メバル狂い ソルトマスターメバリング日記

メバル狂いの
ソルトマスター
北部九州でのメバリング日記です

ハンドメイドルアーやフライまで作ってます
何故、メバリングにプラグなのか?
その答えを綴っていきます


テーマ:

ここ福岡もすっかり朝は涼しくなった


海水も連日の豪雨により、かなりの濁りが入っているのだけど、これが落ち着いたら入磯して少しでもサイズの良いイカを仕留めようと今からウズウズしている




私は磯でのエギングが好きだ




なぜなら、堤防やテトラ帯に比べ難易度が高い






まず、沖に投げれば投げるほど水深があるとは限らない


時にシモリがあったり・・・


時に浮き瀬があったり・・・





微妙なコース取りをして、シャクって追わせるところ、フォールで抱かせるところ


メリハリをハッキリさせ、複雑な地形を頭に入れてどこで何をすべきか組み立てる








そして、イカがアグレッシブであること


まず、秋イカで磯にまで入る人って少ない


スレていないので非常にアグレッシブ


私の磯エギングは表層、中層の釣りでほとんどの場合完結してしまう


着底前に抱いてくれるのが磯のアオリイカの良いところ





こう書くと、良いことばかりと思われがちだが、着いてまわるのが「危険」





磯エギングは常にそれと隣り合わせだと言うことを認識して欲しい



何はともあれ、まず装備だ




ロッド、リール、


ワンランク下げてでも装備はシッカリしたい




7年使いこんだRBBのベストが解れまくってくたびれてきたので、ライフベストを購入





メバル狂い ソルトマスターメバリング日記-130902_225754.jpg





私は買い物ログは書かない主義なのだが、これは考えて欲しいのであえて記事にします



如何に安全に釣りを楽しむか?





足元に気をつける方も増えてきた


だけど、まだまだライフベストを着用している人を見かけることは少ないね


堤防ならば、人のごった返す福岡の秋のエギングシーズンならば誰かに気づいてもらえる


※ 他人に迷惑をかけるということは別として





だが、磯・・・特に夜の闇磯では自分自身で身を守るしかない




動きやすく、登りやすく、歩きやすい






メバル狂い ソルトマスターメバリング日記-130902_225846.jpg   




群れに当たれば次から次に釣れる秋イカ


〆具は取り出しやすい場所に配置


よじ登る箇所もある磯なので落下防止にスパイラルコードで結束







メバル狂い ソルトマスターメバリング日記-130902_230948.jpg


ウエストバックは意外と行動しにくい


エギも取り出しにくい


胸ポケットに直接エギが挿せるのはありがたい


ついでにファスナーが全開にねれば交換しやすかったかも






メバル狂い ソルトマスターメバリング日記-130902_231037.jpg


快適に取り出すには、片方5~6本が限界な感じ







メバル狂い ソルトマスターメバリング日記-130902_231110.jpg




SALTYのタオル掛けはリンタコ君からの頂き物


あざーす




で、歯ブラシは、エギに着いたイカ墨を落とす為に常備


うっすら見えているのはリーダー類






メバル狂い ソルトマスターメバリング日記-130902_231310.jpg




あとは動きやすさを優先してストックエギを詰め込むだけ


背中がリュックタイプなので、釣れたイカを入れる為のジップロック等も詰め込んでます







収納力も多いのでエギやルアーも欲張って持って行きたいのだけど、本当は減らして良いのは釣具だけなんですよね








あなたの「ベスト」はベストな状態ですか?


私のベストは、まだまだでしょう


良いアイデア等あれば教えてくださいね







↓ポチっと宜しくお願いします


にほんブログ村



AD
いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(0)

ソルトマスターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。