんを楽しませてくれるユニットパフォーマー

 

そして、いざ、山形県へ!!

 

途中で、訪問時間に間に合わないことになり、東北道途中で断念。

 

AD

秋の連休出張①

テーマ:

今年も9月のシルバーウィーク出張を実施しました。

 

初日、9月17日(土)宮城県北へ!

 

何十年ぶりに体験。

おっきい砂金見つけたのに、保存シートへ移そうとしたら、落としてしまい紛失。

20分の制限の結果、ゼロ。

昔から伝われてきた活性対策あるんだろうけど、何か工夫することができるはず・・・。

昔から、部落そのもので、いろんな行事や商店活性対策してきたんだろうが、国道から現地までの距離と色々な点をゼロベースで考えなおさないと、これからの部落維持は難しくなる一方なんだろうな・・・。

 

AD

不良団体措置について

テーマ:

私共は、いつもイベント開催について、必ずルールを定め、それに同意いただく団体様と共に年間通じて取り組みをしています。

 

1、趣旨に賛同できること

 

2、社会通念上の「礼儀」を尊守できること

 

これだけです。

 

これを守れない団体様とは一切お付き合いしません。

破られたら、無条件で「出入禁止」にしています。

 

イベントは、「主催があるからチームがある」ではなく、

「チームがいるから主催がある」

「チームと主催は、いつでも横一線のパートナー」と思っております。

でも、チームと主催があっても、お客様がいらっしゃらなければ、何の意味もありません。

 

「チーム:主催:借用先施設様:ご来場お客様(観覧者様)」がいつでも四角形で結ばれるから楽しいイベントになります。

それには、「イベント品質管理」が求められます。

 

どこか1点でも崩れてしまえば、イベント品質管理は保つことができません。

いわゆる「自己満足」で終わります。

 

我々は、そんなことをしてまで、イベント企画開催をしたいとは思っておりません。

 

先日、仙台空港にて開催した各種団体様の中で、1団体がルールを破られました。

結論「出入禁止」です。

 

①仙台空港会場は、ステージフロアに男女別更衣テントを設置しております。

館内別フロアに控室を設けております。

この案内は、事前に各団体様へ書面にて通知しておりました。

主催が「ダメだからね!」と言ったら、どんな理由があろうが「ダメ」です。

※ただし、主催が一般常識から逸脱してる場合は除きます。

 

今回、完全民営化になったことから誘導・警備を強化として、

ホストチーム(主催に成り代わるお世話役)を導入しました。

ホストチームスタッフが「ダメ。こうしてください。」と案内したものは、主催管理者が発言したことと同じです。

それを無視や態度悪く接したら、主催管理者にケンカを売った(趣旨無視、礼儀違反)したと同じです。

控室は、目隠しできませんし、当日参加される団体様の共同部屋です。

それなのに、衣装の上に波織物の着替え行為と香水化粧行為をされました。

脱着は、「着替え」に分類されます。

化粧するのであれば、空港に化粧室があるので、そちらを使うのは常識です。

対象団体担当の言い分は「控室は自分たちの専用部屋であり、いままでその経験しかありませんから。」と開き直られた。

大会でも大型イベントでもあるまいし、こんな小さなチャリティー企画で、そんなのは通用するわけないでしょ。

挙句の果てに、「私たちは、初めて参加なんだから、案内が不十分なんじゃないですか」だって。

何様のつもりよ!

いままで、うちのイベントに参加した団体の中で、一番始末悪い。

さらに、ホストチームスタッフが注意しましたよね?はいはい。分かってます。と態度悪く接されましたよね?と言うと「別に着替えしたわけじゃない。羽織っただけなんだから、関係ないでしょ」だって。

こんな団体は、さっさと解散して消滅してくれ。

主催に口答えするなんて、100年早い!生意気だ!

こんなのが存在されると地域衰退化するだけ。

悪いけど、あなたたちは、イベント出演する資格ない。

 

②各団体様には、規模に問わずサポーター(連絡員、記録員)がいる。

いわゆる出演する子供の親御さんや友達などで形成されている。

ステージ披露中の写真や動画を撮影するには、ご来場されているお客様にご迷惑をかけないように【脚立】や【三脚】など自己準備するのが常識。

それなのに、主催へ堂々と「撮影するのでイス貸してください」だって。

何考えているんだろう。

いままで、披露してきた主催は、注意もしなかったんだろうか。

理解できない。理解したくもない。

 

こんな常識ずれすぎている団体を存在させている世の中どうなっているんだ?

ありえない。

 

団体名、担当者名公表していいなら、公表したいくらいだ。

 

もう一度

【出入禁止】です!!

 

 

 

臨時開催!エアポートよさこいin仙台空港vol.3

テーマ:

9月11日(日)に毎年2月に仙台空港にて東日本大震災復興応援チャリティーイベント「エアポートよさこいin仙台空港vol.3」を開催いたしました。

 

今回は、東日本大震災から5年6か月の命日ともあり、途中14時46分にプログラムを中断し黙祷を捧げました。

 

当日、皆様からお預かりました善意は、福島県福島市に拠点をもつ「特定非営利活動法人ビーンズふくしま」様が運営する「うつしまふくしま子ども未来応援プロジェクト」へ9月12日(月)\16350円をご寄附させていただきました。

 

また、当日は、七ヶ浜町に拠点をもつ「よさこいチーム月詠」さまにホストチームとして、演舞出演もありながら、会場警備、出演者誘導などご尽力を頂きました。

 

さらに、群馬県みどり市より千紫万紅の代表遠藤様に、ご来県、ご来場いただきまして、ご挨拶、応援を頂きました。

 

出店、出演団体様におかれましては、新規団体様、連続御参加団体様に御参加いただきまして、無事に開催することができました。

 

少人数運営とプログラム変更により、ご来場いただきましたお客様には、グダグラ進行になり、大変ご迷惑をおかけしました。

 

過去開催の中で、一番品質が悪いイベント開催してしまったことにお詫び申し上げます。

 

次回開催以降につきましては、改善を徹底いたしますので、引き続き、応援いただきますようお願い申し上げます。

 

また、当日、オフィシャル撮影を行うことができませんでした。

 

現在、Facebookイベントページに当日、撮影されました方の投稿をいただいている状況ですので、ご覧いただければ幸いです。

https://www.facebook.com/events/901676526628440/926784340784325/?notif_t=like&notif_id=1473655275674349

なお、無断使用、転用行為は一切禁じます。

当日、ご出演いただきましたフラダンス団体様の写真撮影は許可しておりますが、動画撮影ならびにインターネット上への投稿行為を一切禁じております。

必ずお守りください。

ルール違反を見つけた場合は、法的手段を取らさせていただきます。

 

交換車両 御祓い

テーマ:

本日、8月27日(土)に交換しました車両の交通安全お祓いのため、宮城県塩竈市にある奥州一之宮塩釜神社を訪問し、ご祈祷していただきました。

 

①車両御祓い所へ駐車

 

②塩釜神社境内内にある受付にて手続きをして隣接する待合室にて

祭主待ち

 

➂祭主に呼ばれ、塩釜神社別宮へ移動し拝殿にてご祈祷

 

④ご祈祷後、お札と証明書を頂き、社務所へ移動

 

⑤社務所にて証明書を渡すと、係りより「ドアをすべて開けて車両御祓い所でお待ち下さい。」と案内を受け、車に戻り、ドアをすべてあけて待機。

 

⑥御祓い担当者(権禰宜?)が来て、御祓いをしてもらい終了。

 

臨時開催!エアポートよさこいin仙台空港について

テーマ:

来る9月11日(日)に仙台空港にて、毎年2月開催のエアポートよさこいin仙台空港を臨時開催いたしますが、現在、出演団体様を随時募集しております。

 

急遽8月27(土)締切⇒9月4日(日)まで延長しております。

2次募集です。

 

とくに、よさこい踊り団体様が非常に少ないので、ぜひともエントリーよろしくお願いいたします。

 

そんな中、本日まで申込いただいております各団体様を発表いたします。

 

準備でき次第、本日中に公開いたしますので、お楽しみお待ちください。

今シーズン1回目の東京出張!

テーマ:

8月28日は、東京都内で開催のよさこいイベント視察出張日でした。

 

朝6時30分の最寄り在来線で仙台へ移動

 

仙台で東北新幹線へ乗り換え

 

7時すぎに出る便に乗車!

途中、福島駅で、山形新幹線と連結作業。

 

いざ、上野へ。

 

上野で在来線に何回か乗り換え

 

一件目は、震災後からお世話になっている東京と神奈川に拠点をもつチームさんがエントリーしているイベントへ訪問。

 

上野駅から約1時間かかります。

とおい・・・。

 

会場に入る前、駅にある立ち食いそばで昼食。

学生時代、仙台駅の立ち食いそばが間食だったことを思い出し、懐かしく美味しくいただきました!

 

大國魂神社

木漏れ日の中、参道あるいてみると、心清められ癒されました。

チームさんとお会いして、演舞観覧しつつ、ご挨拶ができ、楽しかったです。

来年、この場所で再会【祭會】できることを楽しみにしています!

さて、在来線で、また1時間ほどかけて移動・・。

 

次に訪問するのは原宿なんですが、手前の駅でなぜか降りて、

ぶらり散歩することに・・・。

文化祭??がおこなれていました。

 

無駄な散歩を終え、目的地:表参道元気祭「スーパーよさこい」会場到着!

場所は名称の通り、表参道ヒルズがあるところ。

チーム泣かせの400Mパレ―ド会場

 

明治神宮近隣ではNHKホールや文化館などでパレードや固定会場があります。

また、このイベントは、本場高知のよさこいチームのグッズ販売ブースなどが開設されるので、年に1度の販売会は注目ポイントです!

 

ここでも、震災後にお世話になっている関東圏のチームさんと会い、演舞観覧と挨拶周りをしてきました。

 

昨年は、雨の中でしたが、今年は、霧雨があったものの天気に恵まれた東京出張でした。

 

滞在時間の関係上、お会いする予定だった方にお会いすることができませんでしたが、また日を改めてお会いできれば。と思っております。

すいません。。。

 

そんな中、帰りのお時間がやってきて、在来線で上野駅まで移動。

今回は、ほとんど、電車に揺られている時間が長かったように感じました。

 

今回は、はじめて、同日2か所訪問になり充実した日程を終えることができました。

お会いしていただいたみなさん。

お世話になりました。

今後とも、よろしくお願いいたします。

 

帰りも福島駅に停車。

山形新幹線を切り離し

 

帰ってきたのは、夜10時30分ごろ

 

また東京いきます!

表参道元気祭スーパーよさこい

テーマ:

続いては、

8月28日に開催された原宿にある表参道元気祭スーパーよさこいを訪問。

昨年も訪問しておりますが、全体の参加チームから1/3は高知のチームがエントリーしています。

本場の高知よさこいに中々いけない人は、ここで見ることができます!

 

会場内に高知チームの物販ブースもあるので、実際にチームの売り子さんと写真とったり、グッズショッピングもできます!

 

また関東圏のチームも参加しています。

 

踊り子・旗士が一番大変なのは、表参道ヒルズがあるパレード会場が約400Mあるので、ノンストップで演舞をしなくちゃいけない試練が待っています・・・。

 

 

よさこいin府中

テーマ:

8月28日(日)に今年初の東京出張でした。

今回は2件を1日で訪問するスケジュール!

 

まず、最初に訪問したのは、「よさこいin府中」

 

東京都府中市にある大國魂神社の参道にあるステージメイン会場と、参道鳥居正面と右手にある住宅通りパレード2会場、さらに商業ビルペデストリアンデッキの固定会場など10か所の演舞会場があるイベントを初めて訪問しました。

大國魂神社は、出雲大社の末社が祀られている神社で、会場の雰囲気は、昭和の古き良き時代の盆おどり大会をイメージする心やすらぐ空間。

そして、神社近くのパレード会場と固定会場は、ケヤキ並木からの木漏れ日を感じながら、出店ブースとパレード演舞がある商店街は、今のザ・夏祭り!空間。

新鮮ですんごく楽しかった!

 

上野~なんどか乗り換えして約1時間かかるので、遠いけど、来年、また絶対にいきたい!